HOME

イノベーション支援ソリューション
「IHS Goldfire 11.0」国内出荷開始のお知らせ

2019年7月9日

メタ情報の自動抽出で、より深く、幅広い技術・特許情報の検索が可能に!

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:安江 令子、以下「サイバネット」)は、英国IHS Markit Ltd.(本社:ロンドン、以下「IHS Markit社」)が開発・販売する、イノベーション支援ソリューション「IHS Goldfire(アイエイチエス・ゴールドファイヤー、以下「Goldfire」)の最新バージョン11.0の国内出荷を2019年7月9日より開始することをお知らせいたします。

Goldfireとは:「リサーチ」「問題解決」「ナレッジシェア」の3つの切り口から、イノベーション創出を支援するソリューションです。

  1. 「リサーチ(知識検索)」
    独自の「セマンティック技術※1」で社内外の文書や世界の技術情報・特許情報から関連性の高いものを素早くピックアップ。欲しい情報・新しい知識を効率よく入手してイノベーションの「種」の探索をサポート。
  2. 「問題解決」
    豊富な分析ツールによる効果的な問題の絞り込みと、問題解決に向けたコンセプト作りを支援。
  3. 「ナレッジシェア」
    結果だけでなく検討過程などの様々な文書を再利用可能な形で蓄積。知識や技術の他、成功や失敗例を共有。

今回のバージョンアップでは、主にリサーチ機能の強化・改良が行われたほか、ロシア語のセマンティック検索に対応しました。

主な機能強化ポイント

文書からメタデータを自動抽出し、より深く、より幅広い情報の検索が可能に

PDFやHTML、TXT、Microsoft Word等の文書から、高品質テキストデータマイニングにより、著者や日付、図書番号からタイトル、文書ソースなどのメタ情報を自動抽出できるようになりました。これにより、手作業による文書へのメタ情報付けにかかる時間を削減し、膨大な知識ベースから、より深く、より幅広い情報の検索が可能となりました。なお、最新バージョン11.0では英語文書のみ対応しておりますが、次バージョンでは日本語にも対応する予定です。


文書本体からメタ情報を自動抽出

情報の可視化により「気づき」を促し、リサーチを効率化

Goldfireで検索した結果を40以上の切り口で分類し、通常の検索エンジンでは埋もれがちな知識や思いもよらない情報で「気づき」の機会をあたえてくれるレンズ機能に、「カテゴリの可視化」機能が追加されました。これにより、入力したクエリ(検索文)に対して、どの分類に情報が多いのか一目でわかるようになります。

セマンティック技術の強化により、ロシア語文献のリサーチをサポート

日英独仏中の5ヶ国語に対応したセマンティック検索に、新たにロシア語が加わりました。日本語でロシア語の文献をリサーチすることが可能です。


日本語でロシア語の文献をリサーチすることが可能に

その他の追加・改善

  • プラットフォーム強化
    • TLS1.2サポート
    • ウェブクライアントのMicrosoft Edge対応
  • 管理ツール(Goldfire Administrator)改善
    • Java不使用スタンドアロン版
    • 機能限定ウェブ版

※保守ユーザー様への出荷は、準備ができ次第発送させていただきます。
Goldfire の詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
https://www.cybernet.co.jp/goldfire/

注釈
※1:セマンティック技術:開発元のIHS社が開発した文書解析技術です。文を構成する「主語」「述語」「目的語」や、文節間の「係り受け」を分析し、これらの関連性を考慮した検索や分析を行います。

IHS Markit社について

IHS Markit(ナスダック: INFO)は、世界経済を牽引する主要産業及び市場に関する重要な情報、分析そして戦略ソリューションなどお客様の解決策を提供する世界屈指の調査会社です。お客様が直面する事業リスク及び投資機会に対する迅速で業務効率の高い意思決定をもたらします。IHS Markitのお客様はフォーチュン・グローバル500および世界有数の大手金融機関の80%、政府機関を含む50,000社以上。本社を英国ロンドンに置き、お客様の持続可能かつ高収益な成長に貢献します。 IHS Markit社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
https://ihsmarkit.com/

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるITソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
https://www.cybernet.co.jp/


※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

ITソリューション事業本部
事業企画部/谷本
TEL:03-5297-3269 E-MAIL:itdsales@cybernet.co.jp

報道の方は

コーポレートマーケティング部/新留
TEL:03-5297-3094 E-MAIL:prdreq@cybernet.co.jp

投資家の方は

経営企画・IR部/目黒
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標および登録商標です。