HOME

ワークスタイルに革新をもたらすCheck Point Abra 販売開始のお知らせ

2010年11月10日

Abra USB メモリで、オフィス環境をポケットに。
Windows PCデスクトップ環境の安全な仮想作業空間を実現。

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(以下「チェック・ポイント」)が開発した、オフィス外でも安全な仮想Windows PCデスクトップの作業空間を実現する、Check Point Abra(チェック ポイント アブラ(以下「Abra」))の販売を2010年11月10日より開始することをお知らせいたします。

近年、働き方の多種・多様化により社外や自宅で仕事をする人が増加しており、場所やPC環境を問わずにどこからでも社内ネットワーク上のデータにアクセスする必要性が高まっています。そこで使用するPCは、企業・組織の管理下にあるPCから自宅や外出先にあるPCに至るまで、多岐に渡ります。そのため、PCの紛失・盗難やファイル共有ソフトウェアの利用による情報漏えい、ウイルス感染など、重大なセキュリティ・リスクが伴います。
しかしながら、企業・組織は、どのような状況下にあるPCからでも安全に社内ネットワークにアクセスでき、多種多様な働き方を実現できる環境を求めています。

Abraは、このような企業・組織内ネットワークへの安全なアクセス手段を高いコスト・パフォーマンスで提供するソリューションです。自宅や外出先にあるWindows環境のPCにAbra USB メモリを挿入して認証情報を入力するだけで、即座に企業・組織デスクトップ環境を実現します。

Abraの主な特徴は、USBメモリだけでリモートアクセス環境が実現できるため、重くて高価なノートPCや業務ファイルを持ち歩く必要がありません。そして、企業・組織のセキュリティポリシーに合わせて、セキュリティ環境を柔軟に設定できます。ハードウェアの暗号化にはAES256bitを採用しており、設定を加えれば、社内ネットワークから取り込んだファイルは暗号化されたUSBメモリに格納されるため、オフラインで安全に作業を続けることもできます。また、使用したPCには一切の記録・痕跡が残りません。
サイバネットは、Abraを使用した新しい働き方をお客様に提案してまいります。


Abraが含まれるUSBフラッシュ・
メモリ・ドライブ


オフィス環境をポケットに 〜安全な仮想作業空間を提供

AbraはソフトウェアのインストールやPCの再起動なしにプラグ・アンド・プレイで利用することができます。ホストとなる PC にAbra USB メモリを挿入して認証情報を入力するだけで起動するので、仮想作業空間を立ち上げるために面倒な作業を行う必要がありません。

また、利用者が保存した機密データを確実に保護するため、Abra にはさまざまな先進のセキュリティ機能を搭載しています。蓄積されたデータや使用中のデータは、ハードウェアおよびソフトウェア暗号化によって保護されます。プログラム制御機能は Abra で実行するアプリケーションを管理し、不正なアプリケーションの使用による企業・組織内ネットワークへのマルウェアの侵入を阻止します。さらに、Abra の作業セッションは仮想化技術によってホスト PC から隔離されるため、機密データを保護し、データ流出を防ぐことが可能です。

Check Point Abra の主な機能

安全な仮想作業空間
Abra の仮想化技術は仮想作業空間をホスト PC から隔離することにより、Abra とホスト PC 環境を強制的に切り離します。ホスト PC へは一切書き込みを行わないため、セッションの痕跡やデータがホスト PC に残ることはありません。

標準的なWindowsユーザ環境
Abra の安全な仮想作業空間は標準的な Windows ユーザ環境を採用しているため、ユーザはすぐに操作を習得し簡単に使いこなすことができます。


ファイル転送の制御
Abraの安全な仮想作業空間とホストPCのユーザ環境間のファイル転送は、セキュリティ・ポリシーに従って厳格に制御されます。

アプリケーション制御
アプリケーションおよびプログラムの実行と使用は、セキュリティ・ポリシーに従って厳格に制御されます。安全な仮想作業空間内で実行できるのは事前に承認されたアプリケーションだけですので、マルウェアなどの脅威がインストールされることを阻止することができます。また、保護された環境内で実行されているアプリケーションからの印刷もブロックできます。

