HOME

電子ディスプレイ業界における世界最大規模のイベント
「Display Week 2017」出展のお知らせ

2017年5月10日

有機ELディスプレイ開発から生産を支援するソリューションを初出展

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、5月23日(火)から25日(木)にかけて米国ロサンゼルスにて開催される「Display Week 2017」(以下「本展示会」)に出展することをお知らせします。本展示会は、電子ディスプレイ業界における世界最大規模のイベントです。サイバネットからは、主に有機ELディスプレイ向けの開発から生産を支援するソリューションを展示いたします。

出展の見どころ

有機ELディスプレイ向けムラ補正

有機ELディスプレイは様々なアプリケーションでの活用を期待されていますが、液晶ディスプレイとは異なる有機ELディスプレイならではの技術的な課題も多く残ります。なかでもディスプレイの画質を向上させるための“ムラ補正”は、現時点では必須の技術や生産工程となります。サイバネットブースでは、ムラ補正機能IPや生産向け自動装置をはじめ、有機ELディスプレイの生産を革新する製品や製品を用いたソリューションをご紹介いたします。展示ブースでは実際のディスプレイを用いたムラ補正デモをご紹介いたします。


各工程でのFPiS製品使用例


主な出展製品

主な出展製品は下記になります。

  • 有機ELディスプレイ ムラ補正機能 IP
  • 生産向け 有機ELディスプレイ自動ムラ補正システム FPiS-HPS
  • 生産向け 有機ELディスプレイ高速ガンマ・ホワイトバランス調整システム FPiS-GW
  • 生産向け 液晶/有機ELディスプレイAOI点灯検査システム FPiS-HS
  • R&D向け 液晶/有機ELディスプレイ サブピクセルレベル評価システム FPiS-HP
詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/fpis/products/

出展概要

会期 2017年5月23日(火)〜5月25日(木)
会場 LOS ANGELES CONVENTION CENTER, CALIFORNIA,
主催 Society For Information Display(SID)
ブース番号 No.1517
URL http://www.displayweek.org/



注釈
※1:ムラ補正機能 IP: ディスプレイの表示特性に応じた補正値を設定し、表示ムラを低減させる補正を行う集積回路


サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT 資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるIT ソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社についての詳細は下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/


※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

OM事業本部 光計測器事業部/藤島
TEL:03-5297-3527 E-MAIL:omsg@cybernet.co.jp

投資家の方は

経営企画・IR室/飯田
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

報道の方は

営業推進部/平澤
TEL:03-5297-3094 E-MAIL:prdreq@cybernet.co.jp