HOME

最適設計支援ツール「OPTIMUS」最新バージョンRev 8
国内出荷開始のお知らせ

2009年4月1日

〜各種カスタマイズ機能の搭載により、操作性を大幅に改良。
設計効率の改善と品質向上を強力にバックアップ。〜

 サイバネットシステム株式会社(東証第一部、本社:東京都、資本金:9億9,500万円、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、ベルギー ノエシス・ソリューションズ社(本社:ルーベン)が開発・販売・サポートする、最適設計支援ツール「OPTIMUS®(オプティマス)」の最新バージョンRevision 8(以下「Rev 8(※)」)の国内出荷を2009年4月1日より開始することをお知らせいたします。

 OPTIMUS Rev 8では、カスタマイズ機能を搭載することで各種操作性を大幅に改良しました。各シミュレーションツールとの接続の設定を簡略化できる機能や、データマイニング機能が拡張されており、ユーザが求める設計効率の改善と製品品質の向上を強力にバックアップします。

OPTIMUS Rev 8の主な機能強化

User Customizable Action (UCA)

 OPTIMUSと組み合わせて利用する各種ツール(CAD・CAE)とのインターフェースを、ユーザがカスタマイズできる機能です。これにより毎回各種ツールとの設定作業を行う必要がなくなり、作業負荷を大幅に軽減することが可能です。
 サイバネットでは、今後ANSYS・MSC Nastran・ABAQUS・FLUENT・RecurDyn・CODE V・Cadence® PSpice® A/Dなどの主要CAEツールや主要CADツール用のUCAをユーザ向けにWebサイトからダウンロード形式にて提供する予定です。

各種ツール間の連携画面

各種ツール間の連携画面。UCAを利用することで、毎回の設定が不要になる。

ダイレクトインターフェースの新規搭載機能および機能強化

  • LMS Virtual.Lab、LMS Imagine.Lab
     上記2製品のダイレクトインターフェースが新規に追加されました。
  • MATLAB®/Simulink®
     既存のインターフェースの使い勝手を見直し、大幅に操作性が向上しました。

データマイニング機能の強化

 OPTIMUSの特徴の一つであるデータマイニング機能を改良しました。
 各種設定をカスタマイズすることで、ユーザの用途に応じたデータマイニングを実施することが可能になります。また、使用頻度の高い機能をテンプレート化することで、個人用/企業用として管理することができます。これにより結果評価の効率性の向上だけでなく、評価方法を企業内で標準化することができます。

各種機能表示画面

目的や用途に応じて、必要な機能を組み合わせてテンプレート化できる。

最適化手法(Adaptive Region)の追加

 応答曲面をベースとした最適化手法である、Adaptive Regionを新たに追加しました。
 局所最適化手法のように高精度で、かつ大域的最適化手法のように広く探索することができる手法です。また、内部的に応答曲面を利用することで、高い計算効率を実現しております。

ユーザ定義RSM(応答曲面モデル)の取り込み

 ユーザが考案した応答曲面モデルの手法を取り込むことができる機能を追加しました。OPTIMUSのGUI上から、OPTIMUSに標準搭載されている手法と同様に利用することができます。

 今回リリースしたRev 8では、上記の他にも様々な機能追加・改良が行われています。
 サイバネットでは、今回のOPTIMUS Rev 8リリースに伴い、バージョンアップセミナーを東京・名古屋・大阪にて開催いたします。セミナーについての詳細は下記Webサイトをご覧ください。
 http://www.cybernet.co.jp/optimus/

対応プラットフォーム

Windows 32bit
  • Windows XP Service Pack 2以上
  • Windows Vista(Service Pack 1推奨)
Windows 64bit
  • Windows XP Professional 64bit Service Pack 1以上
  • Windows Vista 64bit(Service Pack 1推奨)
UNIX
  • IBM AIX 5(IBM PowerPC)
  • HP HP-UX 11.11(HP-RISC)、11.22(Intel Itanium2)
Linux
  • X86ベースワークステーションサーバー
     Redhat Enterprise Linux 4.0
     Redhat Enterprise Linux 5.0
     Suse Linux Enterprise Server 9
     Suse Linux Enterprise Server 10
  • X86-64ベースワークステーションサーバー
     Redhat Enterprise Linux 4.0
     Redhat Enterprise Linux 5.0
     Suse Linux Enterprise Server 9
     Suse Linux Enterprise Server 10

※バージョンの数え方について
本バージョンアップより呼称が「Revision 8」となりました。今回は新しいコンセプトで開発されており、初期バージョンから数えて八回目のメジャーバージョンであることをわかりやすくするためにも、今回の変更となりました。
※記載されている会社名および製品名は、各社の商標および登録商標です。

ノエシス・ソリューションズ社について

 ノエシス・ソリューションズ社は、2003 年末にLMS International 社より独立し、最適設計にフォーカスしたソフトウェアの開発・販売・技術サポートを行っています。主にエンジニアリングプロセスの統合と設計最適化を支援するソフトウェアを提供しています。
 取り扱い製品であるOPTIMUS は、様々なCAE ソフトウェアやCAD に対応し、設計において複数の条件下で、最適な解を導き出す最適設計支援ツールです。
 ノエシス・ソリューションズ社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
 http://www.noesissolutions.com/

サイバネットについて

 サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(註)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
 電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、高周波回路解析、電子回路設計など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
 また、ビジネスプロセスの最適化を実現する各種ソフトウェアの提供やマルチメディアWeb会議システムの実施、個人・企業情報の保護を図るPCセキュリティ管理など、企業活動の高度化に寄与するITソリューションの提供をしております。
 サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

 http://www.cybernet.co.jp/

註 CAE : Computer Aided Engineeringの略。 コンピュータによる工学的数値解析・シミュレーション

本件に関するお問い合わせ

サイバネットシステム株式会社

内容についてのお問い合わせ

アドバンスドソリューション統括部 PIDO室
担当/古井
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3
TEL:03-5297-3299
FAX:03-5297-3637
E-MAIL:optimus@cybernet.co.jp

報道の方は

広報・IR室/野口、田端
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3
TEL:03-5297-3066
FAX:03-5297-3609
E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

以上