強力なユーザ認証
パスワードの強度要件を定義できるほか、証明書やトークンを利用したマルチ・ファクタ認証もサポート。ログイン時には仮想キーボードを使用することで、キーロガーによるパスワードのキャプチャを防ぐことが可能です。

VPN接続機能の統合
Abraの高機能なVPNクライアントを使用して企業・組織ネットワークなどのオンライン・リソースに暗号化された通信を行った上で接続し、いつでも重要なファイルやアプリケーションにアクセスできます。

集中管理
Abra はチェック・ポイントの SmartDashboard と完全統合されているため、チェック・ポイントのゲートウェイを介してポリシーの管理やアップデートを集中管理することができます。例えば、認証やコンプライアンスのスキャン・ルール、VPN 設定、ソフトウェア・アップデートの配布を集中的に行うことが可能です。パスワードの復元も行えるため、パスワードを忘れたために業務が行えなくなるといった事態も防ぐことができます。

多言語表示対応
Abraは日本語・英語・中国語の3ヶ国語での表示に対応しています。

リモートアクセス・パッケージ

Abraのリモートアクセス機能を利用する場合、チェック・ポイントのセキュリティ・ゲートウェイが必要です。
サイバネットではAbraの機能を最大限に活用するための、リモートアクセス・パッケージをご用意いたしました。本パッケージを購入いただくとCheck Point UTM-1アプライアンス、導入支援サービスをご提供いたします。Abraの利用に最低限必要な設定を施したCheck Point UTM-1をお届けしますので、お客様の導入負荷を軽減いたします。


Check Point UTM-1


価格

4GB 税込み 23,100円(税抜き 22,000円)
8GB 税込み 33,600円(税抜き 32,000円)

※リモートアクセス・パッケージの価格および詳細については、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

 

サイバネットシステム株式会社 IT事業部 営業部
TEL: 03-5297-3487
Email: itdsales@cybernet.co.jp

チェック・ポイント(Check Point Software Technologies Ltd.社)について

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は、インターネット・セキュリティにおけるトップ企業として、特にネットワーク、データ、およびエンドポイントのトータル・セキュリティを単一の統合管理フレームワークで提供できる唯一のベンダーとして広く認められています。チェック・ポイントは、セキュリティの複雑さと総所有コスト(TCO)を低減しつつ、あらゆるタイプの脅威からお客様のネットワーク環境を確実に保護するための妥協のないセキュリティ機能を実現しています。チェック・ポイントは、FireWall-1 と特許技術のステートフル・インスペクションを開発した業界のパイオニアです。2009年には、新たな革新的セキュリティ技術として Software Blade アーキテクチャを開発しました。Software Blade アーキテクチャは、導入先にあわせカスタマイズすることで、あらゆる組織、あらゆる環境のセキュリティ・ニーズにも的確でダイナミックに対応できる、安全かつ柔軟でシンプルなソリューションの構築を可能にします。チェック・ポイントは、Fortune 100 社の全社を含む、何万ものあらゆる規模の企業や組織を顧客としています。数々の受賞歴のあるチェック・ポイントの ZoneAlarm ソリューションは、世界中で何百万にも及ぶお客様の PC をハッカー、スパイウェア、および情報窃盗から未然に保護しています。
詳細は下記Webサイトをご覧ください。
http://www.checkpoint.co.jp/

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、ビジネスプロセスの効率化を実現する各種ソフトウェアの提供や、個人情報や秘密情報などの漏洩・不正アクセス対策、データのアーカイブと保護、認証強化などでクライアントPC・サーバのセキュリティレベルを向上させるITソリューションの提供をしております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/
※CAE(Computer Aided Engineering):「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献する。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

IT事業部 ビジネス推進室/田邊・谷本
TEL:03-5297-3487 E-MAIL:itdsales@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/野口・渡辺
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp