HOME

ファイルサーバアクセスログ監視ツール「Ci-Audit for File Server」
販売開始のお知らせ

2009年2月12日

「シンプル・高精度・低価格」。
ファイルサーバへのアクセス監視を低価格で実現し、企業規模を問わず情報漏えい対策の導入が可能。

 サイバネットシステム株式会社(東証第一部、本社:東京都、資本金:9億9,500万円、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、子会社である株式会社ケイ・ジー・ティー(本社:東京)と共同でファイルサーバのファイルアクセスログ監視ツール「Ci-Audit for File Server(シーアイオーディット フォー ファイル サーバ)」の販売を3月1日から開始することをお知らせいたします。

 個人情報の管理や相次ぐ情報漏えい事故に対して社会が厳しい目を向ける中、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)やPCI DSS(※1)などの各種セキュリティ基準に準拠するために、ファイルサーバへのアクセスログ取得の重要性が高まっています。アクセスログを収集・保管し、分析や報告を行うことは、セキュリティ上の問題点の洗い出しや情報漏えい事故の際の証跡としても役立ちます。
 しかしWindowsに標準で付属するイベントログの機能では、操作内容を直感的に把握することが困難です。一方で市販のファイルサーバアクセスログ収集ツールは一般的に高価で、中小企業や部門での単独導入への障壁となっていました。

 このような課題に対してCi-Audit for File Serverは「シンプル・高精度・低価格」をキーワードに開発されました。運用が簡単で正確なファイルサーバアクセスログ監視が実現します。さらに監視対象となるサーバが1台の場合からご利用いただけるため、中小企業での導入や大企業の部門導入などに最適なソリューションです。

「シンプル」な製品構成

 監視対象サーバにエージェントを導入するだけで、ファイルアクセスログは自動的に取得されます。あとは検索や絞込みの機能を利用することで、該当のファイル操作を全て追跡します。またMicrosoft SQL Server Express Editionが付属しており、導入規模によっては別途SQLサーバを購入せずに運用することも可能です。


監視対象のファイルサーバに直接導入することも可能

「高精度」なログ取得

 独自開発のログ取得エンジンにより、Windowsイベントログとは別にファイルアクセスログを取得します。Windowsのイベントログに依存したツールやネットワークを監視しログ取得を行うツールでは実現できない高精度な監視を可能とします。

1サーバからでも導入可能な「低価格」を実現

 監視対象1ファイルサーバあたり\151,200(税込み・初年度保守料込み)から導入できる低価格を実現しました。中小企業での導入や、大企業での部門レベルでの導入に適しています。

主な機能

  • ファイルアクセスログ収集
    ファイルサーバ上のファイルに対して行われた操作(作成・読込・更新・削除・リネームなど)を監視し、ファイルアクセスログとして収集します。
  • 検索・絞込み
    収集したファイルアクセスログに対して「ファイル名」「期間」などをキーに大まかな検索を行い、さらにそこから「ユーザ名」「操作」など別のキーによる絞込みが行えます。
  • 禁止操作のアラート
    予めポリシーとして登録しておいた禁止操作をユーザが行うと、管理者にメールで通知が届きます。
  • データの出力
    収集されたデータはMicrosoft ExcelもしくはCSV形式での出力が可能です。
  • ファイルサーバ脆弱性診断
    フルコントロール権限やゲストユーザの有無などファイルサーバに存在しうる脆弱性の診断が可能です。
  • 監視対象のサーバ
    • Microsoft Windows Server 2003 SP1(32bit)
    • Microsoft Windows Server 2003 R2 SP1(32bit)
    • Microsoft Windows Server 2008(対応予定)


アクセスログ収集画面

ライセンス価格

 監視サーバ台数により、以下の価格体系でご用意しています。

 1台  税込み \ 151,200 (税抜き\ 144,000)
 5台  税込み \ 630,000 (税抜き\ 600,000)
 10台  税込み \ 1,197,000 (税抜き\ 1,140,000)
 ※初年度保守料込み

Ci-Audit for File Server 発表セミナー

 シンプル・高精度・低価格を誇るファイルサーバアクセスログ監視ツールCi-Audit for File Serverの発表セミナーを開催いたします。本商品の特長を一通りご覧いただけるセミナーです。

 日時:2009年3月4日(水) 15:30(受付開始15:00)
 会場:サイバネットシステム株式会社 東京本社 セミナールーム

 このセミナーの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
 http://www.cybernet.co.jp/cia/

注釈

※1:PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard):
国際ペイメントブランド5社(VISA・マスターカード・JCB・アメリカンエクスプレス・Discover)が策定したカード情報セキュリティの国際統一基準。情報セキュリティに対する技術的な達成目標が明確にされており、カード業界以外にも個人情報を取り扱う幅広い業界・企業で注目されている。

ケイ・ジー・ティーについて

 サイバネットシステム株式会社の100%子会社として、コンピュータソフトウェアの開発・販売ならびにコンサルティングを展開しています。データ可視化ソフトウェア・医用画像処理用ソフトウェアの開発・販売・コンサルティングを行う一方、内部統制・ITシステム性能管理・ネットワークセキュリティなどのソフトウェアの販売・サポート・コンサルティングも行っており、多様な顧客ニーズに対応しています。
 ケイ・ジー・ティーに関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
 http://www.kgt.co.jp/

サイバネットについて

 サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(註)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
 電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、高周波回路解析、電子回路設計など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、ビジネスプロセスの最適化を実現する各種ソフトウェアの提供やマルチメディアWeb会議システムの実施、個人・企業情報の保護を図るPCセキュリティ管理など、企業活動の高度化に寄与するITソリューションの提供をしております。
 サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

 http://www.cybernet.co.jp/

註 CAE : Computer Aided Engineeringの略。 コンピュータによる工学的数値解析・シミュレーション

本件に関するお問い合わせ

サイバネットシステム株式会社

内容についてのお問い合わせ

ITソリューション部
担当/三浦
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3
TEL:03-5297-3487
FAX:03-5297-3646
E-MAIL:itdnb@cybernet.co.jp

報道の方は

広報・IR室/野口、田端
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3
TEL:03-5297-3066
FAX:03-5297-3609
E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

以上