HOME

サイバネット30周年記念イベント
「開発プロセス革新への挑戦」を議論する2日間
『System-level Engineering Symposium 2015』を開催

2015年11月10日

『SKYACTIV の次へ』マツダ常務執行役員/人見 光夫氏が語る
世界一を目指す技術者集団の次の一手とは

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、「System-level Engineering Symposium 2015 〜開発プロセス革新への挑戦〜」(以下「本シンポジウム」)を、12月3日(木)〜12月4日(金)に東京都中央区(汐留)にて開催することをお知らせします。

当社は今年で設立30周年を迎えます。この30年間はものづくりを支えるCAE技術が生まれ、そして発展してきた歴史と重なります。月日の流れとともに開発対象物の高性能化・複雑化は更に進み、製品開発においては個別要素・部品から製品「全体」つまりシステムレベルでの性能向上に対する検討の取り組みが進んでいます。また社会影響を考慮した性能・品質向上への対応も重要となってきました。

本シンポジウムは2日間にわたり、CAE技術を第一線で支える方々と、これからのものづくりの発展を支える研究者・エンジニアをお迎えし、過去の取組みを今一度振り返り、現在の動向を共有することで将来に取組むべき「開発プロセス革新への挑戦」に向けた議論の場を目指します。

開催概要

開催日時 2015年12月3日(木)
セミナー13:00〜17:10 (12:00 受付開始)
交流会・情報交換会17:30〜 18:50
2015年12月4日(金)
セミナー9:30〜17:40 (8:45 受付開始)
会場 ベルサール汐留 最寄駅「新橋」「汐留」「東銀座」
主催 サイバネットシステム株式会社
対象 企業における
・役員、マネージメント職の方
・CAE 推進、業務改善のご担当者様
・モデルベース開発、System-Level Engineering に関わるエンジニア
・研究開発に関わるエンジニア
定員 600名
参加費 無料(Webサイトにて事前登録制)
詳細・申込 http://www.cybernet.co.jp/maple/ses2015/

2日間のテーマ、記念・特別講演

12月3日(木)テーマ:「開発プロセス革新へのビジョンの共有」


マツダ/人見 光夫 氏
  • 30周年記念講演
    『SKYACTIVエンジン開発』

    マツダ株式会社 常務執行役員 人見 光夫 氏
  • 特別講演1
    『Honda エンジン開発の目指すモデルベース開発』

    株式会社本田技術研究所 四輪R&D センター
    第3技術開発室第2ブロック 主任研究員 足立 秀幸 氏
  • 特別講演2
    『組織が変革期を乗り越えるために 〜モデルベース開発黎明期のふりかえりからの学び〜』

    株式会社デンソー 技術開発センター デジタル・エンジニアリング室 室長 鈴木 万治 氏

12月4日(金)テーマ:「開発プロセス革新への最新情報の共有」

  • 特別講演1
    『言語処理と数理処理の接合による新AI 時代に向けて』

    国立情報学研究所 情報社会相関研究系 教授 新井 紀子 氏
  • 特別講演2
    『1DCAE が拓くものづくりの新しい世界』

    東京大学 大学院工学系研究科 特任研究員 大富 浩一 氏

その他、いすゞ中央研究所、キャタピラージャパン、東芝、トヨタ自動車、トランストロン、日産自動車、日立ハイテクノロジーズ、富士重工業、本田技術研究所(五十音順)など18の技術講演

パートナー

協賛パートナー(五十音順)

展示パートナー(五十音順)

本シンポジウムの詳細・申し込みについては、下記Web サイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/maple/ses2015/


サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT 資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるIT ソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/

※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。
本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社
イベント内容について
システムCAE事業部 SES2015事務局
TEL:03-5297-3255 E-MAIL:ses2015@cybernet.co.jp
報道の方は
広報室/栗山
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp