HOME

Bluespecの高位合成ツールセットをパナソニック社が採用

2010年3月25日

〜システムLSIの設計・検証にBluespecを採用〜

 サイバネットシステム株式会社(東証第一部、本社:東京都、資本金:9億9,500万円、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、Bluespec社(本社:マサチューセッツ州ウォルサム、CEO:チャーリー・ホーク、以下「ブルースペック社」)が開発し、サイバネットが販売・サポートするEDAツールセット「Bluespec(ブルースペック:※1)」を、パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、以下「パナソニック社」)が高位合成ソリューションとして採用したことをお知らせいたします。

 パナソニック社の戦略半導体開発センターに、フルセットライセンスで設置されたBluespecは、同社の携帯電話やホームAVなど幅広いデジタル家電の開発に採用されるUniPhier(ユニフィエ:※2)プラットフォームをはじめとするシステムLSIの上流設計・検証に利用されます。

パナソニック社のコメント
藤川 悟氏 (戦略半導体開発センター 所長)

 「Bluespec は独自言語を採用していることがポイントです。言語仕様に込められた思想を正しく理解するまでは苦労しますが、その代わり習得した場合の見返りは期待値を満たすものでした。
 これを弊社のシステムLSI開発に当てはめると、従来のRTL(Register Transfer Level)と同等以上の性能を保ちながらも、設計者の思考はRTLよりも高位に持ち上げられると期待しています。」

サイバネットのコメント
溝口 陽一 (取締役執行役員 アドバンスドソリューション統括部 統括部長)

 「今回は、パナソニック社では設計の抽象度と並列性に重点を置いてBluespecの評価がなされました。Bluespecはその要求に応え得る一つの解として採用していただいたと認識しています。パナソニック社戦略半導体開発センターに採用していただいた事実は、大規模化・複雑化を続けるシステムLSI開発の設計効率の向上にBluespecが貢献できるという我々の自信をより一層深めることになりました。」

ブルースペック社のコメント
Charlie Hauck氏 (CEO)

 「パナソニック社における評価では、複雑な制御論理回路の高位合成をサポートするBluespec独自のテクノロジーに注目していただきました。このテクノロジーは、Bluespecがモデリング・検証・実装のそれぞれの工程における高位合成をサポートする汎用性を高めるものです。
 パナソニック社のような一流技術を持つ企業が、同社の最先端のUniPhierプラットフォームを含むSoC開発のためにBluespecの高位合成ソリューションを選んでくださったことを大変名誉に思います。」

 Bluespecの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
 http://www.cybernet.co.jp/bluespec/

注釈

※1:Bluespec(ブルースペック)ツールセット:
Bluespecは、LSIのモデリングからソフトウェアプロトタイピング・シミュレーション・インプリメント・検証を行うことができる「EDA(Electronic Design Automation)ツールセット」である。現在のLSI設計の主流であるRTL設計フローの前段階に、電子システムレベル(Electronic System Level)のEDAツールセットBluespec SystemVerilogを使用することによって、モデリングから検証完了までの開発期間を、従来の半分以下に低減することができる。
※2:UniPhier(ユニフィエ):
デジタル家電統合プラットフォーム UniPhier(Universal Platform for High-quality Image Enhancing Revolution)。パナソニック社が開発した種々のデジタル家電(ホームAV用/パーソナルAV用/携帯電話用/カーAV用)を横断的に統合する開発プラットフォームのこと。UniPhierは、パナソニック株式会社の登録商標です。

ブルースペック社について

 ブルースペック社は、MIT(マサチューセッツ工科大学)によるアトミックトランザクションをLSI設計に適用する技術を基にした2003年創業のEDAソリューションプロバイダで、欧米では大手半導体ベンダや大手電子機器メーカなど数多くの採用実績があります。詳細は下記Webサイトをご覧ください。
 http://www.bluespec.com/

サイバネットについて

 サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
 電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電子回路設計など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
 また、ビジネスプロセスの最適化を実現する各種ソフトウェアの提供やマルチメディアWeb会議システムの実施、個人・企業情報の保護を図るPCセキュリティ管理など、企業活動の高度化に寄与するITソリューションの提供をしております。
 サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、当社Webサイト(http://www.cybernet.co.jp/)をご覧ください。
※CAE(Computer Aided Engineering):「ものづくり」における研究・開発工程において、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献する。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

アドバンスドソリューション統括部 新事業推進室/江頭、吉井
TEL:03-5297-3247 E-MAIL:bluespec@cybernet.co.jp

報道の方は

広報・IR室/野口、田端
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

以上