HOME

国内最大級のCAE分野のイベント「2011 Japan ANSYS Conference」を開催

2011年8月23日

本イベント初!基調講演に東京大学 西成 活裕様、株式会社リコー エンジニアリングセンター 佐藤 敏明様を招聘いたします。ユーザー様事例や最新バージョン情報など、その他のコンテンツも充実!

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、ホテル グランパシフィック LE DAIBAにて、10月6日(木)、7日(金)に「2011 Japan ANSYS Conference」をアンシス・ジャパン株式会社と共同で開催いたします。

本イベントは、当社取り扱い商品「ANSYS(アンシス)」(※1)のユーザー様や、ご購入検討中、もしくは興味をお持ちの方を対象に毎年開催しているもので、参加登録数は約2,000名(※2)と予想されております。一昨年、昨年に引き続き、CAEに特化したイベントでは国内最大級のイベントになる見込みです。


今年は「Engineering the System」をテーマとしました。
複雑を極める今日のものづくりでは、個々の部品やコンポーネントにおいても、システム全体に与える影響を考慮して開発することが求められています。本イベントでは、個々の要素解析技術からそれらを組み合わせた統合的なシステム解析技術まで、ANSYS社だけが実現できる最先端のシミュレーション技術を紹介します。

また、1987年に開催された「ANSYSユーザーミーティング」から25回目を迎える今回は、新たな試みとして基調講演に外部講師を招聘いたします。東京大学 西成 活裕様、株式会社リコー エンジニアリングセンター 佐藤 敏明様にご登壇いただき、例年の基調講演とは一味違った内容を提供してまいります。
さらに、毎年ご好評いただいている各業界のユーザー様からの事例発表はもちろん、主催社の最新技術情報の発表、展示コーナー、体験セミナー、スポンサー様による最先端の製品展示など、今年も豊富な内容を用意しております。

ANSYSをご利用の方はもちろん、今後CAEを活用したいとお考えの方にも満足いただけるよう、スタッフ一同努力してまいります。この機会に是非ご参加ください。

開催概要

日時 [1日目] 2011年10月6日(木) 9:30〜18:05 (受付開始 9:00〜)
[2日目] 2011年10月7日(金) 10:00〜17:50 (受付開始 9:15〜)
会場 ホテル グランパシフィックLE DAIBA
主催 サイバネットシステム株式会社、アンシス・ジャパン株式会社
お申し込み Webサイトにて事前登録制
参 加 費 無料
URL

http://www.event-info.com/2011jac/

主な見どころ

東京大学 西成活裕様、株式会社リコー テクノロジーセンター 佐藤敏明様による基調講演

ANSYS Conference 初の試みとして、基調講演に外部講師を招聘いたします。一つは、「渋滞学」をはじめとした多くの著書やテレビ、ラジオ、新聞などのメディアで活躍されている東京大学 西成活裕様によるご講演です。もう一つはユーザー様による基調講演として、長年にわたり「作らずに創る」をコンセプトにした開発プロセス改革を行い、大きな成果を上げておられる株式会社リコー テクノロジーセンター 佐藤敏明様にご登壇いただきます。

【基調講演】
東京大学 
先端科学技術研究センター 教授 西成 活裕 様
「ものづくりの渋滞と数学的発想」

【ユーザー様基調講演】
株式会社リコー テクノロジーセンター
品質本部 副本部長 兼務
デジタルエンジニアリングセンター 所長 理学博士 佐藤 敏明 様
「リコーの設計改革 〜専門家やコンサルタントの言うことは私たちを幸せにするか?〜」

近日リリース予定のANSYS Release 14.0新機能をはじめ、最新情報をいち早く提供

ANSYS社のVice President, World Wide Sales & Support であるJoe Fairbanksやプロダクトマネージャが来日し、今後の企業戦略や開発ロードマップについて語ります。また、近日リリースが予定されている最新バージョンの新機能についても、ANSYS社および主催社技術スタッフが発表を行います。

ユーザー様による事例発表をはじめとした、様々な活用術が集結

講演会場では、自動車、電気・電子、機械・精密、エネルギー等、様々な業界でANSYSをご利用中のユーザー様より、具体的な解析事例をご発表いただきます。また、サイバネットからは、カスタマイズ機能を含めたANSYS使いこなしのテクニックをテーマ別に紹介します。

CAE初心者向けの講演や、お悩み別のソリューション展示など、その他のコンテンツも充実

ANSYS未導入の方やCAE初心者の方向けのトラック(2日目)を用意しました。株式会社図研 栗崎 彰様による入門講座「設計者向けCAEのススメ」を予定しているほか、各種製品をコンパクトに紹介いたします。 また、Workbenchの操作性のよさを実感できる体験セミナーや、お悩み別に解決策を提案する技術者展示など、さまざまなコンテンツを用意いたします。事例発表とあわせて、ぜひご活用ください。

詳細情報

関連情報

2003年〜2010年のJapan ANSYS Conference発表事例は、『ANSYS Conference発表資料』より検索・ダウンロードしていただけます。2011 Japan ANSYS Conferenceの発表事例も、12月以降に順次公開していく予定です。

http://www.cybernet.co.jp/ansys/case/conference/ 

注釈

※1:ANSYS(アンシス):
米アンシス社によって開発された、有限要素法を主体とした汎用解析ツール。構造解析をはじめ熱・電磁場・流体などの各種解析やそれらを組み合わせた連成解析ができる。航空宇宙・自動車・機械・電機・医療工学など広範な分野において、世界中の企業・官公庁・教育機関で利用されている。サイバネットは過去30年以上にわたり、国内におけるANSYSの販売実績を持つ。
※2:2010 Japan ANSYS Conferenceにおける参加登録者数実績より推定。

アンシス・ジャパン株式会社について

アンシス・ジャパン株式会社(ANSYS Japan K.K.)は、米国ANSYS, Inc.100%出資の日本法人です。ANSYS, Inc.のCFDソフトウェアを日本で販売し、あわせてサービス、サポート体制を確立するために設立されました。また2008年にANSYS, Inc.がAnsoft社を買収したことに伴い、2010年10月にAnsoft社のソフトウェアの国内直接販売・サポートを手がけるアンソフト・ジャパン株式会社と統合されています。
アンシス・ジャパン株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.ansys.jp/


サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、ビジネスプロセスの効率化を実現する各種ソフトウェアの提供や、個人情報や秘密情報などの漏洩・不正アクセス対策、データのアーカイブと保護、認証強化などでクライアントPC・サーバーのセキュリティレベルを向上させるITソリューションの提供をしております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/


本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

製品および本リリースの内容について

メカニカルCAE事業部 マーケティング部/新留、宮本
TEL:03-5297-3208 E-MAIL:anssales@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/渡辺
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp