HOME

「2020年渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」開催
本展示会に協力、視覚障がい者支援のお知らせ

2015年10月27日

AR技術を使った音声読み上げアプリ「聞こAR」、
テキスト情報を音声で読みあげ

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、NPO法人ピープルデザイン研究所(代表理事:須藤 シンジ氏、以下「ピープルデザイン」)主催の「2020年渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」に協力し、聴覚AR システム「聞こAR(キコエール)」を出展することをお知らせします。サイバネットは、プランナーであるProton2 Design Associates代表の堀内陽子さんの声掛けにより、一般の印刷物の上に透明な点字や触図を重ねて印刷する技術を持つ欧文印刷株式会社(以下「欧文印刷」)とともに2014年に「聞こAR」を開発し、視覚障がい者支援を行ってまいりました。

「2020 渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」について

障がい者をはじめとするマイノリティや福祉そのものに対する「意識のバリア」を取り除こうと、昨年11月に1回目を開催した本展を、今年も渋谷ヒカリエを中心に開催します。思わず「カッコいい」「カワイイ」と使ってみたくなるデザイン、大きなイノベーションを期待させてくれる「ヤバイ」テクノロジーを備えた福祉機器を展示、体験できるほか、昨年ご好評いただいたシンポジウムを大幅にパワーアップし、ひと足先に2020年の超福祉の日常をリアルに感じてもらえる機会をたくさん用意しました。

名称 2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展
開催期間 2015年11月10日(火)〜11月16日(月) 11:00〜20:00(最終日は16:00まで)
開催場所 渋谷ヒカリエ8階「8/(ハチ)」での展示・シンポジウム・試乗会の他、14日の「みやした こうえん」でのパークイベントや、タウンイベントも開催。
※ 各イベントは開催日時・場所が異なります。詳細は公式HPにて確認ください。
入場料 無料
詳細 http://www.peopledesign.or.jp/fukushi/

聴覚AR システム「聞こAR」とは


ARブラウザ「cybARnet(サイバーエーアル)」
アプリ(無料)で画像を認識させると
音声で情報を得ることができます
【クリックで拡大表示】

ARは、カメラなどを通してみる現実の背景に、画像認識技術や位置センサーなどの情報をもとにして、デジタル情報を重ねて表示するという技術です。主に視覚情報を拡張して伝えるものが多いのですが、「聞こAR」は聴覚情報を拡張して伝えることが特徴です。
例えば、このアプリを起動して、レストランメニューにスマートフォンをかざすと、本日のおすすめメニューの紹介や価格、材料、カロリーや塩分量などのあらかじめ登録しておいた テキスト情報を音声で読み上げます。
点字だけでは印刷物の大きさに文字数の制限があったり、また視覚障がい者における点字普及率20%程度しかないなど、視覚障がい者は情報入手に不自由さを感じています。サイバネットはこの不自由さを軽減し、障がいの有無により健常者と障がい者が分け隔てなく相互に共生する社会の実現に貢献する目的でこのアプリを製作いたしました。

AR活用技術「聞こAR」は、視覚障がい者への対応だけでなく、ホテルやレストラン、観光地の案内版やモニュメントのような展示物等、公共施設や展示会などでの外国人観光客向けの多言語対応にも利用が見込まれています。サイバネットはAR 技術により、2020年の東京オリンピックに向けたユニバーサルデザインを推進してまいります。


NPO法人ピープルデザイン研究所について

"心のバリアフリー"をクリエイティブに実現する思想や方法である「ピープルデザイン」を提唱し、性別・国籍・年齢・身体などのハンディの有無にかかわらず、違いに寛容で誰もが共感・共存できるダイバーシティな街づくりを目指しています。渋谷を中心に国内外で活動し、「超・福祉」というスローガンを掲げ、従来型福祉に見られる弱者の救済という視点とは一線を画し、経済発展の領域における提案を推進しています。近年では、諸外国の大学教育連携施策も多数行っています。
NPO 法人ピープルデザイン研究所に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.peopledesign.or.jp/

Proton2 Design Associatesの堀内陽子さんのご紹介

プロダクトデザイナー。ユニバーサルデザイン研究を中心に活動しています。
「Think!」「Design for all」「be natural」「be smart」「for happy life」「Proton2 Design Associates」
「私は『感性』と『理屈』を行き来する、柔らかい頭のみんなのお母さん的存在でありたい。世界中の多様な人々に対して配慮の行きとどいたデザイナーであり続けたい。自分としてはクルマのデザイナーの時代から、だれにとってもわかりやすく使いやすい、工夫があって人にやさしい、そのことが魅力的である本質的なデザインを追い求めています。」
堀内陽子さんに関する詳しい情報は、下記Webサイトをご覧ください。

http://co-lab.jp/creator_info/19209

欧文印刷については、以下のHPアドレスをご覧ください。
http://obun.jp/

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるITソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/

※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。
本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社
内容について
ビジュアリゼーション事業部 営業推進室/吉村
TEL:03-5297-3692 E-MAIL:cnc-info@cybernet.co.jp
報道の方は
広報室/栗山、渡辺
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp