HOME

簡単可視化ソフトウェア「MicroAVS」の最新バージョンVer.17 販売開始のお知らせ

2013年10月24日

ポータル画面の搭載により、各ツールへのアクセスがスムーズに!

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、当社が開発・販売・サポートする3次元可視化ソフトウェア「MicroAVS(マイクロエーブイエス)」の新バージョンVer.17の販売を2013年10月24日より開始することをお知らせいたします。なお、出荷開始は2013年12月18日の予定です。

データのポスト処理を専門とするMicroAVSは、シミュレーションで得られた解析データや実験・計測データなどを、簡単インターフェースで、3次元可視化や3次元の動画にして表示することができます。流体解析や構造解析をはじめとして、材料、気象、天文、宇宙、土木、建築、環境、医療などの幅広い研究分野で活用されています。

今回のバージョンアップでは、MicroAVSポータルの導入と、形状データを使った可視化機能の拡張を行いました。

MicroAVSポータルは、MicroAVS本体の起動はもとより、ファイルチェッカー、ファイル作成支援ツール、同時に提供される各種ツールなど、MicroAVSのすべての機能を呼び出すことができる起点となります。
既存のアプリケーションマネージャ(アプリケーションVファイル)の管理に加え、MicroAVS終了時の履歴の自動保存と可視化作業の再開ができるようになりました。

また、これまでベクトル(矢印)や立方体など基本的な図形のみが可視化プリミティブ(※1)として使われて来ましたが、可視化機能の拡張により、ユーザー指定の任意の形状データを読み込んで、マーカー表示やパーティクル表示(※2)などの可視化プリミティブとして使用することが可能になりました。建物、自動車、人など、具体的な形状を可視化に利用することで、プレゼンテーション効果が高まるとともに、可視化のバリエーションが広がることで、特に情報系可視化の分野における利用が広がることを期待しております。

※1:可視化プリミティブ:可視化領域内に配置するオブジェクト(図形)。格子点上または任意の場所に複数配置され、各オブジェクトの色・大きさ・動き等により、その地点の温度や速度等の物理量を表現する。

※2:パーティクル表示:可視化領域内に小さなオブジェクト(パーティクル)を配置し、流れ(速度ベクトル値)に従ってそれを移動させることで、流れの方向や速度を表現する手法。

主な機能強化

初期起動や外部ツールへのアクセス、可視化作業の再開がスムーズに

MicroAVSポータル画面の導入・可視化履歴の自動保存に対応
Ver.14から登場した「アプリケーションマネージャ」が大幅に機能拡張され、MicroAVSに関する様々な機能へアクセスできる「MicroAVSポータル」となりました。MicroAVSポータルは、これまでの「アプリケーションの管理」だけでなく、インストール直後のライセンス登録や初期値設定、読み込むデータをあらかじめ指定しての起動、ファイルチェッカー、ImgToVol、ファイル作成支援ツール等の各種外部ツールの起動など、MicroAVS起動に関連する機能にスムーズにアクセスできる起点となります。
また、MicroAVS終了時にそれまでの操作記録を自動的に保存し、次回ポータル画面に履歴リストとして表示する機能も追加されました。リストにはサムネイル画像と使用データの情報も表示され、リストをクリックするだけで保存された操作結果が再現されます。最終結果をタイトル・説明と合わせて保存する従来のアプリケーションマネージャ保存に対し、途中経過を保存して次回再現するといった使い分けが可能です。

情報系可視化にも役立つ、形状データバリエーション・読み込み機能の強化

「マーカー」「パーティクル・トレース」で任意形状が使用可能に!
「マーカー」、「パーティクル・トレース」メソッドにおいて、ユーザーが任意の形状を読み込ませてマーカー/パーティクルとして使用できるようになります。対応フォーマットはSTL、OBJといった一般的なものやUCD(形状のみ)、新規読み込み対応となるMD2等です。近年、直感的に分かり易い具体的な形状(建物、人物等)の大きさ、高さで視覚効果を高める「情報系可視化」が重要視されるようになっていますが、MicroAVSでも任意形状マーカー、パーティクル機能により情報系可視化を強力にサポートします。


ビル形状(右下)を使用して各地点の
物理量(人口等)をマーカー表示した例

MD2形式の読み込み
テクスチャ情報、アニメーション情報を付加できる3次元形状フォーマットであるMD2形式の読み込みに対応します。

形状データとしてのUCDファイル読み込み
これまで読み込めなかった“成分値を持たない”UCDファイルを、『形状データ』として読み込めるようになります。複数の成分値無しUCDの同時読み込みや、成分値を持つUCDやFLDとの同時読み込みも可能です。

MGF形式の拡張
新たなプリミティブが追加され、形状データ表現の幅が拡がります。

その他基本機能の改良・追加

VTKフォーマットの読み込み
近年、VTKは可視化データフォーマットとして拡がりを見せています。既存のバージョンでは形状のみ読み込 み対応していましたが、本バージョンからは成分値の読み込みにも対応し、MicroAVS上でVTKデータの可視化が 可能となります。

等数値面セグメンテーション機能
「等数値面」メソッドにおいて、複数の閉じた等数値面を色分けして表示できます。

キーフレームアニメータ改良
幾何変換や可視化パラメータの一部を滑らかに行えるキーフレームアニメータ機能において、新たに透明度等 のオブジェクト属性パラメータも滑らかに変化させられるようになります。透明度を徐々に下げて内部構造を見せる等、動画作成のバリエーションが拡がります。

動作環境

  • Windows XP (x86-32 / x86-64)
  • Windows Vista (x86-32 / x86-64)
  • Windows 7 (x86-32 / x86-64)

価格(税別)

標準価格

  • MicroAVS Professional Edition (Pro版) 148,000円
  • MicroAVS Standard Edition (Standard版) 98,000円

バージョンアップ価格

  • Ver.16 Pro版からVer.17 Pro版 30,000円
  • Ver.16 Standard版からVer.17 Standard版 30,000円
  • Ver.16 Standard版からVer.17 Pro版 80,000円

※現在お持ちの製品のバージョンによって、バージョンアップ価格が変わります。 詳しくはWebサイト、もしくは下記お問合せ先までご連絡ください。

MicroAVSの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/avs/products/microavs/

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、企業が所有するPC/スマートデバイス管理の効率化を実現するIT資産管理ツールをはじめ、個人情報や機密情報などの漏洩・不正アクセスを防止し、企業のセキュリティレベルを向上させるITソリューションをパッケージやサイバネットクラウドで提供しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/

※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

ADS第2事業部 ビジュアリゼーション部
TEL:03-5297-3799 E-MAIL:avs-info@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/春日
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp