HOME

インドDHIO RESEARCH & ENGINEERINGと
販売代理店契約を締結

2021年11月16日

サイバネットが開発したマルチスケール解析※1ツール
「Multiscale.Sim®」がグローバル販路を南アジアに拡大します。

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:安江 令子、以下「サイバネット」)と、DHIO RESEARCH & ENGINEERING PVT LTD.(ディオ・リサーチ・アンド・エンジニアリング、本社:インド ベンガルール、Director and CEO:Santhosh N L、以下「DHIO社」)は販売代理店契約を締結し、インド、バングラデシュ、スリランカにおいて、サイバネットが開発、販売、サポートするマルチスケール解析ツール「Multiscale.Sim」の販売を開始したことをお知らせいたします。

DHIO社は、CAEソフトウェアの販売、サポート、およびトレーニングにおいて10年以上の経験を有しています。これまで、自動車、航空、電力、化学、鉄道業界をはじめとする多くの企業の製品開発、材料設計、分析、および最適化などの分野において、複雑なエンジニアリングシミュレーションのニーズにこたえてきた実績があります。

サイバネットは、2007年のMultiscale.Sim商用リリース以来、東アジア、ヨーロッパ、北米のチャネルパートナーと提携し、世界に販路を広げてきました。このたびのDHIO社との代理店契約により、インドを始めとする南アジア地区の企業への販売が可能となりました。今後はMultiscale.Simの機能をさらに高め、世界の製品づくりに材料シミュレーションの面からより一層貢献することを目指してまいります。

DHIO社 Director and CEO Santhosh N L氏のコメント

インド、スリランカ、バングラデシュにおけるMultiscale.Simのパートナーとなることを大変嬉しく思います。Multiscale.Simは、繰り返しの物理試験や仮想シミュレーション、最適化に費やされるお客様の貴重な時間を節約し、材料研究を加速させます。私たちはこのコラボレーションに大いに期待しています。

マルチスケール解析ツール「Multiscale.Sim」の概要

Multiscale.Sim ロゴ

Multiscale.Simは、東北大学の寺田賢二郎教授指導のもと、株式会社くいんと、日本大学 平山 紀夫教授の協力を得て開発されたマルチフィジックス解析ツールAnsys®※2のアドインツールです。

繊維強化プラスチック、フィラー分散材やフォーム材などの様々な複合材料に対して、均質化法に基づいた数値材料試験を実施することで、材料設計の効率を飛躍的に高められます。

Multiscale.Simの解析フロー
Multiscale.Simの解析フロー

Multiscale.Simの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
https://www.cybernet.co.jp/ansys/product/lineup/multiscale/

注釈

※1: マルチスケール解析:スケールの異なる構造体双方の物性、もしくは挙動を連成させる解析を意味している。マルチスケール解析には様々なアプローチ手法があり、均質化法が代表的な手法として広く知られている。
※2: Ansys:構造・熱流体・電磁界・回路・システムなどのさまざまな物理現象やそれらを組み合わせた連成問題を目的に合わせて柔軟にシミュレーションすることができる、マルチフィジックス解析ソフトウェア。

DHIO RESEARCH & ENGINEERINGについて

DHIO RESEARCH & ENGINEERING PVT LTD.は、インドのシリコンバレーと呼ばれるベンガルールにある共同研究開発および製品販売会社です。DHIOは、原子レベルからマクロレベルのアプリケーションまで、シミュレーションを活用した材料、製品、プロセスの設計、検証、妥当性確認、製造面でお客様をサポートしています。DHIO RESEARCHは、自動車、航空、エネルギー、鉄道、学術機関の設計、エンジニアリング、R&Dチームと密接に連携して、最先端のシミュレーションソフトウェアを導入し、理論的、実践的、分析的、シミュレーション的アプローチを研究に適用することで、最適な結果を得て、費用、材料、時間を節約することを目指しています。
DHIO RESEARCH & ENGINEERING PVT LTD.に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
www.dhioresearch.com

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、CAEのリーディングカンパニーとして30年以上にわたり製造業の研究開発・設計関係部門、大学・政府の研究機関等へソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティングを提供しています。また、IT分野では、サイバー攻撃から情報資産を守るエンドポイントセキュリティやクラウドセキュリティなどのITセキュリティソリューションを提供しています。近年では、IoTやデジタルツイン、ビッグデータ分析、AI領域で、当社の得意とするCAEやAR/VR技術と組み合わせたソリューションを提案しています。
企業ビジョンは、「技術とアイデアで、社会にサステナビリティとサプライズを」。日々多様化・複雑化する技術課題に向き合うお客様の課題を、期待を超える技術とアイデアで解決し、更にその先の変革へと導くことを目標に取り組んでまいります。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
https://www.cybernet.co.jp/

※ CAE(Computer Aided Engineering):ものづくりの研究・開発工程において、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすことで、開発期間や資材コストを大幅に削減できるメリットがある。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

CAE事業本部 営業統括部/氣仙
E-MAIL:anssales@cybernet.co.jp

報道の方は

コーポレートマーケティング部/山本
E-MAIL:prdreq@cybernet.co.jp

投資家の方は

IR室/目黒
E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標および登録商標です。