HOME

歯科用ビューワ「DentistVision」インプラント機能強化版の販売開始のお知らせ

2011年3月25日

インプラント埋入シミュレーション機能を大幅強化!
サージカルガイドシステムとの連携も可能に!

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、自社が開発し、販売・サポートする歯科用ビューワ「DentistVision(デンティストビジョン」のインプラント機能を強化した上位版である「DentistVision Professional(デンティストビジョン プロフェッショナル)」(以下Professional版)の販売を2011年3月25日より開始することをお知らせいたします。なお、出荷開始は2011年3月28日の予定です。

近年、インプラント治療の増加や歯科用CTの普及などに伴い、歯科領域においても従来のX線写真だけではなく、CT画像を利用することが増えてきました。3次元画像として観察することでより多くの情報が得られるようになり、インプラント治療、矯正治療、歯周病治療などにおいて大きな役割を果たしています。

DentistVisionは、CT撮影で得られたDICOM(※1)データを直接読み込み、自由自在な斜断面生成や2D/3D距離計測、マルチビューによる2D/3D同時観察などが可能な歯科用DICOMビューワです。低価格でこれらの機能をノートパソコン上でも実現できることから、2009年に「いつでも、どこでも簡単に!」使える本格歯科ビューワとして発売以来、多くの歯科医や研究者などに、状態観察やシミュレーション、インフォームドコンセント、教育などの目的で活用されてきました。

今回販売を開始するProfessional版は、マルチスライス表示およびマルチスライス表示画面上での下顎管編集機能、より詳細なインプラント形状設定、複数インプラント体(※2)の設定・管理機能など、インプラント埋入シミュレーションのための機能に特化して強化いたしました。
これらの機能強化によって、サージカルガイドシステム(※3)との連携や、インプラント挿入手技の事前シミュレーション、教育などを支援します。

Professional版に追加された主な機能

マルチスライス表示

  • 任意斜断面近傍での等間隔の断面を表示することができます。設定したインプラント体や下顎管強調表示も合成表示されるので、インプラント体と下顎管の位置関係の把握が容易です。
  • 断面生成の方向は、アキシャル、サジタル、コロナル、任意斜断面から選択することができ、断面間隔や表示枚数も選択可能です。
  • マルチスライス表示画面上で下顎管の描画もできるため、下顎管の設定がより簡単に行えます。

インプラント形状の設定

専用データベースに登録されたインプラント体を選択することで、詳細なインプラント形状を設定することができます。表示されるインプラント体は、ダイアログで選択することができます。

複数インプラント管理

複数箇所のインプラント埋入シミュレーションを行えるように、複数のインプラント体を同時に扱えるようになりました。
シミュレーションしたインプラント体の方向、形状などを複数登録可能です。また、プロジェクトとしてファイルに保存することができるため、いつでも再現が可能です。

動作環境

CPU Core2Duo 以降のインテル社製プロセッサ
OS WindowsXP Professional(SP2以降)、WindowsVista、Windows7
ディスプレイ 1280 x 1024 ドット以上 TrueColor(32ビット)

価格

  • DentistVision Professional 新規ライセンス価格: 299,250円(税込み)
  • DentistVision からProfessionalへのアップグレード価格: 196,350円(税込み)

DentistVision Professionalの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/medical-imaging/products/dentist-pro/

注釈

※1:DICOM(ダイコム):
Digital Imaging and COmmunication in Medicineの略で、CTやMRIなどで撮影した医用画像の保存や通信に用いられている世界標準規格。
※2:インプラント体:
インプラント治療で用いられる人工歯根のこと。歯科インプラントは天然歯と良く似た構造をしており、歯冠部と歯根部から構成されている。
※3:サージカルガイドシステム:
歯科インプラントの埋入手術の際にドリルの挿入位置、方向や深さを規定するための手術用テンプレートであるサージカルガイドを作成するためのシステム。

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、ビジネスプロセスの効率化を実現する各種ソフトウェアの提供や、個人情報や秘密情報などの漏洩・不正アクセス対策、データのアーカイブと保護、認証強化などでクライアントPC・サーバのセキュリティレベルを向上させるITソリューションの提供をしております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/
※CAE(Computer Aided Engineering):「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献する。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

アドバンスドソリューション事業部 ビジュアリゼーション部
TEL:03-5297-3819 E-MAIL:med-info@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/渡辺
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp