HOME

簡単可視化ソフト「MicroAVS」の最新バージョンVer.14販売開始のお知らせ

2010年12月10日

可視化データベース機能搭載で再利用環境を実現
可視化作業の再現性を高め作業効率アップを強力に支援

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、当社が開発・販売・サポートする3次元可視化ソフトウェア「MicroAVS(マイクロエーブイエス)」の新バージョンVer.14の販売を2010年12月10日より開始することをお知らせいたします。なお、出荷開始は2011年1月26日の予定です。

MicroAVSは、当社開発の3次元可視化ソフトウェアで、可視化初心者でも簡単に扱える操作性が特徴です。データのポスト処理を専門とする製品で、コンピュータシミュレーションで得られた解析データや実験・計測データなどを、簡単インターフェースで3次元可視化表示に加え、3次元の動画にして表示することができます。流体解析や構造解析をはじめとして、材料、気象、天文、宇宙、土木、建築、環境、医療など多くの分野で使われていることから、汎用性が高く、国内6,000本を越える販売実績があります。

MicroAVSは、アプリケーション※1に、データファイルの場所、使用した可視化メソッド、設定したパラメータなどの情報を保存することによって、可視化作業を保存・再現する機能を提供しています。しかし、これまでは過去に保存したデータを使用(再利用)するにあたり、保存したアプリケーションが探せなかったり、何のための可視化だったか覚えていなかったりなど、十分に再利用されていませんでした。また、可視化結果画像ファイルのみが残っていて、どういう条件で可視化した結果なのかがわからず再現できないなどの問題がありました。

今回のバージョンアップでは、新機能のアプリケーションマネージャによって、可視化情報を管理することができるようになりました。また、可視化結果の画像を保存する際に可視化のための情報を埋め込むことにより、可視化結果画像ファイルから可視化を再現することが可能となりました。これらの機能により、可視化のデータベース(テンプレート)化と再利用を促進します。
その他、マルチスレッド化による処理の高速化、インターフェースの改良など、様々な機能の拡張・強化により、再現性が高く効率的な可視化環境を提供いたします。


アプリケーションマネージャ

主な機能強化

再現性・効率性を促進する可視化データベース機能

アプリケーションマネージャ

可視化結果のスナップショットと、ユーザーが任意に記述できるタイトルおよび詳細コメントをセットで保存できます。保存したアプリケーションは専用ビューワーで一覧表示が行えます。タイトルや更新日時等でソートもでき、選択したアプリケーションは大きなスナップショットと詳細なテキストで内容を確認できます。そのままワンボタンでMicroAVSを起動、そのアプリケーションを再現できます。可視化のテンプレートとして保存し、ファイルを読み替えて使うこともできます。
過去に作成した可視化アプリケーションを一元管理・抽出できる、ユーザー独自の「可視化のデータベース(テンプレート)」を構築できます。

可視化結果画像への可視化情報タグ埋め込み

PNG形式の画像に可視化情報(日付・パラメータ・データファイルの内容等、またはアプリケーションファイル(Vファイル)そのもの)をタグとして埋め込みます。専用ツールを使って、PNG画像からのMicroAVS起動も可能です。

インターフェースの改良による作業効率アップ

マウスホイールによる拡大・縮小、ラバーバンド拡大

表示窓上でのマウスホイール回転を「拡大・縮小」に割り当てました。また、マウスドラッグで矩形選択することにより選択範囲を拡大するラバーバンド機能も追加しました。より直感的で効率的なオブジェクト操作が可能となりました。


マウスによるオブジェクト操作の拡張

マウス右クリックメニューの拡張

表示窓上でのマウス右ボタンクリックメニューが拡張され、現在使用中の可視化オブジェクトの一覧が表示されるようになりました。パラメータを変更したい可視化オブジェクトを選択すると、対応するパラメータパネルがその場にポップアップします。
これまでの、パラメータ表示エリアと表示窓との間のカーソル移動によるマウス操作の負担が大幅に軽減されます。


右クリックメニューからのパラメータ表示

その他の機能追加

可視化処理の高速化(※Pro版のみ)

レンダリング処理をマルチスレッド化することにより、表示速度を改善します。

データ参照機能の強化

数値表示機能が拡張され、時系列方向のデータ参照、出力が可能になりました。データ解析などに役立ちます。

UCDクロップ拡張(範囲内クロップ)

これまでは、指定範囲の中だけを残すクロップのみ可能でしたが、逆に指定範囲外を残すクロップが可能となりました。


UCDクロップ拡張

動作環境

  • Windows XP (x86-32 / x86-64)
  • Windows Vista (x86-32 / x86-64)
  • Windows 7 (x86-32 / x86-64)

価格

標準価格

  • MicroAVS Professional Edition (Pro版) 155,400円(税込み)
  • MicroAVS Standard Edition (Standard版) 102,900円(税込み)

バージョンアップ価格

  • Ver.13 Pro版からVer.14 Pro版 31,500円(税込み)
  • Ver.13 Standard版からVer.14 Standard版 31,500円(税込み)
  • Ver.13 Standard版からVer.14 Pro版 84,000円(税込み)

※現在お持ちの製品のバージョンによって、バージョンアップ価格が変わります。
詳しくはWebサイト、もしくは下記お問合せ先までご連絡ください。

MicroAVSの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.kgt.cybernet.co.jp/feature/microavs/

注釈

※1:アプリケーション:
MicroAVS上で現在行っている可視化作業のこと。「アプリケーションの保存」機能を使ってファイルに保存し、後日、「アプリケーションの読み込み」機能で可視化作業を再現することができる。保存されたファイルは、”.V”の拡張子を持つため通称「Vファイル」と呼ばれる。

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、ビジネスプロセスの効率化を実現する各種ソフトウェアの提供や、個人情報や秘密情報などの漏洩・不正アクセス対策、データのアーカイブと保護、認証強化などでクライアントPC・サーバのセキュリティレベルを向上させるITソリューションの提供をしております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/
※CAE(Computer Aided Engineering):「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献する。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

アドバンスドソリューション事業部 ビジュアリゼーション部
TEL:03-5297-3799 E-MAIL:avs-info@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/野口・渡辺
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp