HOME

STEM※1教育に特化した「MapleCLASS」の販売開始のお知らせ

2017年11月17日

Mapleの学習機能により、STEM教育を強力支援
MapleT.A.の自動評価・採点機能により採点コストを大幅削減
より価値のある教育活動に予算と時間を重点配分

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、グループ会社であるMaplesoft(本社:カナダ オンタリオ州、以下「メイプルソフト」)が開発・販売・サポートする「Maple(メイプル)」と、「Maple T.A.(メイプルティーエー)」を組み合わせた教育機関向けの製品「MapleCLASS」の販売を、2017年11月より開始することをお知らせします。
本製品は、従来のMapleの価格と比べても、大変お求めになりやすい料金プランとなっています。

Mapleは、弊社が提供している数式処理システムです。MapleT.A.は、Mapleの計算機能を利用して主として数学を中心とした学科の授業のために特に設計されたオンラインテスト・評価システムです。

現在、STEM教育の重要性は社会の各層で幅広く認識されています。一方で、知識・理解の段階的かつ着実な積み上げが必要な理系科目、特に数学においては、学生のレベル低下が憂慮される事態も広がっています。
当社では、数学を基盤とする基礎的な理系能力を、授業を通じて学生にしっかりと身に着けさせることを目的に、オンラインテスト・評価のためのシステムMaple T.A.とMapleをパッケージ化した「MapleCLASS」を提供します。
これにより、学生に、Mapleの数式処理機能を利用して数学や物理概念の理解を促すとともに、Maple T.A.を使って、復習テストや宿題を課すことができます。そして、教師は、その採点・成績評価をMaple T.Aを使って自動的に行うことで、学生の理解や到達度の検証を迅速かつ手間をかけずに行えます。その結果、反転学習やアクティブラーニングなどにより学生の能動的な授業参加が促せ、学生の理系能力の総合的な底上げを図ることができます。


MapleCLASS の授業利用イメージ

MapleCLASSの機能

【教師側】

  • 高度な問題作成機能(数式で解答する問題、多肢選択問題など)を利用できます。
  • STEM教育でよく利用されるファイルやデータの取り込みにも柔軟に対応可能です。
  • Maple Cloud の機能により、著作権フリーの数学問題を利用できます。
  • 自動採点、自動分析機能により採点業務や成績評価業務を大幅に軽減できます。

【学生側】

  • いつでも手軽に数学問題が解くことができます。
  • 即時フィードバック機能により解答の正誤がすぐにわかり、自分の理解度が把握できます。
  • 繰り返しの問題演習(ドリル)で、基本理解や復習を徹底できます。
  • 苦手な問題には何度でも挑戦でき、到達レベルを上げることができます。

MapleCLASSの基本プラン(提供方法)

1.MapleCLASS FLEX

  • Maple T.A. の利用人数に合わせて、柔軟な設定ができます。
  • Maple T.A は基本的に、Cloud(SaaS)で提供されます。
  • Maple T.A の利用期間は、授業プランに合わせて、お好きな期間を連続で最長3ヶ月まで設定可能です。

2.MapleCLASS SITE

  • 30人の小規模クラスから500人超の大規模クラスまで対応可能です。
  • Maple T.A は基本的に、Cloud(SaaS)で提供されます。
  • 学部や学科の枠にとらわれず、利用したい人が利用できるサイトライセンスです。
  • 本サイトライセンスの利用期間は1年となります(年間レンタル形式です)。

注釈
※1:STEM:Science, Technology, Engineering, and Mathematics(科学、技術、工学、数学)という総合的な分野の総称。Maplesoft 製品は、計算環境だけでなく、計算アプリ開発やモデリング・シミュレーション、オンライン学習によってトータルサポートします。

メイプルソフトについて

メイプルソフト(Maplesoft)は、対話的な数学計算ソフトウェアを開発・販売するリーディングカンパニーです。世界中の数学者・物理学者・エンジニア・設計者に愛用され、同社のフラッグシップ製品であるSTEM コンピューティング・プラットフォーム「Maple(メイプル)」をはじめとして、数理技術を基本とした様々な技術計算製品を提供しております。
メイプルソフトの計算ソフトウェアは、アライドシグナル、BMW、ボーイング、ダイムラー・クライスラー、ドリームワークス、フォード、GE、ヒューレット・パッカード、ルーセント・テクノロジー、モトローラ、レイセオン、ロバート・ボッシュ、タイコ エレクトロニクスそしてトヨタ自動車など一般企業をはじめ、MIT、スタンフォード大学、オックスフォード大学、NASA、カナダ・エネルギー省などの先端的研究機関において教育や研究目的で利用されております。詳細は下記Web サイトをご覧ください。
http://www.maplesoft.com

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、AR及びVR、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT 資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるIT ソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/


※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

官公庁・教育営業部/河野
TEL:03-5297-3429 E-MAIL:m-kawano@cybernet.co.jp

投資家の方は

経営企画・IR室/飯田
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

報道の方は

営業推進部/平澤
TEL:03-5297-3094 E-MAIL:prdreq@cybernet.co.jp