HOME

BYODに適した認証ソリューション「PhoneFactor」iOS向け認証アプリケーションをリリース

2011年12月15日

APNS(Apple Push Notification Service)に対応し、ユーザーのiPhoneが本人確認用のデバイスに

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、米国PhoneFactor Inc.(本社カンザス州、以下「フォンファクター社」)が開発し、サイバネットが販売・サポートする認証ソリューション「PhoneFactor(フォンファクター)」にiOSアプリケーションによる本人確認の機能を追加し、2011年12月15日にリリースすることをお知らせいたします。

PhoneFactorは、ユーザーのスマートフォン・携帯電話などを本人確認のデバイスとして利用する認証ソリューションであり、「電話による音声通話」を本人確認の手段として認証強化をしてまいりました。2011年11月にSMS(ショートメッセージサービス)による本人確認機能を追加し、この度iOS搭載スマートデバイス(iPhone、iPad、iPod Touch)向けの認証アプリケーションをリリースすることにより、今後進んでいくBYOD(Bring Your Own Device:私物持込)向けの本人確認を強化いたします。

PhoneFactorアプリケーションによる本人確認

ユーザーがシステム利用時にログインIDおよびパスワードを入力すると、すぐにPhoneFactorはAPNSを通じてユーザーのiOSデバイスにプッシュ通知を送ります。ユーザーはその通知に対してPhoneFactorアプリケーション上で「認証ボタンを押す」もしくは「PIN(暗証番号)を入力し、認証ボタンを押す」のいずれかの動作により本人確認を行います。


iOSアプリケーション画面イメージ

iOSアプリケーション利用時の本人確認の流れ

PhoneFactorアプリケーションのメリット

2経路での認証
ログインID・パスワードの送信経路と本人確認のための経路を分けることで、ログイン時に使用しているデバイスがマルウェア(ウイルス、ワーム、スパイウェアなどの悪意のあるソフトウェア)などに感染している場合でもユーザーのアカウントを保護いたします。

不正アクセスの予防
第三者が窃取したユーザーIDとパスワードを利用してログインしようとすると、窃取されたユーザーのiOSデバイスにポップアップ通知が届きます。ユーザーはPhoneFactorアプリケーションの不正アクセス報告ボタンを押すことで、自分のアカウントのロックと同時に管理者へ不正アクセスの報告を行うことができます。

複数システムへの対応
「所属企業の認証強化用」「ネットバンキングの認証強化用」と1つのPhoneFactorアプリケーションで複数の認証システムに対応できます。

WiFiへの対応
認証通知はAPNSより送られるため、3G回線が利用できない環境でもWiFiを通じて認証通知を受け取ることができます。

BYODからネットバンキングまで対応

PhoneFactorの適用範囲はBYODの認証強化から、VPNのようなリモートアクセス、Salesforceのようなクラウドサービス、さらにはネットバンキングのようなBtoC分野まで多岐にわたります。PhoneFactorはクラウドベースの認証ソリューションですので、設備投資を最小限に抑え、既存のシステムへの二要素認証の実装、本人認証の強化を実現いたします。

音声通話・SMSそして iOS アプリケーションと3つの手段で本人確認を強化

PhoneFactorの本人確認手段には「音声通話」「SMS」「iOSアプリケーション」の3種類があります。利用対象や運用レベルに合わせてお選びいただけます。また、本人確認用のデバイスは、みなさまがお持ちの携帯電話・スマートフォンなどの電話であり、機種やキャリアを問いません。PhoneFactorは二要素認証の中でも使いやすくセキュリティレベルの高い認証ソリューションを提供いたします。

Android向け認証アプリケーションもリリース予定

Google Android搭載スマートデバイス向けの認証アプリケーションも近日中にリリース予定です。

製品情報

製品名 PhoneFactor (iOS向けアプリケーション)
対応機種 iOS 4.3以上を搭載したiPhone、iPadおよびiPod Touch
リリース日 2011年12月15日(木)
価格
無料
(PhoneFactorユーザライセンスをご購入のお客様には、AppStore (カテゴリ:ビジネス)よりPhoneFactorアプリケーションを無料でダウンロードしてご利用いただけます。)

[参考] 金融機関、BtoC企業向けライセンス
金融機関、BtoC企業向けにユーザー数ではなく年間の認証数でライセンス料金を算定する「認証数ライセンス」のご提案も可能です。以下お問い合わせ窓口までお問い合わせください。

PhoneFactorの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/phonefactor/

※iPhone、iPod touch、iPadおよびApp StoreはApple Inc.の商標です。
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

フォンファクター社について

フォンファクター社は、米国における複数要素認証サービスのリーディングプロバイダーです。同社の認証サービスは固定電話・携帯電話を二つ目の認証要素として利用する点が特徴で、企業ユーザーや個人ユーザーに強固なセキュリティ環境を提供します。PhoneFactorはユーザーの拠点場所を問わず、導入が簡単で費用対効果が高いソリューションです。同社は、米バンクテクノロジーニュースによる、革新的なセキュリティのトップ10に選ばれると同時に、2011年のSC Magazine リーダートラストアワーズにおける最良の多要素認証ソリューションの最終候補にも選ばれるなど、高い評価を受けています。
詳細は下記Webサイトをご覧ください。

http://www.phonefactor.com/

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、ビジネスプロセスの効率化を実現する各種ソフトウェアの提供や、個人情報や秘密情報などの漏洩・不正アクセス対策、データのアーカイブと保護、認証強化などでクライアントPC・サーバーのセキュリティレベルを向上させるITソリューションの提供をしております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/


※CAE(Computer Aided Engineering):「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献する。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

製品および本リリースの内容について

IT事業部 ビジネス推進室/井手
TEL:03-5297-3719 E-MAIL:itdsales@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/渡辺
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp