HOME

マスワークスがDeveloper's Kit for Texas Instruments DSPの出荷を開始

2001年05月01日

MATLAB、SimulinkとeXpressDSPの環境を統合しより効果的で高速なDSPシステムの設計が可能

サイバネットシステム株式会社(本社:東京、資本金:4億円、社長:井口 忠之)は、このほど同社が国内の販売・サポートを行っている米国The MathWorks、Inc.(マスワークス社、本社:マサチューセッツ州ナティック、社長:ジョン リトル)の製品Developer‘s Kit for Texas Instruments DSPの発売を開始したと発表した。2000年に発表されたマスワークスとテキサス インスツルメンツ社(以下TI)の協調の結果として、Developer’s Kit for Texas Instruments DSPは、MATLAB 6、Simulink 4とリアルタイムソフトウェアテクノロジーであるeXpress DSPを統合し、DSPアルゴリズムの開発とTIのDSPへの実装の間のソフトウェアのギャップをなくすものである。MATLABのアルゴリズム開発環 境、DSPアルゴリズムやシステムレベル設計ソリューションとTIのソフトウェア開発環境の融合は短期間に高効率な設計を提供し、DSP設計に即効性を発 揮する。

“Developer‘s Kit forTexas Instruments DSPは、TIのCode Composer Studioのようなサードパーティの開発ツールへのReal-Time Workshopのターゲット環境の柔軟性を調査する上で非常に有効である”と、Bose社のリサーチエンジニア Neal Lackritz氏は語る。“Developer’s KitとMATLABのオープンで拡張性のあるアーキテクチャの融合によって、Real-Time Workshopを自分のアプリケーションにカスタマイズすることができる。”

Developer‘s Kit forTexas Instruments DSPは、エンジニアがすべてのデザインサイクルで、リアルタイムでの評価や最適化のためのDSPのハードウェアや開発ツールにアクセスする機能を提供 し、 早い段階でエラーを削減することにより生産性の向上が可能になる。 連絡を密に取り合って業務を進める必要のあるアルゴリズム開発者、システム設計者、組み込みエンジニアや、マルチメディア、家電、航空宇宙などの分野にお いて、TIのTMS320 C6000、TMS320 C5000などの固定および浮動小数点DSPのシミュレーション、検証等のソリューションが提供される。

“eXpressDSPに対応したプラグインツールとしてのDeveloper‘s Kit forTI DSPは、アルゴリズム開発からTMS320DSPへのユニークでシームレスなパスによって我々の顧客が劇的に設計サイクルを短縮ということではいままで 例を見なかったものである。”と、TIのeXpressDSP プラグイン マネージャ Omar Fattahは語る。“この、もっとも広範囲に使用されているDSPソフトウェアツールの統合によってDSPエンジニアはパワフルなリアルタイム解析、 データビジュアライゼーション、ラピッドプロトタイピング機能を使って、最適化されたアプリケーションの作成、活用が可能になる。”

Developer's Kit forTexas Instruments DSPには、MATLABのアルゴリズム開発、システムレベル設計ツールとTIのeXpressDSPを統合する下記の機能がある。

  • Code Composer Studio IDE(統合開発環境)へのMATLABリンクにはCCSとMATLABの間でシームレスにデータの受け渡しを行う機能や、CCSにMATLABから直接 アクセスしてDSPアプリケーションのデバッグなどを行います。 MATLABの高度な解析・可視化機能を用いて、複雑なDSPアルゴリズムのデバッグや設計を効率的に行う。
  • Real-Time Data Exchange(RTDX)へのMATLABリンクはターゲットアプリケーションの実行を止めることなく、MATLABとTI DSPデバイス間のリアルタイムでのデータの受け渡しを可能にします。RTDXインタフェースはDSPをモニターし評価結果の表示が可能。これにより、リ アルタイムデータの高度な解析を行うことが出来、DSPアプリケーションのより高度なテストや検証を行うことができる。
  • CCS IDEのSimulinkターゲットはSimulinkで生成されたCコードからCode Composer Studioのプロジェクトを自動的に構築する。システムレベルで検証されたアルゴリズムがCCSの開発環境に移し替えられるため、DSPソースコードを 書く手間をかけず性能の追求や最適化にリソースをかけられる。
  • TMS320 C6701 EVMのSimulinkターゲットはラピッドプロトタイピングを自動的に行い、プラグイン評価ボードを使用してC6701プロセッサ上でアルゴリズムの リアルタイムでの評価を行うことができる。また、自動的に実行ファイルを作成しC6701 EVMにダウンロード、DSP上でアプリケーションを実行することが可能。これによりリアルタイムな環境で作成したデザインをテストし、迅速に最適化でき る。

Developer's Kit forTexas Instruments DSPはわれわれのDSP関連製品に追加される新製品であると言うだけではなく、eXpressDSP環境のためにマスワークスが開発した最初の製品であ る”と、マスワークスのDSP/通信 マーケティングディレクター Ken Karnofskyは語る。“TIとマスワークスは共通の目標を持っている。それはDSPソフトウェア設計/開発において革命を起こしつづけるツールを供 給していくと言うことである。”

動作環境

Developer's Kit forTexas Instruments DSPは現在Microsoft Windows95、98、NT上で動作し、TIのCode Composer Studio v1.2が必要である。

マスワークス社について

マスワークスは企業、教育機関の科学者、エンジニア向けの技術計算ソフトウエアを開発している。MATLAB、Simulinkを核とした広範囲にわたる製品群は数学、コンピュータ、制御、DSP/通信の分野で高い生産性を生み出すツールとして評価を得ている。MATLAB製品ファミリは下記の関連企業、教育機関において利用されている:自動車、航空宇宙、テレコミュニケーション、データ通信、政府機関、エレクトロニクス、バイオテクノロジー、製薬、金融等。

eXpressDSPについて

eXpressDSPソフトウェア テクノロジーはTIのDSPのための初のオープンなソフトウェア環境です。以下の4つから構成されます。 Code Composer Studioのパワフルで拡張性のある統合開発ツール、DSP/BIOSのリアルタイムソフトウェアカーネル、アプリケーションの相互運用性のための TMS320 DSPアルゴリズムスタンダード、アルゴリズム、プラグインツール、開発用ハードウエアを提供する世界最大のDSPサードパーティネットワーク。
eXpressDSPは、開発にかかる時間を50%以上短縮し、DSPアプリケーションを10倍に増やし、DSPのエンドユーザがアルゴリズムを“買うか作るか”という選択ができるようにし、プログラマーが貴重な時間を次のアプリケーションに使えるということを意識しています。

サイバネットシステム株式会社について

サイバネットシステム株式会社は、エンジニアリングソフトウェアのトータルソリューションを提供する企業として、科学技術計算向けのアプリケーションプログラムの販売、技術サポート、ユーザ教育をはじめ、受託解析、コンサルティングなどのサービスならびにソフトウェア開発を行っている。

以上