HOME

簡単可視化ソフト「MicroAVS」の最新バージョンVer.15販売開始のお知らせ

2011年12月15日

大規模データ、時系列データの可視化を強力に支援!

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、当社が開発・販売・サポートする3次元可視化ソフトウェア「MicroAVS(マイクロエーブイエス」の新バージョンVer.15の販売を2011年12月15日より開始することをお知らせいたします。なお、出荷開始は2012年2月28日の予定です。

当社開発の3次元可視化ソフトウェアMicroAVSは、可視化初心者でも簡単に扱える操作性が特徴です。データのポスト処理を専門とする製品で、コンピュータシミュレーションで得られた解析データや実験・計測データなどを、簡単インターフェースで3次元可視化表示に加え、3次元の動画にして表示することができます。流体解析や構造解析をはじめとして、材料、気象、天文、宇宙、土木、建築、環境、医療など多くの分野で使われていることから、汎用性が高く、国内6,000本を越える販売実績があります。

今回のバージョンアップでは、大規模データ、時系列データの可視化を支援する、2つの機能を追加いたしました。

等数値面の作成および表示は、可視化処理の中でも負荷の高い処理であり、データが大規模になると、時間がかかると共にメモリ消費も大きくなり、スタンドアロンPC上では可視化ができない場合もありました。
AVS/Expressの最新バージョンVer.8で採用した「ポイント等値面」は、等値面をポイントレンダリング表示にすることで、速度を向上させるとともにメモリ消費を削減することができます。今回、この機能を「点群等数値面メソッド」として、いち早くMicroAVSにも実装いたしました。これにより、これまでMicroAVSでは処理できなかった大規模データの等数値面表示が可能となりました。

また、大規模データや時系列データを可視化する場合、一回の可視化処理に時間がかかります。データをMicroAVSに読み込んだ後に、表示された情報を何度も確認しながら可視化パラメータの設定をトライアンドエラーで行っていく作業は非常に効率の悪いものでした。
今回、追加したレポートツールは、MicroAVS本体ではなく外部ツールとしての提供となりますので、MicroAVSにデータを読み込む前に、予めデータの範囲や分布などを把握することができ、可視化パラメータの設定を助けます。


ビル風のシミュレーションの可視化

主な機能強化

ポイントレンダリングによる高速等数値面表示機能(点群等数値面メソッド)

等数値面を点群として表示することで、等数値面作成時、オブジェクト表示時の処理速度を2倍〜10倍(データに依存)にし、一方でメモリ消費を約3分の1に抑えます。
メモリ消費を抑えることにより、通常の「等数値面」メソッドでは処理できなかった大規模データの等数値面表示も可能となりました。

データの特性把握を補助するレポートツール

データファイルを走査し、データの存在範囲や各データ成分の最大最小、ヒストグラムなどをレポートいたします。データの特性把握はもちろん、カラーマップの最大最小範囲の指定などの可視化パラメータの設定に利用することができます。時系列データにも対応しており、全ステップを走査して、時間方向の各特性値を知ることもできます。
(※外部ツールとしての提供となります。)

動作環境

  • Windows XP (x86-32 / x86-64)
  • Windows Vista (x86-32 / x86-64)
  • Windows 7 (x86-32 / x86-64)

価格(税別)

標準価格

MicroAVS Professional Edition (Pro版) 148,000円
MicroAVS Standard Edition (Standard版) 98,000円

バージョンアップ価格

Ver.14 Pro版からVer.15 Pro版 30,000円
Ver.14 Standard版からVer.15 Standard版 30,000円
Ver.14 Standard版からVer.15 Pro版 80,000円

※現在お持ちの製品のバージョンによって、バージョンアップ価格が変わります。
詳しくはWebサイト、もしくは下記お問合せ先までご連絡ください。

MicroAVSの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/avs/products/microavs/

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、ビジネスプロセスの効率化を実現する各種ソフトウェアの提供や、個人情報や秘密情報などの漏洩・不正アクセス対策、データのアーカイブと保護、認証強化などでクライアントPC・サーバーのセキュリティレベルを向上させるITソリューションの提供をしております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/


※CAE(Computer Aided Engineering):「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献する。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

製品および本リリースの内容について

アドバンスドソリューション事業部 ビジュアリゼーション部
TEL:03-5297-3799 E-MAIL:avs-info@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/渡辺
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp