HOME

VRソリューション「バーチャルデザインレビュー」
最新バージョン2.0 販売開始のお知らせ

2018年3月28日

VR空間でCADの操作もできるリモートデスクトップ機能を搭載

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、サイバネットが販売・サポートするVR設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」の最新バージョン2.0を2018年4月より販売することをお知らせいたします。

バーチャルデザインレビューは、データ変換することなく3D CADのデータをVR空間に投影し、遠隔地を含む複数人が同 一のVR空間でコミュニケーションを取りながらレビューすることができるシステムです。

今回のバージョンアップでは、VR空間にデスクトップ画面を表示するリモートデスクトップ機能が追加されました。これにより、VR空間の中で3D CADを操作して形状を修正したり、パソコンに保存されている資料やWEBブラウザの閲覧等ができます。もちろん、修正した結果はリアルタイムに確認できます。
また、レビュー終了後に指摘事項を簡単に振り返るためのユーザビリティが向上しました。これにより、VR設計レビューが終わった後でも、レビュー結果の振り返りや参加しなかった人と情報を共有できます。

V2.0の主な機能強化

1.リモートデスクトップ機能


PC の画面をVR 空間内に表示

バーチャルデザインレビューにつながっているPCの画面をVR空間にバーチャルスクリーンとして表示できるようになりました。VR空間でデザインレビューの最中にCADを操作して形状を変更したり、アニメーションの開始等の操作をすると、その結果をリアルタイムにVR空間で見ることができます。

2.レビュー結果確認のユーザビリティ向上

VRデザインレビューの結果の保存


VR空間でCADデータに
スマート付箋を添付した図

形状タグ、テキストタグ、音声タグなどのスマート付箋を付けた位置を記録、保存し、次回バーチャルデザインレビューを起動した時に再現できるようになりました。
この機能を利用することで、あらかじめレビューするポイントにマークをつけておいたり、レビューした結果を後で見返したり、時間が合わなかったレビュワーが後でレビューしたりという使い方が可能になります。

ヘッドマウントディスプレイを装着しなくてもレビュー結果が確認可能

PCの画面上でもVR空間に記録したコメントの位置や内容などの指摘事項を確認することができるようになりました。ヘッドマウントディスプレイを装着しなくても、全体を俯瞰してレビュー内容を確認ができます。また、指摘事項を番号で確認することができるため、チェック漏れ防止にも役立ちます。

VR管理画面(VDRマネージャー)でドキュメント等の表示準備

VDRマネージャーの管理画面からもVR空間にドキュメントやバーチャルカメラ、切断面を表示させることができるようになりました。事前にドキュメントやバーチャルカメラを最適な位置に準備しておいたり、レビュー中にVR空間のレビュワーに指示を出すことができます。

3.その他

その他にも、以下の機能強化・機能追加がされています。

  • 軸に沿った断面の移動ができるようになりました
  • ターンテーブル機能を追加しました
  • 干渉チェック時の振動を分かりやすくするため、大きくしました
  • VR空間に表示するドキュメントを拡大縮小できるようにしました

バーチャルデザインレビューの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/ar-vr/products/vdr/

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関などさまざまな業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、AR及びVR、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、さまざまな顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるITソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。

サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/


※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

AR/VRソリューション事業部/荒井
TEL:03-5297-3799 E-MAIL:cnc-info@cybernet.co.jp

投資家の方は

経営企画・IR室/飯田
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

報道の方は

コーポレートマーケティング室/平澤
TEL:03-5297-3094 E-MAIL:prdreq@cybernet.co.jp