HOME

4日間にわたるオンラインイベント「CYBERNET Solution Live 2020 〜Ansysの活用と実践を極める〜」開催のお知らせ

2020年8月28日

基調講演『2025年の崖に落ちないために』や、エンジニアリング教育に関するライブ討論、豊富なユーザ様活用事例を通じ、ニューノーマルにおけるCAE活用の指針を提案します。

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:安江 令子、以下「サイバネット」)は、ビジネスを牽引するマネージャーの皆様、現場の課題に取り組む設計者/解析者の皆様のためのオンラインイベント「CYBERNET Solution Live 2020」を、2020年9月15日〜18日の4日間にわたって開催することをお知らせします。

※「CYBERNET Solution Live」は、Ansys®(アンシス)製品ユーザ様、導入を検討されている方へ、最新の技術情報や活用事例を提供することを目的に毎年開催していた「ANSYSものづくりフォーラム」の後継イベントです。

コロナ禍で幕を開けた2020年、ニューノーマルへの移行が世界的なテーマとなった今、日本の製造業もトランスフォーメーションの時を迎えています。

本イベントのテーマは“Ansysの活用と実践を極める”としました。変革を推進する皆様へ本当にお役立ていただける技術情報、実際にAnsysを活用してめざましい成果を上げているユーザ企業様事例など、“生の”情報をご提供します。

なお、本イベントは世情を鑑みた新しいビジネスイベントとしてオンラインで開催します。これまで参加がかなわなかった地域の皆様を含め、幅広い業種の皆様に、ニューノーマルにおけるCAE活用の指針を示すことができれば幸いです。

開催概要

日時 2020年9月15日(火)〜9月18日(金)
対象者 ・Ansysを中心とした各種CAE製品をご導入いただいているお客様
・各種、CAE製品の導入をご検討中のお客様
参加費 無料(Webサイトにて事前登録制)
主催 サイバネットシステム株式会社
詳細・申込 https://www.event-entry.net/cybernet-solutionlive/

主な見どころ

【基調講演】
『2025年の崖に落ちないために 〜DXにおける経営課題と設計・開発のあり方〜』

株式会社アプライド・マーケティング
代表取締役 大越 章司 様

経済産業省のレポートで取り上げられた「2025年の崖」が話題になっています。多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいますが、情報が錯綜する中で具体像が掴めず、有効な策を打ち出せずにいる企業も多いのが現状です。

DXの本質とは何か、どのようにしてDXを推進していくべきか? そして、設計開発部門におけるDXとはどのようなものか? 本講演では、先行事例をご紹介しながらDXとは何かを考え、DXへの取り組みの一助としていただきます。

<大越 章司 様 プロフィール>
外資系/国産、ハードウェア/ソフトウェアと、幅広い業種/技術分野で営業/マーケティングを経験後、外資系ITベンダや組み込みソフトメーカーでプロダクトマーケティングの要職を歴任。IT技術同士の相関やトレンド/最新動向に精通。

【パネルディスカッション】『学びを止めるな!エンジニアリング教育ニューノーマル』

新型コロナウィルス感染症の拡大は、企業におけるエンジニアリング教育に大きな影響を及ぼしており、 教育の形もオフラインからオンラインへと変革の時を迎えています。

本パネルディスカッションでは、サイバネットが運営する総合CAE教育システム「CAEユニバーシティ」※1講師であり、長きに渡り教育に携わってきた教育のプロフェッショナル4名がパネリストとして参加し、ニューノーマルに向けたエンジニアリング教育の在り方についてライブ配信で討論します。

<パネリスト> ※敬称略
岐阜大学 工学部機械工学科 永井 学志 准教授
佐賀大学 大学院工学系研究科機械システム工学専攻 只野 裕一 准教授
日本工業大学 基幹工学部機械工学科 瀧澤 英男 准教授
横浜国立大学 大学院環境情報研究院 人工環境と情報部門 松井 和己 准教授

【Ansysユーザ様事例】製品開発現場における、構造・流体・エレクトロニクス分野の活用事例

多様な業種でAnsysを活用されているユーザ様より、構造・流体・エレクトロニクスの各種解析事例をご紹介いただきます。

<発表予定のユーザ様事例>※社名敬称略
『国際共同研究プロジェクトで推進する先進的核融合プラズマ実験装置CFQSの工学設計』
自然科学研究機構 核融合科学研究所
『カーボン素材を活用した超高能率スピーカの開発』 株式会社JVCケンウッド
『一般化非ニュートンモデルを用いたブロー成形シミュレーション』 東洋紡株式会社
『調整中』 日機装株式会社
『CAEユニバーシティを活用した明電舎におけるCAE教育』株式会社明電舎
『構造-振動-音響連成解析によるモータの振動・音の予測』 株式会社安川電機

「CYBERNET Solution Live 2020」の詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
https://www.event-entry.net/cybernet-solutionlive/

注釈
※1:CAEユニバーシティ:「ものづくりのための、ひとづくり」 をキーワードに、シミュレーションを有効活用できる真のCAEエンジニアの育成を目標とした 総合CAE教育システム。個人の基礎力向上から企業の設計部隊などの組織向けオンサイト教育、管理職を対象としたCAEマネージメント教育まで、幅広いニーズに対応した座学/実験の講座を提供している。 https://www.cybernet.co.jp/cae-univ/

Ansys について

ロケットの打ち上げをご覧になったり、飛行機で空を旅したり、車を運転したり、橋を渡ったり、PCを使ったり、モバイルデバイスの画面にタッチしたり、あるいはウェアラブルデバイスを身に付けたりされたご経験はおありでしょうか。それらの製品は、Ansysのソフトウェアを使って生み出されたものかもしれません。Ansysは、工学シミュレーションの世界的リーディングカンパニーとして、今までにない優れた製品の誕生に貢献しています。最高水準の機能と幅広さを備えた工学シミュレーションソフトウェアの提供を通じ、Ansysは、最も複雑な設計上の課題であっても解決を支援し、製品設計の可能性を想像力の限界まで押し広げています。1970年に設立されたAnsysは、本社を米国のペンシルベニア州ピッツバーグ南部に置いています。
詳細は、 www.ansys.comをご覧ください。

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、CAE のリーディングカンパニーとして、30 年以上にわたり製造業の研究開発・設計関係部門、大学・政府の研究機関等へ、ソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティングを提供しています。またICT 分野では、最新のセキュリティソリューションのみならず、企業のセキュリティ向上に欠かせないIT 資産管理ツールやIT 運用管理ツールを提供しています。近年では、IoTやデジタルツイン、ビッグデータ分析、AI 領域で、当社の得意とするCAE やAR/VR 技術と組み合わせたソリューションを提案しています。
ブランドメッセージは「つくる情熱を、支える情熱」。日々、多様化・複雑化する技術課題に向き合うお客様に、「まずはサイバネットに聞いてみよう」と思っていただける企業を目指しています。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
https://www.cybernet.co.jp/

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

CAE第1事業部/氣仙
E-MAIL:anssales@cybernet.co.jp

報道の方は

コーポレートマーケティング部/新留
E-MAIL:prdreq@cybernet.co.jp

投資家の方は

IR室/目黒
E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標および登録商標です。