HOME

簡単可視化ソフトウェア「MicroAVS」の新バージョンVer.20販売開始のお知らせ

2016年12月27日

データのインプット、アウトプット、可視化機能が大幅に向上
大量のExcelデータ、複数ファイルも簡単に読込が可能に

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、当社が開発・販売・サポートする簡単可視化ソフトウェア「MicroAVS(マイクロエーブイエス)」の新バージョンVer.20の販売を開始したことをお知らせします。

MicroAVSは数値データを可視化するソフトウェアで、読み込んだデータをアイコン操作で簡単に可視化できることが特徴です。実験・計測データやシミュレーションで得られた解析データを、2次元、3次元の画像や動画にして表示することができます。解析、実験の分野を問わず、材料、気象、環境、建築、土木、天文、宇宙などの幅広い研究分野で活用されています。本バージョンではこれまで以上にデータの読込みが手軽になり、またデータの出力、可視化機能も強化されました。

本バージョンリリースと同時に、保守サービスの販売を開始します。MicroAVS新規ご購入者には保守サービスが付いており、Emailによる技術サポートを受けることができます。また、MicroAVSの全ての機能を網羅した『MicroAVS完全マニュアル』の利用が可能です。全15章から成る本マニュアルは、初心者向けのチュートリアルから、中・上級者向けの高度な内容まで、幅広い情報が記載されています。今後もより充実したユーザーサポートを提供致します。

新バージョンでの追加機能

(1) データ入力機能の強化―大量のExcelファイルも簡単に読み込み可能!


クリックで画像拡大
  • 1度の操作で連番Excelファイルを時系列データとして読込み可能に
    同一形式の連番Excelファイル(xlsx, xls, csv等)を、1つの時系列データとしてMicroAVSに読み込ませることが可能です。
  • データ読込み設定がさらに簡単に
    対象ファイルおよびデータの並び方等の簡単な指定だけで、MicroAVSが直接数値データを読み込みます。このとき自動作成されるファイルを使用することで、以降の読込みは更に簡素化されます。なお、連番ファイルだけでなく、1つのシート内に全ステップのデータが記録されている形式の読込みにも対応しています。
  • 時間による変化を自動的に可視化
    読込後はMicroAVS上の再生ボタンを押すことで時間による変化を可視化できます。

(2) 可視化機能の強化―材料分野の形態定量評価に!


クリックで画像拡大
  • ボクセルデータ(※)細線化機能
    材料分野における形態評価で重要な指針となるボクセルデータに対して『細線化』処理を行い、残ったセルに対して『連結数』の計算を行った結果をセルの値として色分け表示する機能が追加されました。
  • 結果のテキスト出力
    細線化、連結数の結果はテキスト出力が可能です。

※ボクセルデータ:ボクセルとは成分値を持つ3次元の正規格子(立方体)の最小単位。ボクセルの集まりをボクセルデータと 呼びます。

(3) 3Dプリンタにも!入出力機能の強化―色情報付き形状の入出力に対応

  • 色情報を含むSTLおよびPLY形式データの入力に対応
  • 可視化形状の出力強化
    可視化形状(鳥瞰図、等数値面、領域面、変形図、離散点から作成した3角形メッシュ)をカラーPLY形式で出力する機能が追加され、3Dプリンタ等に色付きの形状を渡せるようになりました。

その他の追加機能の詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/avs/products/microavs/release/

価格

  • MicroAVS Standard :128,000円
  • MicroAVS Professional:178,000円
    (上記金額には初年度保守料が含まれています。)

既存ユーザー様にはver.20へのバージョンアップと保守サービスをセットにしたキャンペーンも実施します。
詳細は下記Webサイトをご参照ください。
http://www.cybernet.co.jp/avs/support/microavs/versionup/major_verup.html


サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるITソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/

※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

データソリューション事業部 ビジュアリゼーション部/荒井
TEL:03-5297-3799 E-MAIL:avs-info@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/栗山
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp