HOME

サイバネットシステムとケイデンス・デザイン・システムズ社の共同開発ツールPSpice SLPS Interface全世界向け販売開始のお知らせ

2004年11月15日

〜 SimulinkシステムモデルとPSpice電気回路モデルの融合による設計のトータルソリューション 〜

サイバネットシステム株式会社(東証第一部、本社:東京、資本金:9 億9500 万円、代表取締役社長:井上惠久、以下“サイバネットシステム”)は、米国Cadence Design Systems, Inc.(本社:カリフォルニア州サンノゼ、CEO:マイケル・J・フィスター、以下“ケイデンス・デザイン・システムズ社”)とPSpice SLPS Interface(ピースパイス エスエルピーエス インターフェース、以下“SLPS”)の共同開発を行い、ケイデンス・デザイン・システムズ社に よって開発されたアナログ・デジタル混在電気回路シミュレータOrCAD PSpice A/Dの正式オプションとして、平成16年(2004年)11月15日より全世界向け販売が開始されたことをお知らせいたします。

サイバネットシステムは、独自に開発したSLPS バージョン1の日本国内における販売を平成12年9月に開始していましたが、さらなる機能向上を目的として、平成14年にケイデンス・デザイン・システムズ社と共同開発を開始し、同年12月にSLPSバージョン2の日本国内における販売を全世界向け販売に先行して開始していました。今回、ケイデンス・デザ イン・システムズ社との合意により、SLPSはケイデンス・デザイン・システムズ社の世界販売チャンネルにより全世界に販売されます。

SLPSは、OrCAD PSpice A/Dと、米国The MathWorks,Inc.(本社:マサチューセッツ州ナティック、CEO:ジャック・リトル、以下“マスワークス社”)によって開発された、数値計算、データ解析、シミュレーションのためのソフトウェアMATLAB Simulink(マットラブ シミュリンク)とのインターフェースツールであり、システムモデルと電気回路モデルとのコ・シミュレーションを可能としま す。

多くの設計環境では、システムレベルと電気回路レベルの設計が別々に行われていますが、この場合、システム全体を統合した際に発生する 問題が試作の段階まで発見されないことがあり、製品の市場投入の遅れにつながることが予想されます。SLPSを用いた設計環境では、システムシミュレーションモデルの中に電気素子の詳細モデルであるPSpiceモデルを挿入することが可能であり、システム全体のシミュレーション結果をより現実に近いもの とすることができます。これにより、今まで試作でしか確認することができなかった電気回路特性がシステムに及ぼす影響などをシミュレーションによってあら かじめ検証でき、問題点の早期発見により、試作回数を減らし、設計期間の短縮に効果を発揮します。

SLPS動作環境

SLPSを利用するためには、以下の製品が必要です。

マスワークス社製品(R13以上)

  • MATLAB 6.5
  • Simulink 5.0  大規模な化合物フィルタリングを行います。

ケイデンス・デザイン・システムズ社OrCAD製品(R10 SP2以上)

  • R10.0 SP2 Capture (CIS)
  • R10.0 SP2 PSpice A/D

    もしくは以下のUnison製品の何れか

  • R10.0 SP2 Unison EE
  • R10.0 SP2 Unison Ultra

対応プラットフォーム

前記マスワークス社製品、ケイデンス・デザイン・システムズ社OrCAD製品が動作するIBM PC/AT 及び互換機、Windows NT4.0/2000/XP
(詳細につきましては別途お問い合わせください。)

価格

PSpice SLPS Interface  300,000円/ライセンス
(詳細につきましては別途お問い合せください。)

販売目標

全世界で初年度300本を予定しています。

ケイデンス・デザイン・システムズ社について

ケイデンス・デザイン・システムズ社(Cadence Design Systems, Inc.)はEDA技術とエンジニアリングサービスを提供している世界最大のサプライヤであり、次世代のエレクトロニクス設計環境ソリューションを提供することで、最先端のIC設計とシステム設計に貢献しています。
ケイデンス・デザイン・システムズ社は1988 年に設立され、全世界に4,800 人の従業員を有しています。本社所在地は米国カリフォルニア州サンノゼです。その他の情報についてはウェブサイトをご参照ください。
www.cadence.com

マスワークス社について

マスワークス社(The MathWorks, Inc.)は、民間・政府・教育分野のエンジニアと科学者向けにテクニカル・コンピューティング・ソフトウェアを開発する世界でも有数の企業です。
MATLAB とSimulink を中心とする幅広い製品を販売しており、自動車産業、航空宇宙産業、通信産業、金融サービス産業、バイオテクノロジー産業、エレクトロニクス産業、機械工学産業、プロセス産業等の課題を解決し、革新を加速するソフトウェアとサービスを提供しています。マスワークス社は1984 年に設立され、現在全世界に1,000 人以上の従業員を有しています。本社所在地は米国マサチューセッツ州ナティックです。その他の情報についてはウェブサイトをご参照ください。
www.mathworks.com

サイバネットシステム株式会社について

当社は、科学技術計算分野、特にCAE関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、教育・研究期間など様々な業種および適用分野におけるソフトウェア教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しています。
構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、電気回路解析、高周波回路解析など多様かつ世界的レベルのCAE ソフトウェアを取り扱い、様々な顧客ニーズに対応しています。サイバネットシステムに関する詳細はこちらのURL をご覧ください。
www.cybernet.co.jp

この件に関するお問い合わせ

サイバネットシステム株式会社

内容について

応用システム第2事業部 EDAソリューション部
〒112-0012 東京都文京区大塚2-9-3 住友不動産音羽ビル 2F
TEL.03-5978-5460 FAX.03-5978-6081
製品URL:http://www.cybernet.co.jp/eda/slps/
E-MAIL:slps@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室 担当/勝又、松代
〒112-0012 東京都文京区大塚2-15-6 ニッセイ音羽ビル
TEL.03-5978-5404 FAX.03-5978-5441
E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

以上