HOME

当社AR(拡張現実)システムを、集英社の女性向けファッション誌「SPUR」が、PC版とiPhone版で採用

2010年9月10日

表紙が動く!誌面には掲載していない新たな情報が見える!集英社発行のモード誌「SPUR」で初のマーカーレス方式AR(拡張現実)(※1)を使った付加価値情報サービスが開始されます。PC及びiPhoneのどちらでも楽しめます。

サイバネットシステム株式会社(東証第一部、本社:東京都、資本金:9億9,500万円、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、metaio GmbH社(本社:ドイツ、CEO:トーマス・オルト、以下「metaio(メタイオ)」)が開発し、当社が販売・サポートするARエンジンを利用したシステムが、株式会社集英社(以下「集英社」)発行の雑誌「SPUR」(シュプール)のARコンテンツ企画に採用されたことをお知らせいたします。9月11日発売の増刊「SPUR pink」(シュプールピンク)と、9月22日発売の「SPUR」(11月号)より実施されます。

同誌のARコンテンツは、WebカメラやiPhoneのカメラを表紙や誌面にかざすと、動画を再生したり、通常の誌面では表現できない3D画像など、読者に誌面の枠を超えたお得な情報をお届けすることができます。SPURの年間企画では、毎月新たに企画されるコンテンツが、購読者の楽しみの一つとなります。

同誌のARコンテンツをお楽しみいただくには「SPUR」のAR専用WEBページから、PC版またはiPhone版のアプリケーションをダウンロードする必要があります。 http://www.spur-ar.jp/

サイバネットは、ARシステムの開発からコンテンツ制作まで一貫したソリューションを提供します。今後も、業界を問わずいろいろなシーンでAR技術を使ったツールの導入を目指してまいります。


「SPUR pink」 9月11日発売号 表紙

ARソリューション概要

マーカーレス方式の採用

metaioの画像認識は、矩形のついた、いわゆるQRコードのようなマーカー認識と、印刷物などデザインそのものをマーカーとするマーカーレス認識、更に発展して、3次元の物体そのものを認識できる3Dマーカーレストラッキングがあります。今回のSPUR×AR企画では、マーカーレス認識を採用しています。マーカーレスの特徴は、既存のものをマーカーとして使いたい、オリジナルのデザイン性を重視したい、といった要望に応えることが可能です。

レンダリング(※2)技術

iPhoneアプリにおいては、機能拡張ためmetaioの持つ技術と併せて、株式会社インタラクティブブレインズ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:新妻 桂)独自のレンダリング技術を採用しています。両社の技術を融合することにより、metaioのモバイルARの表現力が向上されました。既出のスマートフォン向けARにはない表現を実現可能にしました。
株式会社インタラクティブブレインズの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.ibrains.co.jp/

SPUR×AR」の利用方法

「SPUR×AR」の使い方

  1. PC版もしくはiPhone版のアプリ「SPUR×AR」をダウンロードします。
  2. インストールした「SPUR×AR」のアプリを立ち上げます。
  3. カメラをSPUR本誌のAR対応ページにかざします。
  4. SPUR本誌のページには載っていない画像や動画などのデジタルコンテンツが表示されます。

metaio製品の詳細については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/r/ar-vr/

注釈

※1:AR(Augmented Reality=拡張現実):
実写や動画などの現実の世界に、コンピュータで作成されたCGなどのデジタル情報を組み合わせたり、重ね合わせたりすることで、その場には存在しないもののイメージを拡張させ、現実世界の理解を高める効果を持つ技術。
※2:レンダリング:
データとして与えられた、物体や図形などの情報を演算することにより、画像を生成し表示させること。

metaio GmbH社について

2003年、ドイツのミュンヘンに設立されたAR技術の開発・販売の専業ソフトウェア会社。欧州自動車会社(フォルクスワーゲン社)の技術者がスピンオフしてできた会社。欧州の主要な自動車メーカー向け製造ライン設計やインテリア家具メーカーシミュレーションシステム、KIOSK端末など、産業分野向けに多数の導入実績があり、AR分野におけるリーディング・カンパニーの一社です。
metaio GmbH社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.metaio.com/

インタラクティブブレインズ社について

株式会社インタラクティブブレインズは、2001年に創業した携帯コンテンツ開発会社です。携帯コンテンツ草創期より、ゲームの企画開発を行い、世界初の携帯3Dゲーム『リッジレーサー』を開発いたしました。さらに3Dコンテンツ開発のノウハウを生かし、サーバサイド3Dレンダリングシステム、3Dアバターシステムの開発などを行っています。また、画像認識・画像描画技術を生かして、AndroidやiPhoneなどスマートフォン上でのAR(Augmented Reality)技術の開発も行っています。今後も、独自技術の投入により、クラウド連動や端末センサー連動を生かした新たな革新的AR表現を追及していく予定です。
インタラクティブブレインズ社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.ibrains.co.jp/

サイバネットについて

サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計、汎用可視化処理、医用画像処理など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、ビジネスプロセスの効率化を実現する各種ソフトウェアの提供や、個人情報や秘密情報などの漏洩・不正アクセス対策、データのアーカイブと保護、認証強化などでクライアントPC・サーバーのセキュリティレベルを向上させるITソリューションの提供をしております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/


※CAE(Computer Aided Engineering):「ものづくり」における研究・開発時に、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献する。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

製品および本リリースの内容について

アドバンスドソリューション事業部 ビジュアリゼーション部/田辺
TEL:03-5297-3799 E-MAIL:cnc-info@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/野口・渡辺
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp