HOME

CAE汎用ポストプロセッサ「EnSight」の最新版バージョン10 国内出荷開始のお知らせ

2012年6月7日

日本語メニューを含むユーザーインターフェースを一新!
大幅な操作性の向上と作業の簡略化を実現!

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、Computational Engineering International, Inc.(本社:米国ノースカロライナ州、以下「CEI社」)が開発・販売・サポートする、CAE汎用ポストプロセッサ「EnSight(エンサイト)」の最新版バージョン10の販売を2012年6月7日より開始することをお知らせいたします。

EnSightは、科学技術計算の解析結果を効果的に可視化し、評価する汎用ポストプロセッサです。大規模データ対応やアニメーション機能などの豊富な可視化機能に加えて、流体解析、構造解析、衝突解析、機構解析、粒子解析、鋳造解析など、多彩なCAEソフトウェアとのインターフェースを兼ね備えているため、自動車、電機、航空宇宙、化学、医療などの幅広い業界で利用されております。

今回のバージョンアップでは、メニューの日本語対応(多国語対応)に加え、各操作パネルのフローティングやドッキングを可能にするなどユーザーインターフェースが一新されました。また、EnSightの特徴でもあるプロット機能については、複数成分を同一グラフに表示できる機能の追加が行われ、もう一つの特徴であるボリュームレンダリング機能については、より速く処理できるように改良されました。その他にも、複数階層を持ったパートのグループ化などの機能改良、CAEソフトウェアとのインターフェースの追加や改良も行われております。

これにより、ユーザーはこの直感的且つ簡単な操作により、大幅な操作性の向上と作業の簡略化が可能となります。

EnSight バージョン10の主な機能強化

ユーザーインターフェースの改良

以下の改良で、より直感的な操作ができるようになりました。

(1)メニューの日本語化(多国語)対応
日本語を含む複数の言語に対応しております。

(2) インターフェースのカスタマイズ

  • アイコンバーの機能の並べ替えや非表示
  • 各パネルの位置や大きさの変更
  • 各操作パネルのフロート化
などが設定可能になっております。

プロット機能の強化

プロット機能は、特定のパラメータの変化を、解析結果画像と同時にグラフ表示で見ることができ、アニメーションを使ったプレゼンテーションなどに活用されております。これまで要望の多かった、複数成分を同一グラフに表示できるなど、機能やパラメータがより利用しやすいよう改良されております。

  • 異なる変数の同一グラフ化(第2座標軸)をサポート
  • X、Y軸のスワップ機能(1ボタンクリックで切り替え可能)
  • グラフ属性のコピー&ペースト機能(統一感を持った複数グラフを簡単に作成可能)
  • 配置や文字サイズ変更時の内部配置の自動調整
  • クエリーデータをクリップボード経由で他ソフトウェアへ貼り付ける機能(データ渡しが可能)

複数変数表示例

ボリュームレンダリング機能の強化

ボリュームレンダリングは多くのメモリを消費するため、格子数によって、処理が重くなったり、表示できない場合があります。これらを改善するため、ボリュームレンダリングをより速く処理できるように改良されました。
また、少ないメモリでボリュームレンダリングができるように、非構造格子型のデータを構造格子型に補間変換する機能も追加されております。

その他の機能

  • 複数階層を持ったパートのグループ化
  • 同時に扱えるCaseファイル数の拡張(16個 → 32個)
  • 変数名として利用できる文字数の拡張(20文字 → 50文字)
  • 多面体要素利用時のメモリ使用量の低減
  • 構造格子にサンプリング化したボリュームレンダリング機能の追加(メモリ使用量の低減と高速化)
  • ANSYS、NASTRANリーダの改良
  • SCRYU/Tetra、STREAMのダイレクトインターフェースの追加
  • 定期的に作業状況を自動保存するチェックポイント機能の追加

動作環境

  • Windows XP, Vista, 7 (x86-32 / x86-64)
  • Linux (Kernel 2.6)
  • Mac OS X 10.6

EnSightの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/ensight/

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、ビジネスプロセスの効率化を実現する各種ソフトウェアの提供や、個人情報や秘密情報などの漏洩・不正アクセス対策、データのアーカイブと保護、認証強化などでクライアントPC・サーバのセキュリティレベルを向上させるITソリューションの提供をしております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/


※CAE(Computer Aided Engineering):「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献する。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

ADS第2事業部 ビジュアリゼーション部
TEL:03-5297-3799 E-MAIL:ensight-info@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/渡辺
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp