HOME

iPad® 向けMaple™新オプション「Maple Player for iPad」リリースのお知らせ

2011年11月02日

iPad上でMapleドキュメントの閲覧・操作が可能に!
自宅や学校、オフィスを問わず、利用可能な環境を実現!

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、グループのMaplesoft(本社:カナダ オンタリオ州、以下「メイプルソフト」)が開発・販売・サポートする数式処理・数式モデル設計環境「Maple(メイプル)」の新たなオプション製品「Maple Player for iPad」をリリースしたことをお知らせします。「Maple Player for iPad」はApple Store より無料でダウンロードいただけます。

Mapleは、数式処理・数値計算、可視化、教材作成などの数学・技術計算、そして制御系設計、信号処理、機械設計、最適化など各種工学領域において、”数式モデル”を必要とする設計・研究開発のための数式処理・数式モデル設計環境です。自動車、電気・電子、通信、金融をはじめとした技術計算分野における一般企業での利用や、数学、物理学、工学系の大学での研究・教育を目的として全世界で利用されています。今回リリースする「Maple Player for iPad」は、Maple上で作成したドキュメント(ワークシート)の閲覧とインタラクティブな操作をiPad上で実現します。

「Maple Player for iPad」は、パワフルなMapleの計算エンジンをベースとし、Mapleワークシートの表示をはじめ、パラメータ値の入力・変更設定をiPad上で行うことを可能とし、数値計算や微分・積分などの解析演算、連立方程式系の求解、対話的なプロット機能を利用した計算結果の可視化(グラフ表示)までをiPad上で手軽に実現します。Maple製品のiPad市場への参入により、数式処理技術に基づく対話的な計算ツールの利用はポータブルメディア業界まで広がることとなります。
「Maple Player for iPad」のリリースは、大学をはじめとした研究・教育の場にとどまらず、学外での利用を促進するための新たなアプリケーションツールとなります。また、一般企業の設計・開発者にとっても、従来の職場での利用に限らず、社外での活用シーンが広がることになります。

※ iPadおよびApp StoreはApple Inc.の商標です。

Maple Player for iPad の主なメリット

GUIコンポーネントを利用した対話的計算環境

Mapleワークシートには、スライダーやテキストボックス、リストボックスなど、ユーザが対話的操作を可能にするコンポーネント(部品)を埋め込むことが可能です。「Maple Player for iPad」の利用で、iPad上でもMapleワークシートを開くことができ、パラメータの変化を動的に見ながら数学的対象の特徴を理解し、またシミュレーションすることができます。

What-if(もしも〜だったらどうなる?)解析のさらなる実現とチームナレッジの構築

対話的操作による計算環境は、手書きの計算以上に「もしも〜だったらどうなる?」といったWhat-if解析に威力を発揮し、学生・学習者・利用者は現象に対する深い洞察を得ることができます。iPadのようなタブレットPC環境を利用することで、このようなWhat-if解析を他の利用者と手軽に議論することも可能となります。iPad上でのMapleワークシートによる対話型の計算コンテンツにより、利用者は双方向型の議論を今まで以上に効率的に行うことができます。

いつでも・どこでも研究・教育

 メイプルソフトでは、Mapleワークシートを用いたe-Book(電子書籍)コンテンツを配信しています。今回の「Maple Player for iPad」を利用することで、学習者はタブレットPC上でいつでもどこでも空いている時間にe-Bookコンテンツを読み、さらに用意されているコンテンツ上の機能を利用して簡易的な実験が可能です。ポータブル性に富んだタブレットPCでのe-Bookコンテンツの利用により、大きな教育効果が見込まれます。

Maple Player for iPadの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/maple/product/toolbox/player/

「Maple Player for iPad」は、Apple社のApple Store より無償でダウンロード頂けます。

Maple製品のiPad市場への今後のロードマップについては、下記Webサイト(英語)をご覧下さい。

http://www.mapleprimes.com/maplesoftblog/127071-Maple-And-The-IPad?sp=127071

メイプルソフトについて

メイプルソフト(Maplesoft)は、対話的な数学計算ソフトウェアを開発・販売するリーディングカンパニーです。世界中の数学者・物理学者・エンジニア・設計者に愛用され、同社のフラッグシップ製品である数式処理・数式モデル設計環境「Maple(メイプル)」をはじめとして、数理技術を基本とした様々な技術計算製品を提供しております。
メイプルソフトの計算ソフトウェアは、アライドシグナル、BMW、ボーイング、ダイムラー・クライスラー、ドリームワークス、フォード、GE、ヒューレット・パッカード、ルーセント・テクノロジー、モトローラ、レイセオン、ロバート・ボッシュ、タイコ エレクトロニクスそしてトヨタ自動車など一般企業をはじめ、MIT、スタンフォード大学、オックスフォード大学、NASA、カナダ・エネルギー省などの先端的研究機関において教育や研究目的で利用されております。
詳細は下記Webサイトをご覧ください。

http://www.maplesoft.com

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、ビジネスプロセスの効率化を実現する各種ソフトウェアの提供や、個人情報や秘密情報などの漏洩・不正アクセス対策、データのアーカイブと保護、認証強化などでクライアントPC・サーバのセキュリティレベルを向上させるITソリューションの提供をしております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/


※CAE(Computer Aided Engineering):「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献する。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

モデルベース開発推進事業部 営業推進グループ/栗山、津藤
TEL:03-5297-3255 E-MAIL:infomaple@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/渡辺
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp