HOME

イノベーション支援ツール Invention Machine Goldfire日本語版6.6J 国内出荷開始のお知らせ

2011年10月20日

〜持続的イノベーションの実現を支援するための、コラボレーションと社内知見の活用支援機能を大幅に強化〜

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、Invention Machine Corporation(本社:米国マサチューセッツ州、以下「インベンション・マシン社」)が開発・販売・サポートする、イノベーション支援ソフトウェア「Invention Machine Goldfire(インベンション・マシン・ゴールドファイヤー)、以下「Goldfire」」の日本語版最新バージョン6.6Jの国内出荷を10月31日より開始することをお知らせいたします。

Invention Machine Goldfireは、ものづくりに携わる方々の日々の調査業務や様々な課題解決を支援するソリューションツールです。「イノベーションの持続的な実現を支援する」ことをコンセプトに、ものづくりの現場における様々な問題を適切に分析し、解決策を効率よく調査・創出するための環境を提供します。

新バージョン6.6Jでは、コラボレーション機能が強化され、Goldfireユーザー以外にもリサーチ結果を自動提供する機能が搭載されました。また、より手軽な検索を可能とするユーザーインターフェイスが追加されるなど、イノベーションの持続的な実現を支援する社内知見の活用を促進するための機能を中心に、下記のような新機能が追加されました。

Goldfire 6.6Jの主な追加機能

※:Goldfireサーバー構成でご利用の場合に有効な機能です。

問題共有

社内で問題を共有し、オンライン上で議論を進めながら、解決策を検討するための機能です。
Goldfireの作業画面上から、「問題共有」メニューを起動し、質問入力画面上で「行動的特徴による生体認証技術の社内応用例はあるか?」等のような質問を問題としてテキスト入力します。質問は、社内のGoldfireユーザーが直ちに参照できるようになります。ユーザーはまるでオンライン掲示板を利用するような感覚で過去の社内事例やアイディアなどを共有し、議論を進めながら課題解決を進めていくことができます。また、Goldfireユーザー以外の関係者にも、質問をeメールで送信することが可能です。
また、「問題共有」機能を使ったディスカッションの内容は、自動的に意味検索できる知識ベースとして記録されるので、検索可能な社内知見として共有/再利用が可能です。

専門家を検索

問題を共有するだけでなく、社内に在籍する特定の技術分野に強い専門家に積極的に働きかけることで、課題解決を促進することを支援する機能です。
「専門家を検索」ウィンドウで、「行動的特徴による生体認証技術」などと入力すると、社内の文献やeメールの履歴、Goldfireを利用した過去のプロジェクト、問題共有のディスカッション、または事前に登録された専門分野プロフィールを分析した結果から、その技術に詳しい専門家を予測しランキング形式で表示します。
また、そのように探したエキスパートを問題共有のディスカッションに追加したり、直接メールで質問したりすることも可能です。

ワンクリックで検索可能なユーザーインターフェイス

Goldfire起動直後に表示されるダッシュボード画面上に、検索クエリを入力したり知識ベースを選択したりできるユーザーインターフェイスが追加されます。
これまでGoldfireの知識検索機能を利用する場合、Goldfire起動後のメニューからそれぞれの機能を選択して検索を実行する必要がありましたが、今後は日々の業務を進める中でより手軽にGoldfireの知識検索機能を利用できるようになります。

反復クエリのメール通知

Goldfireでは、定期的に実行する検索クエリ(反復クエリ)を登録し、新しい検索結果に関する情報をGoldfire起動直後に表示されるダッシュボードに表示する機能があります。「反復クエリのメール通知」は、この検索結果の更新結果をさらにeメールの配信で通知する機能です。
新しい検索結果があった場合、Goldfireユーザー非ユーザーを問わず通知を受け取ることができ、プッシュ型の検索結果配信が可能になります。

シンクライアント

Goldfireアプリケーションを起動する代わりに、Webブラウザ(Internet Explorer)を利用してGoldfireの基本機能を利用することができる機能です。
リサーチャー、根本原因分析、革新トレンド分析など利便性の高いGoldfireの機能を、使い慣れたWebブラウザから使うことができます。

Goldfireが提供する環境は、

  • イントラネット上の社内文書・外部webサイトから検索可能な知識ベースを作成するためのユーザー知識ベース構築機能
  • 特許情報、IEEEやPubMed/MEDLINEの文献など、豊富なコンテンツから構成される、インベンション・マシン社が提供する知識ベース
  • 各種リサーチ支援ツールと問題を分析する各手法
  • 課題解決のためのリサーチや問題分析、解決策の探索や評価選択のプロセスを記録し、社内の知見として共有・再利用できるコラボレーション機能

が有機的に結びついて実現されています。

各機能の詳細については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/inventionmachine/

Goldfire 関連イベント

Invention Machine ユーザーカンファレンス2011<参加無料>

最新バージョン6.6Jの新機能を詳しくご紹介いたします。製品/技術イノベーションの推進に取り組んでいらっしゃる方や、最新の問題解決手法にご興味をお持ちの方なら、どなたでもご参加いただけます。

  • 11月17日(木) 東京会場
  • 11月18日(金) 名古屋会場

詳細およびお申し込み

http://www.cybernet.co.jp/inventionmachine/seminar_event/conf2011/

Goldfire ご紹介 / 体験セミナー<参加無料>

Goldfireのリサーチ/問題分析機能や多彩な知識ベース、そして独自のセマンティック検索技術を実際に体験できる、少人数制のセミナーです。

  • 東京会場:定員15名
    2012年01月27日(金)
  • 名古屋会場:定員10名
    2011年11月24日(木)、2012年01月24日(火)
  • 大阪会場:定員10名
    2011年11月25日(金)、2012年01月25日(水)

詳細およびお申し込み

http://www.cybernet.co.jp/inventionmachine/seminar_event/seminar/trialsem.html

2011特許・情報フェア&コンファレンス

「小間番号66」のブースで出展いたします。Goldfireのデモンストレーションをご覧いただけます。

  • 開催日時:11月9日(水)〜11日(金)
  • 開催場所:科学技術館(東京・北の丸公園)

詳細

http://www.business-i.net/event/pif/

インベンション・マシン社について

Invention Machine Corporationは、製造業におけるイノベーションとアイディア創造を促進させる企業向けソフトウェアおよびソリューションを提供するリーディング企業です。
世界の製造業を代表する1,200社以上の企業が、より高い研究開発効果・製品ライフサイクル全体のプロセス改善・革新的な製品の市場投入を求めて、10年以上に渡り同社のソリューションを活用しています。
米国マサチューセッツ州ボストンの本社の他に英国・フランス・ドイツに営業拠点を持ち、2007年3月には東京にもオフィスを開設しました。
詳細は下記Webサイトをご覧ください。

http://www.invention-machine.com/

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、ビジネスプロセスの効率化を実現する各種ソフトウェアの提供や、個人情報や秘密情報などの漏洩・不正アクセス対策、データのアーカイブと保護、認証強化などでクライアントPC・サーバのセキュリティレベルを向上させるITソリューションの提供をしております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/
※CAE(Computer Aided Engineering):「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献する。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

アドバンスドソリューション事業部 イノベーションソリューション室/田端
TEL:03-5297-3269 E-MAIL:Goldfire-info@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/渡辺
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp