HOME

MATLABプロダクトファミリ新製品Video and Image Processing Blockset国内販売開始のお知らせ

2004年08月30日

〜 動画像処理用組込みシステムの開発に特化した新製品 〜

サイバネットシステム株式会社(東証第二部、本社:東京、資本金:9 億9500 万円、代表取締役社長:井上惠久、以下“サイバネットシステム”)は、同社取り扱いソフトウェアMATLAB (マットラブ)プロダクトファミリの新製品Video and Image Processing Blockset (ビデオ アンド イメージ プロセッシング ブロックセット)の国内における販売を平成16年(2004年)9月1日より開始することをお知らせいたします。

MATLAB プロダクトファミリは、米国The MathWorks,Inc.(本社:マサチューセッツ州ナティック、CEO:ジャック・リトル、以下“マスワークス社”)によって開発された数値計算、データ解析、シミュレーションのためのソフトウェアです。同製品は、1984年の販売開始以来、自動車、航空宇宙をはじめ、通信、半導体、金融、医療など広範な分野で全世界100万人以上のエンジニアや研究者に利用されています。

Video and Image Processing Blocksetは動画像処理用の組込みシステムの開発向けの新製品で、MATLAB上で動作するブロック線図ベースのシステム開発環境Simulink ®(シミュリンク)に、各種の動画像処理用ブロックを提供するオプションライブラリです。本製品により、航空宇宙・防衛産業や自動車産業、通信、家電製品、教育、医療機器といった多岐に渡る産業界で適用される動画像処理システムの開発において、モデル構築、アルゴリズムやシステム挙動検証のためのシミュレーション、プロセッサへの組込み用Cコード生成、設計の検証、といった一連の作業をSimulinkの環境上で行うことが可能となります。これにより、画像処理用の組込みシステム開発の生産性を劇的に向上し、製品を市場に投入するまでの時間を大幅に短縮することができます。

「マスワークス社は画像処理の適用分野において長い歴史を持っています。この新しいVideo and Image Processing Blocksetにより、仕様書の共有や伝達といった、システムの開発、最適化、デバッグの際に画像処理システムの設計者が直面していた業務フローの問題を取り除くことができるでしょう。」とディジタル動画像処理コンサルタントであるCharles Poynton(チャールス ポイントン)氏は述べています。

さらに、オプション製品であるSimulink Fixed-Point(フィックスド-ポイント)と組み合わせて利用することにより、作成されたモデルの構造を変更することなく、浮動/固定小数点ベースのシステムシミュレーションを実行可能です。これにより、高価なハードウェアへの実装の前に動画、表示、画像処理コンポーネントやシステムを Simulink環境上でモデル化し、シミュレーションによる検証を行うことが可能となります。また、Real-Time Workshop(リアル-タイム ワークショップ)と組み合わせて使用することにより、検証されたモデルから浮動/固定小数点ベースのCコードの自動生成を行うことが可能となります。このように、Video and Image Processing Blocksetを用いることによって、一連の動画像処理システム開発工程における設計作業を効率化し、コードのデバッグ作業を軽減し、アルゴリズム開発やシステムの動作検証といった本来の開発作業に集中できるようになります。

また、同時期に既存製品の「Embedded Target for TI C6000™ DSP (エンベディッド ターゲット フォウ ティーアイ シー6000 ディーエスピー)」もアップデートされ、テキサスインスツルメンツ社製のDM642 Multimedia EVM(ディーエム642 マルチメディア イーブイエム)画像システム開発プラットフォームへの対応機能が追加されます。本製品とVideo and Image Processing Blocksetを組み合わせて使用することにより、ハードウェアを用いた動画像処理システムのプロトタイプ試験を容易に実現することができます。

「私たちは網膜の補綴プロジェクトにおいて、TI社のDSP(DM64x)をターゲットとしたリアルタイム画像処理システムを開発しています。Video and Image Processing Blocksetによって、システム設計や、動作するプロトタイプを作成する作業をより単純に実現することができるようになりました。」と南カリフォルニア大学のドヘニー眼研究所(Doheny Eye Institute)のDr. James Weiland(ジェームス ウェイランド博士)は述べています。

Video and Image Processing Blocksetの提供するライブラリには2次元フィルタや、各種のデータ変換、幾何学変換、形態(morphological)演算、統計解析といった機能ブロックが含まれており、アルゴリズムとシステム仕様の開発を効率化する機能を提供します。

価格

Windows版パーソナルライセンス:\174,000〜となります。
(詳細につきましては別途お問い合せ下さい。)

初年度の販売見通し

MATLABにおけるVideo and Image Processing Blocksetを含む画像処理分野での初年度販売見通は、2億円の売上を見込んでおります。

動作環境

Video and Image Processing Blocksetを利用するには、MATLAB7、Signal Processing Toolbox、Image Processing Toolbox、およびSimulink6、Signal Processing Blocksetが必要です。
(詳細につきましては別途お問い合わせください。)

対応プラットフォーム

Windows2000/XP, MAC OS X, Solaris, HP-UX, Linux
(詳細につきましては別途お問い合わせください。)

マスワークス社について

マスワークス社(The MathWorks, Inc.)は、民間・政府・教育分野のエンジニアと科学者向けにテクニカル・コンピューティング・ソフトウェアを開発する世界でも有数の企業です。 MATLAB とSimulink を中心とする幅広い製品を販売しており、自動車産業、航空宇宙産業、通信産業、金融サービス産業、バイオテクノロジー産業、エレクトロニクス産業、機械工学産業、プロセス産業等の課題を解決し、革新を加速するソフトウェアとサービスを提供しています。マスワークス社は1984 年に設立され、現在全世界に1,000 人以上の従業員を有しています。本社所在地は米国マサチューセッツ州ナティックです。その他の情報についてはウェブサイトをご参照ください。
www.mathworks.com

サイバネットシステム株式会社について

当社は、科学技術計算分野、特にCAE 関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスの提供を行っております。電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、教育・研究期間など様々な業種および適用分野におけるソフトウェア教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しています。構造解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、高周波回路解析など多様かつ世界的レベルのCAE ソフトウェアを取り扱い、様々な顧客ニーズに対応しています。MATLAB プロダクトファミリの国内での販売、技術サービスを行っています。
サイバネットシステムに関する詳細はこちらのURL をご覧下さい。
www.cybernet.co.jp

この件に関するお問い合わせ

サイバネットシステム株式会社

内容について

応用システム第1事業部
〒112-0012 東京都文京区大塚2-15-6 ニッセイ音羽ビル
TEL.03-5978-5410 FAX.03-5978-5440
製品URL:http://www.cybernet.co.jp/matlab/
E-MAIL:infomatlab@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室 担当/勝又
〒112-0012 東京都文京区大塚2-15-6 ニッセイ音羽ビル
TEL.03-5978-5404 FAX.03-5978-5441
E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

以上