HOME

クラウド型SSO&アクセスコントロール「OneLogin」Office 365 向けセキュリティ機能強化版をリリース

2015年2月25日

Outlook クライアントやLync クライアントからOffice 365 へのアクセスを制限。社外への情報漏えいリスクを大きく低減!

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、米国OneLogin社(本社:サンフランシスコ、CEO & Founder:トーマス・ペダーソン、以下「ワンログイン社」)の「OneLogin(ワンログイン)」に、マイクロソフト社のクラウドサービス Microsoft Office 365(以下、Office 365)向けのセキュリティ機能を強化したバージョンを3月上旬にリリースすることをお知らせいたします。OneLogin は、Office365 やSalesforce.com などのクラウドサービスを利用している企業向けに、シングルサインオンとアクセスコントロールを低コストで実現し、さらに企業内のID管理を効率化するソリューションです。

なぜセキュリティ強化が必要なのか: Office 365 のメリットとデメリット

Office 365 は、PC、Mac、スマートフォンなど端末を選ばずに、どこからでも利用できることから採用する企業が年々増えています。しかし、Office 365 はID/パスワード流出などによる情報漏えいリスクを抱えていることから、導入に際し、アクセスコントロールや認証強化などを慎重に検討する必要があります。

OneLogin によるセキュリティ強化のポイント

Office 365 へのアクセス手段は、Web ブラウザー、リッチクライアント アプリケーション (Microsoft Outlook、Microsoft Lync など)、モバイルアプリケーションなど多岐にわたります。OneLogin は、IP アドレスをベースとしたアクセスコントロール機能を装備しており、このたびのバージョンアップで、リッチクライアント アプリケーションに対応しました。これにより、自宅PC にインストールしたOutlook クライアントからのOffice 365 へのアクセス制限も可能となりました。

その他、モバイル端末の接続制御やモバイルアプリケーションへのシングルサインオン機能なども、近日中に追加予定です。

Office 365 を安全に利用するためのセキュリティ強化ソリューション

自宅や社外からOffice 365 へのアクセスを制限

Web ブラウザーやOutlook クライアント、Lync クライアントからのOffice 365 アクセスに対して、IP アドレスをもとにしたアクセスコントロール、ならびにPKI(電子証明書)による端末認証機能を提供しております。

Office 365 のID・パスワード認証を強化

本人確認を強化するワンタイムパスワード機能(モバイルOTP アプリ)を標準で装備しております。

Office 365 のシングルサインオン環境構築に、AD FS やDirSync などの専用サーバーが不要

OneLogin を利用すれば、Active Directory(AD)とOffice 365 との間でフェデレーション(認証連携)する際に必要なAD FS(Active Directory Federation Service)や、アカウント連携時に必要なDirSync が不要になります。

Office 365 向けセキュリティ強化ソリューションの詳細については、下記Web サイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/onelogin/solution/office365/

Office 365以外にも、約4,000種類のクラウドサービス・Web アプリに対応

OneLogin はOffice 365 以外にも、Salesforce.com、Google Apps、WebEx、NetSuite、Workday などの世界的に有名なクラウドサービスだけでなく、Cybozu.com やDeskNet’s などの国産クラウドサービスにも対応しており、合計4,000 種類以上ものクラウドサービス・Web アプリケーションへの接続定義を事前に用意しています。
各クラウドサービスへのアクセスをOneLogin 経由にすることで、ログイン・ログオフのログが集約されます。何らかのセキュリティインシデントが判明した場合、管理者はOneLogin のログを遡ってレポートを作成・参照することで原因究明に繋げられます。

OneLogin の詳細については、下記Web サイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/onelogin/


ワンログイン社について

ワンログイン社は企業向けID 管理ソリューションの先駆者として、企業内外のユーザー、デバイスおよびアプリケーションを管理するための業界をリードするソリューション を提供します。OneLogin 社はGartner のアイデンティティ&アクセス管理(IAM)におけるMagic Quadrant 上で唯一のChallenger と位置づけられているだけでなく、IDC によりIAM ベンダー内の“主要プレーヤー”とみなされており、Network World Magazine 誌によるSSO ツールレビューでも1 位を獲得しています。
ワンログイン社のクラウドアイデンティティ管理プラットフォームは1,000 社を超える顧客にセキュアなSSO、多要素認証、Active DirectoryやLDAP のような汎用ディレクトリ基盤との連携、ユーザープロビジョニングおよびさらに多くの機能を提供します。OneLogin は今日の企業で一般的に利用されるOffice 365、BMC Remedyforce、Box、Egnyte、EMC Syncplicity、Google Apps、Oracle CRM On-Demand、Salesforce.com、SuccessFactors、WebEx、Workday、ServiceNow、Zendesk を含む数千のアプリケーションとのSAML 連携定義及び設定定義を予めもっております。OneLogin はCRV、the Social+Capital Partnership およびScale Ventures といったベンチャーキャピタルからの出資を受けております。
ワンログイン社に関する詳しい情報については、下記Web サイトをご覧ください。

https://www.onelogin.com

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT 資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるIT ソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Web サイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/


※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

IT ソリューション事業部/三浦
TEL:03-5297-3487 E-MAIL:itdsales@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/栗山
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp