HOME

データベース開発・運用支援ツール「MAJESTY」販売開始のお知らせ

2014年7月9日

独自技法「SQLグルーピング技術」により、インデックス設計/SQLチューニングの作業工数を従来の約50%〜80%効率化します。

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、株式会社シスバンク(本社:東京都、代表取締役:丁 俊榮、以下、「シスバンク」)が開発したデータベース開発・運用支援ツール「MAJESTY」(マジェスティ)を7月9日より販売開始することをお知らせいたします。

ITシステムの性能問題の多くがデータベースに起因するといわれておりますが、原因追究にはデータベースのインデックス設計の見直しやチューニングが必要です。これらの作業は高度な専門知識と豊富な経験が求められますが、開発現場では人材が不足していることもあり、性能問題の原因分析に時間がかかる要因となっておりました。

これらの問題を解決し、そのうえデータベースの開発・運用工数を大幅に削減できるソリューションが「MAJESTY」です。本製品は、膨大なSQLのすべての動きを分解し、その動作パターン毎にグルーピングする独自技法「SQLグルーピング技術」を利用することで、SQLチューニングにかける手間をできるかぎり減らし、迅速かつ正確な問題解決を実現します。また、本製品が自動的に分析した「インデックス設計ガイド・改善ガイド」を基に、データベースシステムの設計を安全かつ効率的に進めることができます。

サイバネットでは、以前よりアプリケーション性能管理分野の提案を行ってまいりましたが「MAJESTY」の販売を開始することで、ITシステムの性能問題に課題をお持ちのお客様への提案を開発元のシスバンクと共同で行ってまいります。大手企業のIT部門やSIベンダーなどを中心に、2017年までの3年間で50社に販売し、データベース開発・運用支援ツールのデファクトスタンダードを目指してまいります。

MAJESTYの主な機能

SQLグルーピングによるアクセスパターン分析

SQLがテーブルへアクセスするパターンをグルーピングすることが可能です。従来の手法である「SQL単体分析」のように、SQLを一つ一つ分析する必要がなくなるため、SQLの書き方や実行プランなどの詳細情報を知らない技術者でも問題点の把握やSQLチューニングが可能となります。

自動インデックス設計ガイド/改善ガイド

アプリケーションが必要としているインデックス情報であるアクセスルートを自動的にガイドします。分析結果はデータベースシステムの設計段階だけでなく、運用時の性能改善にも利用できます。

データベース効率性表示機能(評点機能)

グルーピングしたアクセスパターン毎に点数を付けることができます。テーブルへアクセスする効率性の評点、データベースシステム全体の評点により、改善ポイントを客観的に把握しながら設計していくことが可能となります。

SQL実行情報分析

アクセスパターン分析だけでなく、従来のようにチューニング対象のSQL単位に絞り込んだ実行プランの分析「SQL単体分析」情報も提供します。アクセスパターン分析とSQL単体分析を利用できるため、データベースシステムの性能問題の原因解析を短縮化・効率化できます。

MAJESTYの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/majesty/

販売価格(税抜き)

  • MAJESTY30(1ヶ月限定使用ライセンス) 300,000円
  • MAJESTY60(2ヶ月限定使用ライセンス) 550,000円
  • MAJESTY90(3ヶ月限定使用ライセンス) 800,000円
  • 購入単位はスキーマまたはインスタンス単位で、期間内の保守費用を含みます
  • MAJESTYクライアント数に制限はありません
  • 期間限定ライセンス以外に、永年使用ライセンス、年間使用ライセンスをご用意しております

MAJESTYご紹介セミナー

本セミナーでは、MAJESTYをデモや大手Slerでの活用事例を交えてご紹介します。

開催日時 2014年7月22日(火)16:00〜17:30
会場 東京本社セミナールーム
http://www.cybernet.jp/company/map/hq.html
参加費 無料
定員 30名

※本セミナーは、同業他社の方はお断りさせていただくことがございます。予めご了承ください。

セミナーの詳細・お申し込みについては、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/itsolution/seminar_event/seminar/majesty_intro.html

データベース開発・運用支援ツール「MAJESTY」技術者向け講習会

本講習会では、データベース開発・運用支援ツール「MAJESTY」について、実機での操作体験を交えて、データベースシステム分析手法、利用方法を詳しく解説します。また、セミナー終了後に個別相談会を実施します。

開催日時 2014年8月21日(木)14:30〜16:30
2014年9月18日(木)14:30〜16:30
会場 東京本社セミナールーム
http://www.cybernet.jp/company/map/hq.html
参加費 無料
定員 15名

※本セミナーは、同業他社の方はお断りさせていただくことがございます。予めご了承ください。

セミナーの詳細・お申し込みについては、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/itsolution/seminar_event/seminar/majesty_engineer.html

シスバンクについて

株式会社シスバンクは、データベース性能分野における、診断・分析・ソリューション事業、自社開発ソフトウェア“MAJESTY”の販売、サポート及びシステム性能改善コンサルティング、データベース設計、コンピュータ・ソフトウェアの受託開発を提供しております。“MAJESTY”は、2008年の設立以来、大手企業のIT部門やSIベンダーへ30社以上の導入実績のある製品となります。
株式会社シスバンクに関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.sysbank.co.jp/

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT 資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるIT ソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Web サイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/


※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。
本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社
内容について
IT事業部 営業部 営業推進グループ/松島
TEL:03-5297-3487 E-MAIL:itdsales@cybernet.co.jp
報道の方は
広報室/関口
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp