HOME

3次元ダイレクトモデラー「SpaceClaim」
新バージョンリリースのお知らせ

2009年11月19日

〜Windows7やマルチタッチ機能に対応!
シミュレーションのためのモデル解析準備機能を強化〜

 サイバネットシステム株式会社(東証第一部、本社:東京都、資本金:9億9,500万円、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、米国SpaceClaim社(本社:マサチューセッツ州、以下「スペースクレイム社」)の製品である「SpaceClaim(スペースクレイム)」の新バージョン「SpaceClaim 2009+ (プラス)」の販売を、2009年11月19日から開始することをお知らせいたします。

 SpaceClaimは、直感的な操作環境と各種CADとのダイレクトなデータ連携ならびに汎用FEM連成解析ツールANSYS(アンシス、※1)との高い親和性などにより、上流工程のコンセプトデザイン環境やコンカレント・エンジニアリング(※2)業務を改善する3次元ダイレクトモデラーです。主に機械系設計・生産プロセスでの3次元モデルの利用が促進され、既存のフィーチャーベース3次元CADによる詳細設計工程や設計変更にかかる工数を短縮することができます。

 新バージョンSpaceClaim 2009+は、Windows7やマルチタッチ対応をはじめ、解析準備のための機能をより使いやすくすると共に、モデリングの高速化を図ることで開発期間を短縮します。

SpaceClaim 2009+ の主な特徴

ダイレクトモデリング機能

  • ボディ編集ロック機能:意図しない編集・変更を防ぐロック機能(図1)
  • ラウンド作成機能:面−面、面−エッジフィレットなどの複雑な形状部分へのラウンド機能(図2)
  • 面上の分割面操作性向上:面上インプリントの操作性が向上し、3D空間でのコンセプトスケッチが容易
  • その他の機能:サーフェス、パターン、スケッチ、板金機能などの機能強化

図1:ロック機能。ロックをするとツールがグレーになり、ストラクチャーツリーにはカギマークが付く。

図2:ラウンド作成機能。コーナー部付近に凹凸がある場合でも、凹凸に被るようにフィレット(面取り)を作成する。

シミュレーションのためのモデル準備機能

  • 構造設計用ビーム要素作成機能(図3)
  • ビームライブラリのサポート
  • ビーム抽出・変換機能
  • 形状の診断・修復機能
  • ラウンド分割機能
  • ANSYS Workbench 2.0環境との連携強化

図3:構造設計用ビーム要素の作成機能。スケッチをビームとし、断面であるプロファイルを割り当てる。

マルチタッチユーザのサポート機能
  • タッチスクリーン上でのモデリング機能
  • マルチタッチによる高速選択機能
  • マルチタッチジェスチャー機能

※マルチタッチ機能を使用したモデリングの様子が、スペースクレイム社のWebサイトでご覧いただけます。 http://www2.spaceclaim.com/stream/video.aspx?v=multitouch.flv

価格

 SpaceClaim 2009+では、以下のラインナップを用意しています。

  • SpaceClaim Engineer:モデリング機能・図面機能・3次元マークアップ機能等すべての機能を搭載したコア製品です。
    価格:税込み454,650円(税抜き433,000円)
  • SpaceClaim Style:モデリング機能に特化した意匠設計者向けダイレクトモデラーです。
    価格:税込み244,650円(税抜き233,000円)
  • SpaceClaim Educational Edition:教育機関でのご利用を対象とした製品で、1年間の期間ライセンスでのご利用となります。SpaceClaim Engineerと同様の機能が提供されます(一部例外があります)
    価格:税込み5ライセンス183,750円〜(税抜き175,000円〜)ライセンス数によって価格が変動します。
  • ※オプション製品に関しては、下記お問い合わせ先までご連絡ください。

 SpaceClaimの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
  http://www.cybernet.co.jp/spaceclaim/

注釈

※1:ANSYS(アンシス):
当社取扱の、米アンシス社によって開発された汎用FEM連成解析ツール。構造解析をはじめ、熱・電磁場・流体などの各種解析やそれらの連成解析ができる。航空宇宙・自動車・機械・電機・医療工学など広範な分野において、世界中の企業・官公庁・教育機関で利用されている。
※2:コンカレント・エンジニアリング:
製品開発において、開発・設計・生産などのデータを共有して作業を同時並行で進めることにより、品質の向上と開発期間の短縮化を目指すこと。

スペースクレイム社について

 2005年に米国で創業し、2007年に最初の製品であるSpaceClaim2007をリリースしました。経営陣は主要3次元CADメーカー数社の創立や開発実績を持ち、開発責任者はフィーチャーモデリング手法の発明と成功に関わった実績を持ちます。エンジニアリングと製造における3次元データの利用頻度を大幅に拡張し、製品開発を劇的に改良することを目指して活動しています。詳細は同社Webサイト(http://www.spaceclaim.co.jp/)をご覧ください。

サイバネットについて

 サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(※)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
 電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、高周波回路解析、電子回路設計など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
 また、ビジネスプロセスの最適化を実現する各種ソフトウェアの提供やマルチメディアWeb会議システムの実施、個人・企業情報の保護を図るPCセキュリティ管理など、企業活動の高度化に寄与するITソリューションの提供をしております。
 サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、当社Webサイト(http://www.cybernet.co.jp/)をご覧ください。
※CAE(Computer Aided Engineering):「ものづくり」における研究・開発工程において、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上の試作品でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすと共に、様々な問題をもれなく多方面に亘って予想・解決し、試作実験による廃材を激減させる環境に配慮した「ものづくり」の実現に貢献する。

本件に関するお問い合わせ:サイバネットシステム株式会社

内容について

アドバンスドソリューション統括部 新事業推進室/廣瀬、長岡
TEL:03-5297-3295 E-MAIL:scsales@cybernet.co.jp

報道の方は

広報・IR室/野口、田端
TEL:03-5297-3066 E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

以上