HOME

板成形シミュレーションの統合システムETA社 eta/DYNAFORM国内販売開始のお知らせ

2004年06月07日

サイバネットシステム株式会社(東証第二部、本社:東京、資本金:9 億9500 万円、代表取締役社長:井上 惠久、以下“サイバネットシステム”)は、米国 ETA社(本社:米国ミシガン州トロイ市、代表取締役社長:エイブ・ケイソグロウ、以下“イーティーエー社”)が開発・販売・サポートする板成形シミュ レーションの統合システム「eta/DYNAFORM(イーティーエー ダイナフォーム)」の国内販売を本日より開始することにしましたのでお知らせいたします。

自動車車体パネルなどに代表される複雑な形状をもつ板成形部品のプレス加工において、その工程設計や金型設計にシミュレーション技術が重要な役割を果たし てきており、そうしたニーズに応えたのが、このイーティーエー社の「eta/DYNAFORM」です。eta/DYNAFORMは、ワンステップ法と呼ば れる手法によりブランクシート展開形状の生成およびその材料コストの予測をすることができ、製品設計の初期段階、あるいはプレス工程の初期設計に大変有効 です。また、実際のプレス加工時の成形性を評価するために、ダイフェースや余肉部分のモデルが必要となりますが、eta/DYNAFORMの金型生成ツー ルの機能を用いると、これらのモデリングも比較的簡単な操作で行うことが可能です。
プレス加工シミュレーションにおいて、eta/DYNAFORMは、板成型解析専用のプリ/ポストとソルバーが一体となった統合システムです。

eta/DYNAFORM の特徴

プリ機能

  • CAD(註参照)で作成された金型データを直接読み込み、サーフェスのギャップ、オーバーラップの自動修正。
  • 形状を再現しながら要素数を最小限にする業界最強のメッシュを搭載。
  • 工具の設定段階において、拘束条件、接触条件などの自動生成機能の搭載。
  • 節点やラインによるドロービードの設定およびドロービード力の予測可能。
  • ブランク材料のデータベースの提供。
  • 工具の自動ポジショニング機能の搭載。解析実行前に、工具の動きを視覚的にチェック可能。
  • ブランク展開形状予測モジュール(BSE)の提供。
  • 金型設計モジュール(DFE)の提供。バインダー、余肉の自動生成機能。オートフィレットなど。

ソルバー

  • ワンステップ法と、衝突、衝撃解析の分野で世界的に実績のあるLS-DYNAを搭載。
  • アダプティブメッシュ。
  • スプリングバック(陰解法)。
  • 多段階成形加工解析。
  • 解析用の入力ファイルを編集する必要なし。

ポスト処理

  • 成形不良(しわ、ひび割れなど)の解析結果の評価機能。成形限界線図(FLD)による評価。
  • 板厚減少率やひずみのコンタ表示。
  • サークルグリッド。

インターフェイス

対応可能な構CAD データ

IGES、VDA、DXF、STL、CATIA4/5、STEP、UG

対応可能な構造データ

LS-DYNA、NASTRAN、ABAQUS

対応プラットフォーム

Intel IA-32 WindowsNT/2000/XP

価格

eta/DYNAFORM \3,000,000円
その他価格についての詳細は別途お問い合わせ下さい。

初年度販売目標

30本

米国イーティーエー社について

米国イーティーエー社(Engineering Technology Associates, Inc)は、1983 年に設立され、自動車業界のCAEアプリケーションの開発を中心としたソフトウェア開発とエンジニアリングサービスを行っている会社です。エンジニアが必要としているツールをいち早く提供し、プリポストの開発、板成形の統合システム、あるいはバーチャル車両走行評価システムなどを開発し続けております。
米国イーティーエー社に関する詳細は、下記Web サイトをご覧ください。
http://www.eta.com

サイバネットシステム株式会社について

当社は、科学技術計算分野、特にCAE(註参照)関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービス提供を行っており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野に対してソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。取扱い商品は、構造解析、伝熱解析、電磁場解析、熱流体解析、音響解析、機構解析、制御系解析、通信システム解析、信号処理、光学設計、照明解析、高周波回路解析、MEMS設計解析などの多様かつ世界的レベルのCAEソフトウェアであり、様々な顧客ニーズに対応しております。
サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記URLをご覧下さい。
www.cybernet.co.jp

註 CAE : Computer Aided Engineering。コンピュータによる工学的数値解析・シミュレーション
CAD : Computer Aided Design。コンピュータ支援による図面設計

この件に関するお問い合わせ

サイバネットシステム株式会社

内容について

メカニカルCAE事業部 マーケティンググループ
担当/近藤 晶子
〒112-0012 東京都文京区大塚2-15-6 ニッセイ音羽ビル
TEL:03-5978-5406 FAX:03-5978-5960
E-MAIL:anssales@cybernet.co.jp

報道の方は

広報室/勝又 一徳
〒112-0012 東京都文京区大塚2-15-6 ニッセイ音羽ビル
TEL:03-5978-5404 FAX:03-5978-5441
E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

以上