HOME

サイバネットグループコンプライアンス行動指針

企業として
社員として
遵守すること

はじめに

サイバネットグループのすべての役員および従業員は、その事業活動において、日本および諸外国の法・規則を遵守し、文化や慣習を尊重し、高い倫理観をもって、コンプライアンス重視の運営を推進します。
サイバネットグループは、社会的責任を深く自覚し、あらゆる企業活動の場面において関係法令の遵守を徹底し、社会倫理に適合した行動をとることを決意します。
そして、私たちは、職位あるいは職務内容にかかわりなく、皆が等しく、誠心誠意をもって、本指針および業務に関連する法令・ルールを主体的に遵守し、倫理的な組織文化を構築し、継続していくことをかたく誓います。

本指針の適用範囲

本指針は、サイバネットグループのすべての役員および従業員を遵守対象としており、本指針において、サイバネットグループとは、以下の会社を指します。

  1. サイバネットシステム株式会社
  2. サイバネットシステム株式会社が発行済株式の過半数を保有する会社
  3. その他サイバネットの取締役会が本指針の適用範囲に含めることを決議した会社

本指針の改定は、サイバネットシステム株式会社の取締役会の承認を必要とします。また、サイバネットグループ各社は、本指針を取締役会で承認し、すべての役員および従業員に周知徹底を図るものとします。

<行 動 指 針>

I. お客様に対して

私たちは、法令とその精神を遵守し、すべてのお客様とフェアで透明性のあるビジネスを行います。
「会社の利益優先」という考え方は、不正な方法によって利益をあげることを正当化するものではなく、フェアで透明性のあるビジネスを行うことが最終的には会社の利益につながることを認識します。

  1. 守秘義務
    お客様の秘密を守ることは、私たちが守るべき最も基本的なルールであると認識しています
  2. 説明義務
    商品・製品やサービスを提供する際のお客様への説明は、商品・製品に関する情報をお客様が誤解なく理解できるよう配慮します
  3. 誠実な態度
    お客様からのご相談には、お客様の立場にたった誠実な対応をとります
  4. お客様との癒着の排除
    特定のお客様と癒着していると疑われるような行為をしません
  5. 情実取引の排除
    個人的な利害関係によって公正な取引を歪める情実取引を行いません

II. お客様以外の取引先やその他の機関に対して

私たちは、フェアな取引を行うため、納入業者、監督機関、その他職務上接触する様々な組織や個人との関係を、公正かつ透明なものとします。

  1. 公正な取引先選定
    取引先(納入業者)の選定にあたっては、取引を希望する者に対し、公平なビジネスの機会を提供し、公正な選定を行います
  2. 過度な贈答・接待等の禁止
    常識の範囲を超えるような贈答や接待を受け、または与えることを差し控えます
  3. その他便宜供与への対応
    金品等に限らず、職務を通じての様々な便宜供与の申し出も、これを断るよう心掛けます
  4. リベート要求等の禁止
    取引先に対するリベートの要求等は行いません
  5. 公務員との健全な関係
    公務員との関係についても、より節度ある健全な関係を維持するよう配慮します

III. 投資家に対して

私たちは、株主等投資家から受け入れた貴重な資金を使ってビジネスを行っています。
それゆえ、投資家に対しては、事業を安全かつ効率的に行う責任、その事業内容を正しく説明する責任を負っています。
これらの責任を果たすため、適正な会計報告、内部監査の徹底、積極的なディスクロージャーを進めていきます。

  1. 企業価値の向上
    株主利益に寄与すべく、安定的かつ継続的な企業成長および企業価値の向上を図ります
  2. ディスクロージャー
    投資家に対して、投資判断にかかわる重要な経営情報を正確かつタイムリーに開示します
  3. 正確な記録
    ディスクロージャーには、正確な記録が必要であることを認識し、これを実施します
  4. 内部監査の重視
    投資家の利益を守るための内部監査機能の高度化を図ります

IV. 社会に対して

私たちは、お客様や取引先、投資家以外にも、多くの利害関係者に対する法的・社会的・倫理的な責任があることを認識します。
なかでも、社会的な合意に基づく法令やルールの遵守は、社会に対する最低限の責任であり、これを徹底します。

  1. 私的独占の禁止および公正取引の確保に関する法律の遵守
    競合企業との競争において、公正かつ自由な市場競争に努め、日本および諸外国において適用される独占の禁止、公正な競争および公正な取引に関するすべての法令および規則を遵守します
  2. インサイダー取引規制の遵守
    インサイダー取引規制の趣旨を十分に理解し、日本および諸外国において適用されるインサイダー取引に関するすべての法令および規則を厳格に遵守します
  3. 税法の遵守
    関係法令に照らしあわせ、納税の義務を、法に沿った形で果たします
  4. 知的財産権の尊重
    知的財産権を含め、他者の権利・財産を尊重するとともに、当社の権利・財産を保護します
  5. 輸出関連法規の遵守
    外国為替および外国貿易法(外為法)および諸外国において適用される輸出関連法規を遵守します
  6. 反社会的勢力との関係遮断
    反社会的勢力とは、断固として対決し、取引関係を含めた一切の関係を遮断します
  7. 社内で起こった問題に対する対処
    社員が犯した、またはその疑いのある法令違反等に対して、公正に対処します
  8. 社会・地球環境への配慮
    環境に配慮し、社会とともに発展することを目指します

V. より良い企業風土・職場環境を作るために

私たち一人ひとりの努力で、より良い企業風土、健全な職場環境を作り維持していきます。

  1. 差別の禁止
    いかなる場合であっても、差別を行いません
  2. セクシャル・ハラスメント、パワー・ハラスメントの禁止
    セクシャル・ハラスメント、パワー・ハラスメント等いかなるハラスメントも行いません
  3. プライバシーの保護
    会社が有する個人情報は、これを厳正に管理し、本来の目的以外には使用しません

VI. 組織の一員としての行動規範

私たちは、「会社の利益」という視点に立って行動する責任があります。
従って、自己または第三者の利益をはかるために会社に損害を与えるような行動をとったり、有形無形の会社財産を私的な目的で使用すること等は、決していたしません。

  1. 内部ルール等の遵守
    就業規則等に定められた遵守事項を守り、忠実に職務を遂行します
  2. 利益相反行為の禁止
    自己の利益を優先し会社の利益を損なうことがないように行動します
  3. 会社財産の適正な管理等
    会社財産を適正に管理し、私的用途に流用する等業務目的以外に使用しません
  4. インターネットおよびソーシャルメディアの使用に関する注意事項
    インターネットおよびソーシャルメディアの使用にあたっては、関連規程・ガイドラインを遵守します
  5. 公正な経理処理等
    関連規定、関係法令、その他一般に公正、妥当と認められる会計基準に従った経理処理を行います
  6. 機密情報等の管理
    職務上、知り得た顧客情報、営業秘密等一切の機密情報を厳重に管理し、外部への漏洩を防止します
  7. 政治活動、宗教活動等への参加
    政治運動、宗教活動等に参加する場合はあくまで個人として行います
  8. 対外広報
    会社の情報開示は、広報関連部門を通じて正式に行います