HOME

PCB業界向けドキュメント自動作成及び管理ツール「BluePrint」
販売・技術サポート開始のお知らせ

2008年12月11日

〜既存システムを変更せず、CADデータとドキュメント・図面を一元管理。
図面作成・管理のコストダウン・効率化と省エネに貢献〜

 サイバネットシステム株式会社(東証第一部、本社:東京都、資本金:9億9,500万円、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、米国DownStream Technologies社(本社:マサチューセッツ州、以下「DST社」 )が開発・販売・サポートするPCB(プリント基板)業界向けドキュメント自動作成ツール「BluePrint(ブループリント)」の日本国内での販売・サポートを12月より開始したことをお知らせいたします。

 BluePrintはPCB業界向けに特化したドキュメントの作成や管理を行うシステムです。
 PCBの開発・製造工程においては、基板設計を行うCADと管理図面などを作成するツールが異なり、指示書の作成に時間や手間がかかっていました。BluePrintはPCB業界向けに特化したシステムで、PCB−CADの設計図面を直接読み込むことで、開発・製造工程で発生する作業指示書・顧客提出用ドキュメント・社内管理図面等を自動で短時間に作成できます。ドキュメント用のテンプレートも豊富に用意されているため、社内標準のドキュメントテンプレートを作成して指示書/管理図面のフォーマットを統一することも可能です。

 ファイルの読込形式も豊富に用意されています。Allegro(※1)をはじめとした「ODB++」(※2)で作成された各社CADファイル、Gerber・DXF・PDFの各種フォーマットにも対応しています。そのため、既存のシステムを変更せずにCADデータとドキュメント・図面の一元管理が可能です。

 通常に設計者が行っているドキュメントの作成時間を大幅に短縮することで、設計者は設計そのものに時間をかけられるようになり、設計業務のトータルコストダウン・効率化が可能となります。
 CADデータと管理図面の履歴管理はもちろん、オリジナルCADデータの更新と共に図面情報も自動更新され、常にデータと図面の同期がはかれます。これにより、データ管理と図面管理を別々に行っていたために発生していた管理ミスをゼロにする事が可能となります。
 BluePrintによる体裁の整った出力図面と設計データは業務品質の向上につながり、顧客に対するプレゼンテーション効果も飛躍的に高まる事が期待されます。
 また、BluePrintの図面データはHTML形式での出力もでき、部門間や顧客とのデータ確認をインターネットを介して情報共有しながら行うことができます。ドキュメントの電子化・一元管理が進むことで、紙の利用量・資料管理スペースの削減にもつながります。

 サイバネットではPCB設計プロセスに関わる商品の充実化を図っています。BluePrintは回路設計・解析設計・製造・部品実装におけるPCBの開発・製造工程に、ドキュメント作成という新たな付加価値を提供するものです。

 BluePrintの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
 http://www.cybernet.co.jp/eda/blueprint/

注釈

※1:Allegro(アレグロ):
当社取扱の、米ケイデンス社によって開発された電気回路設計・PCBパッケージ設計及びシミュレーションシステム。ケイデンス社の上流ツールと組み合わせることにより、商品構想設計から市場投入・フィールドサービスまでの期間を短縮することが可能。
※2:ODB++:
プリント配線板の描画データを記述するためのフォーマットの一種で、世界標準として広く利用されている。

DownStream Technologies社について

 DownStream Technologies社は、PCB(プリント基板)設計・製造におけるエンジニアリングプロセスを提案しています。特にPCB設計−製造間のシームレスなデータ交換を行うCAM(Computer Aided Manufacturing)ツール「CAM350」では、世界中で高いマーケットシェアを誇っています。BluePrintの新たなラインナップは、エンジニアリングプロセスの自動化を促進するという付加価値を創出します。
 DST社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
 http://www.downstreamtech.com/

サイバネットについて

 サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE(註)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。
 電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、高周波回路解析、電子回路設計など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。
また、ビジネスプロセスの最適化を実現する各種ソフトウェアの提供やマルチメディアWeb会議システムの実施、個人・企業情報の保護を図るPCセキュリティ管理など、企業活動の高度化に寄与するITソリューションの提供をしております。
 サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。

http://www.cybernet.co.jp/

註 CAE : Computer Aided Engineeringの略。 コンピュータによる工学的数値解析・シミュレーション

本件に関するお問い合わせ

サイバネットシステム株式会社

内容についてのお問い合わせ

応用システム第二事業部 EDAエンジニアリング室
担当/齋藤
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3
TEL:03-5297-3349
FAX:03-5297-3646
E-MAIL:BluePt@cybernet.co.jp

報道の方は

広報・IR室/野口、田端
〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3
TEL:03-5297-3066
FAX:03-5297-3609
E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

以上