HOME

流体現象と力学の繋がりを実験で体感!流体解析エンジニア向け「流体力学実験室」を開講

2015年2月4日

3/18(水)初回開催 受講料半額キャンペーン中!

サイバネットシステム株式会社(東証一部、本社:東京都、資本金:9億9,500万円、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、サイバネットのCAE技術教育部門「CAEユニバーシティ」が、新規講座「流体力学実験室」を2015年3月より開講することをお知らせいたします。

流体力学は現象とその背景にある理論的な内容とを結び付けて直感的に理解することが難しいため、身近な現象でありながらも「難しい」「敷居が高い」と言われています。そのため、「実験を用いてよりわかりやすく学びたい」といった実験室講座開催のご要望を数多くいただいていました。


流体解析イメージ

「流体力学実験室」では、簡単な流体力学の現象を題材とし、特別な実験機器をできるだけ利用せずに、流れの中に置かれた物体に働く力について測定実験を行います。理論や予測される値との比較、さらに予測値と異なった場合の原因について考察を重ねることによって、流体力学をより身近に感じてもらうとともに、理解を深めることを目的としています。既に流体解析に取り組んでいるエンジニアはもちろんのこと、これから流体解析に取り組みたい、流体力学を学びたいというエンジニアにも役立つ内容となっています。

内容詳細は下記ホームページをご参照ください。

開催概要

担当講師 横浜国立大学大学院環境情報研究院 准教授 白崎実氏
初回開講日時 2015年3月18日(水) 10:00〜17:00
会場 サイバネットシステム 東京本社
受講料 36,000円(税抜)(※初回はキャンペーン価格 18,000円(税抜))
詳細情報 下記URLより事前申込
http://www.cybernet.co.jp/cae-univ/course/fluid_experiment/
  • 定期開催として、今後半期に1度開催していく予定です。
  • 中部・西日本地区での開催も検討しています。
  • 流体力学の基礎を学ぶ「流体力学基礎講座」も別途開講しています。詳細はCAE ユニバーシティのホームページをご参照ください。

モニター開催の様子(PCでの結果確認や実験に取組む参加者)

CAEユニバーシティについて

CAEユニバーシティは、大学の研究者、企業やコンサルで長年CAEを使ってきた経験者を講師とし、企業や個人、専門学校法人等に、特定のツールに拠らない中立的な立場でCAEに関する教育、技術相談、支援等を行っています。
CAEユニバーシティには座学や実習、eラーニングなど様々な講座がありますが、本実験室シリーズは実現象(実験)と解析(シミュレーション)の比較を通して、解析モデルの考え方や妥当性評価について学ぶ講座です。解析の理論やツールの使い方を学ぶ講座はたくさんありますが、本シリーズは実際に「もの」を通して体感的にシミュレーションへの理解を深める講座となっており、ものづくりの現場にいながらも実際には「もの」に触れる機会の少ない解析者や設計者の方にとって、貴重な学びの場としてとらえられています。「流体力学」以外にも、「FEM(構造解析)」や「制御」など様々な分野を対象とした講座があり、多くの企業や個人受講者の方にご活用いただいています。

CAEユニバーシティに関する詳しい情報は、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/cae-univ/


サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT 資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるIT ソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Web サイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/


※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

CAEユニバーシティ室/米原
TEL:03-5297-3692 E-MAIL:info@cae-univ.com

報道の方は

広報室/栗山
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp