HOME

SaaS形式のエンドポイントセキュリティ「Fiberlink」新サービス開始のお知らせ

2009年6月23日

〜サービスラインナップを拡充。モバイル環境・在宅勤務や拠点間ネットワークなど、ニーズに応じたセキュリティソリューションを提供。〜

 サイバネットシステム株式会社(東証第一部、本社:東京都、資本金:9億9,500万円、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、このほど米国Fiberlink Communications Corporation(本社:ペンシルバニア、以下「ファイバーリンク社」)が開発・販売を行っているSaaS形式のエンドポイントセキュリティ「Fiberlink(ファイバーリンク)」の新サービスを2009年7月1日から順次開始することをお知らせいたします。

SaaSによるエンドポイントセキュリティサービスを提供

 Fiberlinkサービスは、企業が管理するパソコン(=エンドポイント:※1)を望ましいセキュリティ状態で維持するために、セキュリティソフトのコントロール・インベントリ情報収集・各種パッチ配信・検疫ネットワーク・セキュリティレポートをSaaS形式(※2)で提供するものです。
企業内LAN環境の中にあるパソコンだけでなく、海外拠点や遠隔地のオフィス・在宅勤務用のパソコン・営業や外出時に持ち歩くモバイルパソコンなど、管理者の手が届きづらいパソコンに対して特に効果を発揮するソリューションです。

 FiberlinkのサービスはSaaS形式のため、導入にあたりお客様の社内に専用サーバを設置する必要がありません。お客様の管理データは全てインターネット上のFiberlinkデータセンターにて厳重に管理されており、サービスの設定やユーザ管理は全てWebブラウザ経由で行うことができます。

Fiberlinkサービスの概要
インターネット経由で各種設定やユーザ管理ができる

パソコンの設置場所・管理レベルなど、ニーズに合わせた3つのサービス

 管理が必要なパソコンの設置場所・管理レベルに応じてFiberlinkの3つのサービスを用意しています。

Control360

 Fiberlinkサービスの中核をなすサービスです。Control360には以下の機能が含まれています。

  • セキュリティソフトのコントロール

    ウィルス対策ソフトやパーソナルファイアウォールなどのセキュリティソフトの挙動を監視し、セキュリティソフトが確実に動作するよう管理します。

  • インベントリ情報収集・レポート

    パソコンのハードウェア・ソフトウェア情報をインターネット経由で収集します。常時社外にあるパソコンでもインターネットに接続するタイミングで情報をデータセンターに吸い上げます。

  • セキュリティパッチ配信

    マイクロソフトのセキュリティパッチやウィルス対策ソフトの定義ファイルをユーザに代わって確実に適用します。

  • 検疫ネットワーク

    あらかじめ設定したセキュリティ条件に満たないパソコンの社内ネットワークへの接続を制限することで、社内ネットワークをウィルス感染などから保護します。

  • セキュリティレポート

    管理対象パソコンのセキュリティ状況を違反の内容を含め管理者にグラフなどを多用し報告します。

 Control360を導入することで、企業のセキュリティポリシーを書面上だけにとどまらず物理的に維持することが可能になります。

Visibility360

 Visibility360には以下の機能が含まれています。

  • インベントリ情報収集
  • インベントリレポート

 Visibilty360は企業のエンドポイントの状態を可視化するのに役立ちます。インターネット経由で情報を収集しますので、遠隔地やモバイルなどパソコンの所在を問わず一元管理が可能になります。

Mobile360

 Mobile360はモバイル環境で業務を円滑に遂行するための通信手段とControl360と同様のエンドポイントセキュリティを提供します。

  • Mobile360で利用できるモバイル通信サービス
    • ダイヤルアップ
    • ISDN
    • ブロードバンド
    • Wi-Fi(802.11)
    • PHS
    • 携帯電話(W-CDMA、GPRS、EDGE)

 ユーザはMobile360を利用することで、ロケーションを問わずセキュアに業務を遂行できます。

サービス詳細について

 Fiberlinkの3つのサービスについての詳細は、下記Webサイトをご覧ください。
 http://www.cybernet.co.jp/fiberlink/

Fiberlinkサービス価格

 各サービスの100ユーザあたりの月額金額は以下の通りです。

Control360

1ユーザあたりの使用料 : 945円(税抜き900円)
セキュリティレポート使用料 : 31,500円(税抜き30,000円)
合計 : 126,000円(税抜き120,000円)

Visibility360

1ユーザあたりの使用料 : 420円(税抜き400円)
セキュリティレポート使用料 : 31,500円(税抜き30,000円)
合計 : 73,500円(税抜き70,000円)

Mobile360

1ユーザあたりの使用料 : 1,260円(税抜き1,200円)
セキュリティレポート使用料 : 31,500円(税抜き30,000円)
合計 : 157,500円(税抜き150,000円)

※上記金額以外に管理用ポリシー作成費用が発生します。
※Mobile360をご利用の場合は、別途通信費用が必要になります。

注釈

※1:エンドポイント:
ネットワークに接続されたパソコンや携帯電話などのネットワーク端末の総称。従来は社内ネットワーク端末のみであったが、最近では社外からのリモートアクセスやテレワークの活用など、その範囲は広がっている。
※2:SaaS(サース・Software as a Service):
ソフトウェアの機能をユーザがネットワーク経由で活用する形態。ユーザ側のインフラ整備が最小限で済む、短期間での導入が可能などのメリットがある。

ファイバーリンク社について

 1991年に米国で設立され、米国のほかに欧州・アジアに拠点を構えています。国際ローミングサービスから事業をスタートさせ、全てのモバイルユーザにさらなる簡便さとより高い安全性を提供するためのソフトウェアとサービスを提供することをミッションとして展開しています。現在では世界150ヶ国においてダイヤルアップ・ブロードバンド・Wi-Fi 等のアクセススポットを有し、インターネットを通じて企業ネットワークへのアクセスを簡単に実現できるサービスを提供しています。
 また2003年からはインターネットを利用するモバイルユーザのニーズに応えるべく、モバイルシーンにおける包括的なセキュリティサービスに取り組んでいます。詳しくは、下記Webサイトをご覧ください。
 http://www.fiberlink.com/

サイバネットについて

 サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(註)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
 電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、高周波回路解析、電子回路設計など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
 また、ビジネスプロセスの最適化を実現する各種ソフトウェアの提供やマルチメディアWeb会議システムの実施、個人・企業情報の保護を図るPCセキュリティ管理など、企業活動の高度化に寄与するITソリューションの提供をしております。
 サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
 http://www.cybernet.co.jp/

註 CAE : Computer Aided Engineeringの略。 コンピュータによる工学的数値解析・シミュレーション

本件に関するお問い合わせ

サイバネットシステム株式会社

内容についてのお問い合わせ

ITソリューション部 営業推進グループ
担当/三浦
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3
TEL:03-5297-3487
FAX:03-5297-3646
E-MAIL:fiberlink@cybernet.co.jp

報道の方は

広報・IR室/野口、田端
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3
TEL:03-5297-3066
FAX:03-5297-3609
E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

以上