HOME

解析による風力発電の最適設計とコストダウンをテーマに、WIND EXPO 2014 に出展

2014年2月18日

タービンブレードの信頼性評価、浮体式洋上風力発電の動揺、部品の強度・振動・疲労解析など、ANSYSによる最新のシミュレーション技術をご紹介いたします。

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、2014年2月26日(水)から28日(金)にかけて東京ビッグサイトで開催される「WIND EXPO 2014 〜第2回[国際]風力発電展」に出展することをお知らせいたします。

近年、再生可能エネルギーの期待が大きくなる中で洋上風力発電の実証実験が注目されています。一方で普及に向けては、大型化に伴う軽量化、耐久信頼性、コストダウンが大きな課題となっております。

ANSYS(※1)のマルチフィジックスソリューションは、最先端の連成解析テクノロジーにより、風力発電における複雑な現象をシミュレーションすることができます。理論的に導き出された結果を考察することにより、実験による検証を補完し製品開発にかかるコストと時間を大幅に削減することができます。

今回の出展では「解析による風力発電の最適設計とコストダウン」をテーマに、風力タービン用ブレードの信頼性評価、浮体式洋上風力発電の動揺シミュレーション、部品の強度・振動・疲労解析などのANSYSの構造解析、流体解析、電磁界・回路システム解析などの様々な解析事例をご紹介いたします。


図: 風力タービン用ブレードの信頼性評価

図: 浮体式洋上風力発電の動揺シミュレーション

※1: ANSYS(アンシス):米アンシス社によって開発された、有限要素法を主体とした汎用解析ツールです。構造解析をはじめ熱・電磁場・流体などの各種解析やそれらを組み合わせた連成解析ができます。航空宇宙・自動車・機械・電機・医療工学など広範な分野において、世界中の企業・官公庁・教育機関で利用されており、サイバネットは過去30年以上にわたり、国内におけるANSYSの販売実績を持っております。

ANSYSの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/ansys/

ANSYSの導入効果については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/ansys/about/roi.html

出展概要

開催展名 WIND EXPO 2014 〜第2回[国際]風力発電展〜
会期 2014年2月26日(水)〜28日(金)
会場 東京ビッグサイト
主催 リード エグジビション ジャパン株式会社
小間位置 東2ホール 小間番号:E9-39(風車・風力発電システム ゾーン)

サイバネットブースの見所

風力タービン用ブレードの信頼性評価

稼動時における風から受ける力や、複合材料の繊維配向角度や積層構造を考慮したタービンブレードの信頼性評価のための解析ソリューションをご紹介いたします。

こんな方にお勧めします

  • 稼動時におけるタービン用ブレードの安全性を評価したい。
  • 稼動時の出力トルク、および流れ場を把握したい。
  • 複合材料の繊維配向度を評価し、最適設計を行いたい。

出展製品:
流体解析ソフトウェア/ANSYS CFD
構造解析ソフトウェア/ANSYS Mechanical
複合材料専用プリポストプロセッサ/ANSYS Composite PrepPost

浮体式洋上風力発電における動揺シミュレーション

海洋の浮体式構造物における、波、風、潮流による動揺や影響、係留索などの係留システムの解析ソリューションをご紹介いたします。

こんな方にお勧めします

  • CADデータなどを活用して気軽に浮体の形状検討を行いたい。
  • さまざまな気象・海象下での最適な浮体形状や係留方法を探索したい。
  • 海洋における洋上風車の運搬や設置をシミュレーションしたい。

出展製品:
海洋構造物の動揺シミュレーションソフトウエア/ANSYS AQWA

部品の強度、振動、疲労解析シミュレーション

高い安全性と耐久性が求められる風力発電の部品や組立品の強度や回転における振動、疲労などに対応した設計のための最新シミュレーション技術をご紹介いたします。

こんな方にお勧めします

  • 物理試験を減らしてコストを削減したい。
  • 耐久性に関するクレームを減らしたい。
  • 一貫性のあるプログラムで疲労解析業務を標準化したい。

出展製品:
マルチフィジックス解析ソフトウェア/ANSYS Multiphysics
疲労解析モジュール/ANSYS nCode DesignLife

複合材料の解析シミュレーション

風力発電で使用される複合材料における積層構造の先進的なモデリングツールや、数値材料試験による複合材料特有の問題の評価など、最新シミュレーション技術をご紹介いたします。

こんな方にお勧めします

  • 製品開発に複合材料の特性をフル活用したい。
  • 複合材料データの入手が困難。
  • 積層構造のモデリングを簡単に行いたい。

出展製品:
複合材料専用プリポストプロセッサ/ANSYS Composite PrepPost
材料設計を支援するマルチスケールCAEソフトウェア/Multiscale.Sim


サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるITソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/


※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献する。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

メカニカルCAE事業部 マーケティング部
担当/北川
TEL:03-5297-3208 E-MAIL:anssales@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/目黒
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp