HOME

「サイエンスを、正しく、楽しく。」コンソーシアムを設立

2013年11月21日

サイエンスとアートを融合した3次元コンテンツの普及を目指して

サイバネットシステム株式会社(東証第一部、本社:東京都、資本金:9億9,500万円、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、株式会社サイアメント(本社:東京、代表取締役社長:瀬尾拡史、以下「サイアメント」)と共同で新しいコンテンツ市場を創出するために「サイエンスを、正しく、楽しく。」コンソーシアムを設立したことをお知らせいたします。

欧米の研究所では、研究内容の説明用コンテンツ(映像や3次元モデルなど)を制作するスタッフが充実しておりますが、日本ではそのような支援体制がありません。このコンソーシアムは、それを支援することが目的です。

シミュレーションおよびビジュアリゼーションの技術と経験を持つサイバネットと、医師であるサイアメントの瀬尾社長の下に集う高品質なサイエンスコンテンツ※制作の専門家とが協力して、科学的な裏づけを持つ高品質なイラストや3次元コンテンツを制作してまいります。また、新しいビジネス創出と共に、理科離れを防ぐためのアウトリーチ活動へも貢献していく予定です。

今後、サイエンスコンテンツ制作ビジネスの推進と共に、サイエンスコンテンツ制作技術を持つ企業、科学的監修に貢献できる研究所などへの参加を呼びかけていく予定です。サイアメントの瀬尾社長がコンソーシアム代表、サイバネットが幹事役を務めます。

コンソーシアムへの参加希望、コンテンツ制作希望の方はavs-info@cybernet.co.jpまでご連絡下さい。

※:サイエンスコンテンツ:科学的監修のもとに制作されたデジタルコンテンツ

コンソーシアム瀬尾社長のコメント

「サイエンスを正しく、楽しく表現することは、サイエンスへの興味を促進するだけでなく、異分野間での共同研究や、患者さんへの安心感にも繋がります。高度なデータ解析、シミュレーションの可視化とエンターテイメントとを融合させ、世界に誇れる、今までに無い正しく、楽しいコンテンツを創造していきたいと考えています。」

サイアメントについて

サイアメント(SCIEMENT)は、サイエンス(学術、科学)に特化したハイクオリティなコンテンツを制作する、日本で類を見ないサイエンスコンテンツ制作ブランドです。
代表で医師でもある瀬尾が中心となり、医学の専門家としての確かな知識と経験を活かし、他では真似出来ないような「正しさ」と「楽しさ」とを両立させたサイエンスコンテンツを制作し、複雑で難解なサイエンスの世界を、誰にでも身近で「正しく、楽しく」伝えることを目指しております。
代表作品は、厚生労働省「乳幼児揺さぶられ症候群」予防啓発DVD CG映像、日本COPD対策推進会議・GOLD日本委員会・日本医学会後援「COPD啓発プロジェクト」CM CG映像、テレビドラマ「彼岸島」オープニング映像体内CGなど。
代表取締役・医師 瀬尾拡史
東京大学医学部卒業、現在、同博士課程在籍。
東京大学総長賞・総長大賞 (2010)、第1回デジタルハリウッド学長賞 (2010)、
第8回インディーズアニメフェスタ scientific Visualization賞 (2010)など。

 株式会社サイアメントに関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.sciement.com/

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるITソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/

※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

ADS第2事業部 ビジュアリゼーション部/宮地
TEL:03-5297-3799 E-MAIL:avs-info@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/春日
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp