HOME

知識と技術を活かして、イノベーションを生み出すヒントがここに!『Goldfire イノベーションフォーラム』開催のお知らせ

2013年5月8日

6月7日(金)東京・秋葉原で開催
様々な業種のイノベーションのヒントやアイデアとなるソリューションを「Goldfire」のユーザー事例を中心にご紹介いたします。

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、2013年6月7日(金)に富士ソフトビル アキバプラザにて「Goldfire イノベーションフォーラム」(以下、「本フォーラム」)を開催いたします。

アベノミクスによる景気回復に期待がかかる中、日本の製造業の復活に向けて、ものづくり企業は様々な取り組みを始めております。中でも最近は、「イノベーション」をいかに生み出すか、またそれをどう持続させるかに焦点を当てるものづくり企業は少なくありません。
「Goldfire」は、ものづくり企業における組織や製品の企画・開発・運用それぞれの工程で抱える問題の解決案を発見し、それを持続的な「イノベーション」につなげるためのソリューションです。
過去に開催してきた「Goldfireユーザーカンファレンス」を、今回から「Goldfire イノベーションフォーラム」と題して、装いも新たに開催いたします。

本フォーラムでは、全国で年間100本以上の講演活動を行い、市場開発や製造業の情報収集について多くの知見がある日本能率協会総合研究所の菊池 健司様を基調講演にお迎えいたします。また、Goldfireの開発元であるIHS社からは、コンサルタントとして豊富な経験を持つJim Belfiore様をお迎えし、海外のユーザー事例等についてご講演いただきます。さらに、ユーザー講演に登壇される皆様は、そのご活躍の場が自動車・機械・情報通信と幅広いフィールドに渡っております。

本フォーラムが、業界を問わず製品や技術の研究開発や改善、企画立案に取り組む企業・団体の方々にとって、イノベーションを生み出す一助となれば幸甚です。
また、本フォーラム終了後は、発表者と参加者の皆様がご参加いただける「懇親会・情報交換会」を予定しております。職種や業界を超えた情報交換の場として、是非ご活用ください。
本フォーラムへの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

開催概要

日程 2013年6月7日(金)
会場 富士ソフトビル アキバプラザ 6F(秋葉原)
時間 13:00〜17:30(12:40受付開始)
定員 100名
主催 サイバネットシステム株式会社
参加費 無料
詳細 Webサイトにて事前登録制

主な見どころ

基調講演

「商品開発の成功とビジネス情報収集〜知見・蓄積そしてイノベーション」
株式会社 日本能率協会総合研究所 MDB事業本部カスタマーセンター 部長 菊池健司様

商品開発を成功に導くには「情報収集力〜役立つ情報を集める力」そして「情報ストック力〜いつでも使えるよう蓄積しておく力」が一際重要です。
情報収集活動の巧拙は商品開発・事業展開の成否を分けると経験上断言できます。
そこで本講演では、製造業の商品開発を情報収集の面から長年支援してきた立場から「今こそ収集すべき情報とは」「見ておくべき情報源とは」「情報収集の視野の拡げ方」「成長企業が見ている情報の特徴」「情報蓄積の知恵」など最新のトピックを交えながらお伝えします。

ユーザー講演

  • 「Goldfireによる研究開発現場でのイノベーション創出の加速化」
    株式会社 富士通研究所
    基盤技術研究所 集積技術研究部 シニアリサーチャー(材料評価技術) 工学博士 添田武志様
    基盤技術研究所 集積技術研究部 理学博士 山崎貴司様
  • 「Goldfireを使用した開発業務の効率と品質」
    株式会社 牧野フライス製作所
    厚木V開発部 主任 高橋宗生様
  • 「Goldfireの導入経緯と活動状況の紹介」
    株式会社 デンソー
    技術企画部 R&D企画室 担当次長 松岡久永様

※ 講演内容は、予告なく変更される場合があります。予めご了承下さい。

その他、Goldfireの開発元であるIHS社のスタッフによる機能概要、海外のユーザー事例、今後の方向性についての講演を予定しております。

本フォーラムの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/inventionmachine/r/forum2013b.html

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。具体的には、構造解析、射出成形解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、ビジネスプロセスの効率化を実現する各種ソフトウェアの提供や、個人情報や秘密情報などの漏洩・不正アクセス対策、データのアーカイブと保護、認証強化などでクライアントPC・サーバのセキュリティレベルを向上させるITソリューションの提供をしております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/

※CAE(Computer Aided Engineering)とは、「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術です。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献しております。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

ADS第1事業部 営業推進室/田端
TEL:03-5297-3269 E-MAIL:Goldfire-info@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/渡辺
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp