HOME

米国シグメトリックス社製公差解析ソフトウェア CE/TOL 6σ国内販売開始のお知らせ

2006年10月18日

サイバネットシステム株式会社(東証第一部、本社:東京、資本金:9億9500万円、代表取締役社長:田中 邦明、以下“サイバネット”)は、このほど製造分野における公差解析ソフトウェアを開発、販売、サポートするカナダRand Worldwide社(本社:トロント、CEO:Brian Semkiw、以下“ランドワールドワイド社”)のオペレーション傘下にある、米国Sigmetrix社(本社:テキサス、社長: Tim Bogard、以下“シグメトリックス社”)が提供する公差解析ソフトウェア CE/TOL 6σ(シーイートル シックスシグマ)について、ランドワールドワイド社の日本法人であるランド・テクノロジーズ・ジャパン株式会社(代表:油谷 勝、以下“ランド・テクノロジーズ・ジャパン社”)と、国内における販売代理店契約を締結し、国内販売を開始することをお知らせいたします。この販売代理店契約には、既存製品である、CATIA V5版、Pro/Engineer版の販売とともに、新たにSolidWorks版の開発委託、2007年4月リリース(予定)以降の国内独占販売権を含んでおり、幅広い3次元CADユーザに対して公差解析のソリューションを提供します。

CE/TOL 6σは、3次元CADシステム用の公差解析マネジメント・ソフトウェアであり、従来の、「過去の図面の流用」や「最悪値の手計算」、「勘と経験」によって決定していた設計公差など、根拠の薄かった公差決定を改善するためのツールです。CE/TOL 6σを利用することで、熟練者でなくとも「最適化された公差」を指示することができ、リスクを回避させ、安定した品質、低コストでの生産を実現することが可能となります。CE/TOL 6σは、CATIA V5やPro/ENGINEER、SolidWorksのネイティブな環境で稼動し、3次元CADのネイティブデータに直接公差情報を付加、また組付け順等を指示することで、「アセンブリ時のバラツキ」を予測し、不良率や原因公差の寄与率を出力することで、最適な公差決定とロバスト設計が実現できます。

CE/TOL 6σ 機能概要

CE/TOL 6σ機能

3次元CAD環境の中で実データをそのまま利用することができ、3次元CADのフィーチャーレベルからアセンブリまで、現実の「動き」を表現し、実機テストに相当する結果を提供します。また、ユーザに対して、設計レビューとして設計の初期段階からばらつき影響度の高い寸法を把握し、その公差をマネジメントすることにより早い段階から最適な設計が行えるようになります。CE/TOL 6σは、従来型のモンテカルロ法の提供とともにシステムモーメント法という独自の解析手法を開発・採用することで、高速かつ正確に「製品機能に影響する寸法(大きさ)やその方向性(向き)フィーチャーの重要度(=感度)」を数値で示すことができますので、製品性能を左右するプロセスバリエーション、コスト、品質レベルを効果的に管理することが可能です。CE/TOL 6σは、公差だけでなく設計そのものの最適化を支援する、「公差マネジメント」という考え方をベースとした公差解析ツールです。

製品に関する詳細は、下記Webサイトをご覧ください。
www.cybernet.co.jp/cetol/

動作環境

Windows 2000/XP、Solaris 8.0(32bit)、HP-UX 11.0(32bit)

価格

CE/TOL 6σ for CATIA \5,400,000〜
CE/TOL 6σ for Pro/Engineering \5,400,000〜
CE/TOL 6σ for SolidWorks (2007年4月リリース予定) \3,600,000〜
価格についての詳細は別途お問い合わせください。

初年度販売目標

60 ライセンス

米国 シグメトリックス社について

シグメトリックス社は1990年に米国で創設され、機械系技術者のために使い易さにフォーカスした組み立て公差解析・最適化ソフトウェアを提供する開発会社です。CE/TOL 6 σ for Pro/Engineering は、1992年より出荷が始まっており、ディストリビューターであるPTC社およびRand Worldwide社によって世界中に拡販されています。また、近年ではダッソー・システムズ社のゴールド・ソフトウェア・パートナーとなり、CE/TOL 6 σ CAA V5 Based製品をCATIAユーザに提供しています。
シグメトリックス社に関する詳しい情報については、下記サイトをご覧ください。
http://www.sigmetrix.com/

ランドワールドワイド社について

ランドワールドワイド社は、カナダ・トロントに本社を置き、インフラ業界、製造業界にソリューションを提供するプロバイダーです。現在、全世界70拠点、400名を越える従業員にて事業展開しています。ランドワールドワイド社の取扱い製品は、PLM分野におけるコンサルティング・サービス、各種ソフトウェアの開発・販売のほか、ハードウェアの販売・構築などのサービスにて製造業を支援しています。日本市場においては、1998年5月に日本現地事務所であるランド・テクノロジーズ・ジャパン社を開設しております。詳しい情報については、下記サイトをご覧ください。
http://www.rand.com/ ランドワールドワイド社
http://www.randjapan.co.jp/ ランド・テクノロジーズ・ジャパン社

サイバネットシステム株式会社について

サイバネットは、科学技術計算分野、特にCAE関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービス提供を行っており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、教育・研究機関など様々な業種および適用分野に対してソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。取扱い商品及び製品は、構造解析、伝熱解析、電磁場解析、熱流体解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、高周波回路解析、MEMS設計解析など多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアであり、様々な顧客ニーズに対応しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳細は、下記Webサイトをご覧ください。
http://www.cybernet.co.jp/


公差: 製品設計を行う際、与えた寸法・径などが持つことのできる最大/最小の範囲。通常はJISが基準となっているが、製品構造上厳しく設定する必要がある箇所については、設計者自身の判断により設定する必要がある。
CAE : Computer Aided Engineeringの略。コンピュータによる工学的数値解析・シミュレーション

この件に関するお問い合せ

サイバネットシステム株式会社

内容について

メカニカルCAE事業部 PIDO室 担当/古井
〒112-0012 東京都文京区大塚2-15-6 ニッセイ音羽ビル
TEL:03-5978-5445
FAX:03-5978-5960
E-MAIL:cetol-info@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/勝又、松代
〒112-0012 東京都文京区大塚2-15-6 ニッセイ音羽ビル
TEL.03-5978-5404
FAX.03-5978-5441
E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

以上