HOME

“熱”と“パワーエレクトロニクス※1”の諸問題に1D CAE※2の活用で挑む 「Maplesoft Engineering Solutions」開催のお知らせ

2018年5月29日

製品開発における省エネ・信頼性・安全性の向上に欠かせない
「エネルギー/熱マネジメント」を考える特別セミナー第2弾を開催します!

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、「1D CAEで熱とパワエレを制す 〜Maplesoft Engineering Solutions〜」(以下「本セミナー」)を、2018年6月12日(火)に東京・大阪で開催します。

近年の製品開発の場では、省エネ性能や信頼性、安全性の向上を目的としたエネルギー/熱マネジメントへの取り組みがこれまで以上に重視されています。昨年「1D CAEと熱問題」をテーマに初めて開催した本セミナーの参加登録者数は述べ200名を超え、本テーマへの関心の高さを伺わせました。

本年は、「熱」同様に製品価値を大きく左右する「パワーエレクトロニクス」をメインテーマに加え、製品開発で実際に活用されている「車両燃費演算の標準的モデル」や「モータ熱設計におけるツールの適用事例」などを紹介します。

本セミナーは、様々な製造分野で適用できる1D/3D CAEおよびエネルギー/熱マネジメントの取り組みについて最新の技術情報を提供します。この機会にぜひご参加ください。

開催概要

日時 2018年6月12日(火)13:00〜17:00(受付開始 12:30〜)
会場 【東京】アキバホール (秋葉原)
東京都千代田区神田練塀町3
地図: https://www.fsi.co.jp/akibaplaza/map.html
【大阪LIVE 会場】アットビジネスセンターPREMIUM 大阪駅前
大阪府大阪市北区梅田1-12-17
地図:http://abc-kaigishitsu.com/osaka/ekimae/access.html
※講演者は東京会場にのみ来場し、大阪会場にLIVE で中継します
参加対象者
  • 産業界(ものづくり)における1D/3D CAE について関心のある方
  • エネルギー/熱マネジメントの取り組みについて関心のある方
  • 数理技術の産業界への普及に関心のある方
定員 東京:180名 /大阪:40名
参加費 無料(事前登録制)
お申込 http://www.cybernet.co.jp/maple/mes2018/

主な見どころ

「熱」&「パワーエレクトロニクス」、最新の実用例をご紹介します。

【基調講演】

『パワーエレクトロニクス応用システムのシミュレーションのための標準的モデルと実用的例題』
岐阜大学 石川 裕記 様 / 長崎大学大学院 阿部 貴志 様

【ユーザ技術講演】

『モータ熱設計におけるMapleSimの適用』
日本電産 株式会社 森 厚夫 様 / 布川 彩夏 様

【サイバネット講演】

『3Dから1Dへ 伝熱モデルの自動生成アプリケーション紹介 〜MapleSim - HeatPathView※3連携〜』
『熱設計、熱マネジメント、1D CAE... 〜伝熱モデリングソリューションの進化〜』

詳細情報

「1D CAEで熱とパワエレを制す 〜Maplesoft Engineering Solutions〜」の詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/maple/mes2018/

MapleおよびMapleSimの詳細については、下記製品Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/maple/

注釈

※1 パワーエレクトロニクス:電力用半導体と制御技術により電力を変換する技術。しばしば「パワエレ」と称される。
※2 1D CAE:システムシミュレーションによって、開発対象の最適化を機能という観点を中心として行う手法・概念。
※3 HeatPathView:株式会社ソフトウェアクレイドルの3D熱流体シミュレーションソフトウェア「STREAM®」「熱設計PAC®」「scFLOW®」「SCRYU/Tetra®」の解析結果表示ユーティリティツール。解析対象全体の熱の移動経路と移動量を経路図やグラフ、表などで表示することができ、放熱経路のボトルネックなども容易に発見することができる。

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関などさまざまな業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、AR及びVR、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、さまざまな顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるITソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。

サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/


※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

システムCAE事業部/富永
TEL:03-5297-3909 E-MAIL:infomaple@cybernet.co.jp

投資家の方は

経営企画・IR室/飯田
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

報道の方は

コーポレートマーケティング室/平澤
TEL:03-5297-3094 E-MAIL:prdreq@cybernet.co.jp

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標および登録商標です。