HOME

企業内セキュリティレベルの向上を満たすReflectionシリーズWindows版v13、Web版v8販売開始並びにF-Secure SSH製品のReflectionブランドへの統合のお知らせ

2005年05月16日

〜 ホストインテグレーションのエキスパートWRQ社がセキュリティ及び利便性を高めた端末エミュレータReflectionの新バージョンをリリースすると共にF-Secure SSH製品をReflection for Secure IT と改称しReflectionブランドでの販売を開始 〜

サイバネットシステム株式会社(東証第一部、本社:東京都、資本金:9億9500万円、代表取締役社長:井上 惠久、以下「サイバネットシステム」)は、このほど米国 WRQ 社(本社:米国 シアトル市、社長兼最高経営責任者:ショーン・ウルフ、以下「ダブリュ・アール・キュー社」)が開発、販売を行っているホストアクセスソリューションを提 供するPC-UNIX統合製品、ならびに、Windows やWeb 版のホストアクセス端末エミュレータ製品を総称した Reflection シリーズ(リフレクション・シリーズ)の最新版(Reflection v13.0、Reflection for the Web v8.0)の販売を5月16日より開始することをお知らせいたします。
また旧来F-Secure SSH(エフ-セキュア・エスエスエイチ)の名称で販売しておりましたSSHサーバ/クライアント製品をReflectionシリーズに取り込み Reflection for Secure IT(リフレクション・フォー・セキュア・アイティー)として6月1日より販売を開始することを合わせてお知らせいたします。

ReflectionシリーズWindows版v13及びWeb版v8最新版の新機能紹介

  1. 高機能PC Xサーバ Reflection X v13 新機能
    • XウィンドウシステムのX11R6.8に完全準拠しました。
    • Double Buffer、Xf86BigFontなどのより多くのX拡張機能に対応したことで、使用可能なアプリケーション機能を広げるとともに、ネットワークへかかる負荷を低減しました。
    • SpaceBall 5000 や SpaceMouse 4000 Plus TX などの入力デバイスに対応しました。
    • 同時に複数のXDMCPセッションの利用が可能になったほか、必要に応じてXスクリーンのサイズを変更したり、表示させるモニタを指定するなどのカスタマイズが可能になりました。
    • Xアプリケーション固有のアイコンをWindowsタスクバー、[Alt]+[Tab]ナビゲーションウィンドウに表示可能となりました。
    • WindowsおよびGnomeのオンスクリーンキーボードを使用してデータ入力が可能になりました。
  2. IBM zSeries/iSeries エミュレータ Reflection for IBM v13新機能
    • 1つのパスワードで複数のホスト・サーバーへのアクセスを可能にするシングルサインオン機能を実装しました。
    • バッチファイルによるホストファイル転送を容易に構成できるインターフェースを提供しました。
    • IBM iSeriesとのデータ転送にSSL暗号化通信が利用可能になりました。
    • ホスト画面の行数×文字数の変更に対応しました。
  3. Web版 IBM zSeriesエミュレータ Reflection for the Web v8新機能
    • 1つのパスワードで複数のホスト・サーバーへのアクセスを可能にするシングルサインオン機能を実装しました。
    • IBM WebSphere Portalで構築されたポータルページ上に、Reflection for the Web v13をポートレットとして組み込み可能です。ホスト画面を使用しながら、他のポータルページやポートレット間を行き来できます。
    • FTPクライアントセッションを個別に起動することが可能になりました。
    • マクロ機能が強化され、マクロファイルのセッションへの組み込みとインポート・エクスポートによる共有、キーやボタンパレットからの起動などが可能になりました。
  4. その他製品の新機能

    Reflection for UNIX and OpenVMS v13 、Reflection for HP with NS/VT v13並びにReflection NFS Client v13の新機能については、下記のURLをご覧下さい。
    http://www.cybernet.co.jp/reflection/new-version

Reflection for Secure IT 発売について

  1. Reflectionシリーズへのブランド変更について

    6月1日よりF-Secure SSH製品はReflection for Secure IT としてReflectionブランドでの販売となります。

  2. Reflection for Secure IT v6の新機能
    • 公開鍵アップロードユーティリティを利用して、 sshサーバの要求に適した形式で公開鍵をホストに転送できるようになりました。
    • 統合されたユーザ鍵ダイアログボックスを利用して、全ての鍵と証明書を一ヶ所で管理できるようになりました。
    • F-Secure SSH クライアント構成設定を、ホスト鍵及びユーザ鍵とともに、Reflection for Secure IT Client for Windowsに移行できます。
    • ”Designed for Windows XP”ロゴ取得
    • Citrix及びWindows Terminal Serverに対応

Reflection 製品の機能全般

各製品の機能全般・特長については、下記 URLをご覧下さい。
http://www.cybernet.co.jp/reflection/

Reflection 製品の価格

各製品の価格、数量購入による割引、他製品からの乗換え価格、保守契約の価格については、下記URL をご覧下さい。
http://www.cybernet.co.jp/reflection/price/

ダブリュ・アール・キュー社について

ダブリュ・アール・キュー社は、レガシーシステムを最新のテクノロジーと融和させてきた先駆者で、 20 余年、多岐にわたるホスト接続ソリューションを開発し、研究開発に力を注ぎ革新を続ける企業です。ダブリュ・アール・キュー社の高品質な製品は業界でも評価の高い技術サポートと供に提供されています。また、ホスト統合、端末エミュレーション、PC Xサーバなどのソフトウェアを開発し、1981年以来、従来のアプリケーションと新しい技術の橋渡しをしてきました。この専門知識を生かして、お客様が長期IT戦略を推進する際に、既存のホストを最大限活用できるようにお手伝いをしています。
詳しくは、日本語のWebページwww.wrq.co.jpまたは英語ページwww.wrq.comをご参照ください。

「サイバネットシステム株式会社」について

当社は、科学技術計算分野、特にCAE関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、教育・研究機関など様々な業種および適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、高周波回路解析、生命工学、ナノテクノロジーなど多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアを取扱い、様々な顧客ニーズに対応しております。更に科学技術計算分野に加え、ネットワーク関連についてもホスト・サーバー&PC関連ソフトウェア、資産・ライセンス管理、ならびにe-Business時代のコラボレーション・ニーズに応えるマルチメディア Web会議サービス、e-ラーニング・ツールの提供を行っており、尚一層“Digital Solution Innovator”としての地位を確固たるものにすべく努力しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、http://www.cybernet.co.jp/をご覧下さい。

註 CAE : Computer Aided Engineering コンピュータによる工学的数値解析・シミュレーション

この件に関するお問い合わせ

サイバネットシステム株式会社

内容について

ネットワークソリューション部 営業推進グループ
担当/三浦
〒112-0012 東京都文京区大塚2-15-6 ニッセイ音羽ビル
TEL.03-5978-5453
FAX.03-5978-2201
製品 URL:http://www.cybernet.co.jp/reflection/
E-MAIL:rinfo@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/勝又 一徳
〒112-0012 東京都文京区大塚2-15-6 ニッセイ音羽ビル
TEL:03-5978-5404
FAX:03-5978-5441
E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

以上