HOME

「サイバネットCAE※1クラウド」販売開始のお知らせ

2018年9月12日

専門知識不要!高速リモートデスクトップと専用ポータルで、CAEソフトウェアのクラウド利用を簡単に実現します。

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、クラウド上でCAEソフトウェアによるシミュレーションを高速に実行するためのクラウドコンピューティング環境「サイバネットCAEクラウド」の販売を2018年9月下旬より開始することをお知らせします。

CAEソフトウェアは、あらゆる製造業の設計・開発現場において幅広く活用されていますが、計算リソース不足が課題となることが多く、クラウド利用に期待が高まっています。しかし、ライセンス上の制約や、クラウド上での環境構築の難しさ、またCAEソフトウェアとクラウドの両方の知識を持つ人材不足などにより、なかなか導入が進まないというのが現状です。

サイバネットは、これまで多岐にわたる先端的なCAEソフトウェアソリューションサービスを展開する一方、IT資産管理やセキュリティ対策領域でのクラウドサービス「サイバネットクラウド」を2011年より提供してきました。このCAEおよびクラウド両方の技術・経験から提供可能となったのが「サイバネットCAEクラウド」で、CAEソフトウェア利用者が計算リソース不足への対応に悩むことなく本来の業務に注力できるよう、使いやすいクラウド環境を提供します。

今後は、サイバネット取扱のCAE関連製品の解析環境として、ユーザーのCAEクラウド利用の拡大を図るとともに、コミュニケーション機能を利用したポータル上でのエンジニアリングサービスの提供も予定しております。

サイバネットCAEクラウドの特長

高速リモートデスクトップと専用ポータルによる、専門知識を必要としないクラウド環境を提供

  • クラウド上で動作するCAEソフトウェア画面を、高圧縮(従来の10分の1の帯域)でクライアントへ送信するため、クラウド環境で高負荷処理中に生じることの多い操作時のタイムラグ(画面遅延)の無い、スムーズで快適な操作環境を実現
  • CPU特化型やメモリ特化型、グラフィック強化型など多種多様な計算リソースが用意されており、解析の内容に合わせてスペック変更が可能
  • 専用区画のプライベートクラウド環境を提供し、情報漏えいなどのリスクを回避
  • WindowsやLinux環境で動作する製品であればどんなソフトも動作可能で、複雑な設定を行う必要なく既存のCAEソフトウェアライセンスを利用可能(*)
    (*)各ソフトウエアメーカーの承認が必要です。またドングルタイプのライセンスには対応していません。

コラボレーション機能により拠点間のコミュニケーションをサポート

高速リモートデスクトップの画面共有機能を利用すれば、遠隔地にいる海外の設計パートナーと同じ操作画面を閲覧・相互操作が可能となり、言語の隔たり無く課題や情報を共有できます。

2018年12月にリリース予定の次期バージョンでは、画面操作共有のみならず、チャット機能や音声会議、ビデオ会議などのコミュニケーションに必要な環境の実装を予定しています。

マルチフィジックス解析ソフトウェア「ANSYS®」をクラウド上で簡単に利用可能

この度サイバネットは、「ANSYSクラウドホスティングパートナー」に認定されました。これによって、製造業におけるさまざまな領域で世界有数の実績を誇るANSYSソフトウェアを、「サイバネットCAEクラウド」上でご利用いただくことが可能となります。

価格

料金体系:基本料金(定額)+計算リソース利用料金(従量制)
(注:CAEソフトウェアライセンス料金は別途必要)

サイバネットCAEクラウドの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
https://www.cybernet.co.jp/caecloud/

注釈
※1:CAE(Computer Aided Engineering):「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術。

ANSYSについて

ロケットの打ち上げをご覧になったり、飛行機で空を旅したり、車を運転したり、橋を渡ったり、PCを使ったり、モバイルデバイスの画面 にタッチしたり、あるいはウェアラブルデバイスを身に付けたりされたご経験はおありでしょうか。それらの製品は、ANSYSのソフトウェア を使って生み出されたものかもしれません。ANSYSは、工学シミュレーションの世界的リーディングカンパニーとして、今までにない優れた 製品の誕生に貢献しています。最高水準の機能と幅広さを備えた工学シミュレーションソフトウェアの提供を通じ、ANSYSは、最も複雑な設 計上の課題であっても解決を支援し、製品設計の可能性を想像力の限界まで押し広げています。1970年に設立されたANSYSは、数千人のプロ フェッショナルを擁し、その多くは有限要素法解析、数値流体力学、エレクトロニクスおよび半導体、組込みソフトウェア、設計最適化などの エンジニアリング分野で博士号、修士号を取得しています。本社を米国のピッツバーグ南部に置くANSYS は、世界中に75ヵ所以上の戦略的販 売拠点を有するとともに、40ヵ国以上のチャネルパートナーとネットワークを築いています。 詳細は、www.ansys.comをご覧ください。

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関などさまざまな業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、AR及びVR、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、さまざまな顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるITソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。

サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/


※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

ソリューション営業推進部/窪田
TEL:03-5297-3487 E-MAIL:caecloud@cybernet.co.jp

投資家の方は

経営企画・IR室/飯田
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

報道の方は

コーポレートマーケティング室/平澤
TEL:03-5297-3094 E-MAIL:prdreq@cybernet.co.jp

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標および登録商標です。